記事 ID: 000038349 コンテンツタイプ: 互換性 最終改訂日: 2021/07/19

最新の S2600WF ボードを使用して Red Hat 6.8/6.9 インテル® Server Boardする方法

環境

redhatenterpriselinux66

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

インストール・ディレクトリーを選択すると黒い画面が表示され、インストールは続行されません。

詳細

インテル® Server Board S2600WF ファミリーのマザーボードを使用して Red Hat Enterprise Linux* 6.8 または 6.9 をインストールする際に、インストール・ディレクトリーを選択する際にエラーが発生し、画面が黒くなじめ、インストールに使用するオプションを選択してもインストールは続行されません。

解決方法

Red Hat Enterprise 6.8 および 6.9 は、当社のウェブサイトに基づく基本的なインストールと互換性があるとして記載されています。
R1000WF/R2000WF ファミリーインテル® Server Board S2600WF ファミリーインテル® Server Systemテスト済みオペレーティング・システム

インストールを続行するには、次の手順を使用してください。

  1. [F2] を使用してマザーボードのシステム BIOS に移動し、メインメニューの [Boot Maintenance Manager] を開き、[Advanced Boot Options] を選択して、次のオプションが選択されているを確認します。

    ブートモード = UEFI。
    ビデオ BIOS = レガシー

  2. 保存して再起動し、BIOS の [F6] または [ブートオプション] の下にあるインストール・メディアを起動します。Red Hat はインストールを起動する前に 3 秒間のメッセージを表示します。これは任意のキーでキャンセルする必要があります。
  3. 新しいメニューでは、インストールの起動オプションの編集についていくつかの手順があります。ブートパラメーターを編集するには文字「e」を使用する必要があります。Red Hat 6.8 または 6.9 を選択して「e」を押します。
  4. カーネルを含む行を選択し、もう一度 「e」を押して編集します。Space キーを押し、次のパラメーターを追加します。

    nomodeset xdriver=vesa brokenmodules=ast

  5. Enter キーを押して前のメニューに戻り、文字「b」を起動し、黒い画面を表示せずに通常の Red Hat のインストールに進みます。

その他の手順:
必要な場合は、ドライバーの Linux フォルダーにある auto-update.nsh ファイルを実行して、AST2500 v1.03 ドライバーをインストールしてください。
ドライバーは こちら で確認できます: ASPEED* LINUX LINUX* ドライバー
ドライバーをインストールすると、システムは通常 OS で起動します。

 

追加情報

Red Hat 6.8 と最新の S2600WF ファミリーインテル® Server Board互換性の問題。
最新のカーネルでは、ビデオモードの設定がカーネルに移動しました。そのため、ビデオカード上でのハードウェア、特定のクロックレート、レジスターのすべてのプログラミングは、サーバーの起動時ではなく、ドライバーで実行されます。これにより、高解像度のブート画面が表示され、起動スプラッシュからログイン画面への無料の移行がちらつきます。残念ながら、一部のカードでは正常に動作しません。最終的に黒い画面が表示されます。nomodeset パラメーターを追加すると、ドライバーが読み込まれるまで、カーネルはビデオドライバーを読み込み、代わりに BIOS モードを使用するように指示します。

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。