記事 ID: 000038266 コンテンツタイプ: インストール & セットアップ 最終改訂日: 2021/07/13

リモート KVM に対インテル® Active Management Technology (インテル® AMT) ユーザー同意プロンプトを無効にする方法

環境

カーネルベースの仮想マシン (KVM)

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

リモート KVM セッションの開始時点でユーザーの同意要件インテル® Active Management Technologyするインテル® AMT手順

詳細

エンドユーザーには、リモートのカーネルベースの仮想マシン (KVM) セッションをリモートで実行するプロンプトがインテル® Active Management Technology (インテル® AMT) します。この問題を有効にするには、ACUWizard をインテル AMT。

解決方法

AMT を有効化するために ACUWizard (ホスト・ベースの構成とも呼ばれる) を使用すると、常にシステムはクライアント・コントロール・モード(CCM) になります。CCM のシステムでは、リモートセッションに対するユーザーの同意が必要です。システムが CCM になっている場合は、この設定を無効にできません。 

この問題を解決するには、システムを管理制御モード (ACM) にする必要があります。

システムを ACM に導入するオプション

  1. RCS サーバーをセットアップしている場合:
    1. ACUConfig および MoveToACMオプションを使用して ACM (管理者コントロール・モード) に変更します。詳細については、管理者(インテル® SCS)ユーザーガイドの「クライアント・コントロール インテル® Setup and Configuration Softwareから管理コントロールへの移行」セクションを参照してください。
  2. RCS サーバーをお持ちではない場合、または何らかの理由で MoveToACM コマンドを実行できない場合:
    1. Host Based Configuration を使用しない場合は、システムを構成解除して再構成する必要があります。
      1. 構成を解除するには:
        クライアント・システムで、ACUConfig unconfigure を実行します。
      2. Host Based Configuration を使用せずに再構成するには:
        • MEBx を使用して アプリケーションをインテル AMT。
          または
        • USB キー設定を使用します。 設定 用の USB キーを作成する 方法については、手動設定の定義(AMT構成ユーザーガイドの複数システムセクション) を参照してください。
メモ

一部のシステム (特に新しい HP システム) では、USB キー・プロビジョニングを許可するBIOS 設定があります。この設定のデフォルトは、セキュリティー上の理由から頻繁に無効に設定されます。再起動後に USB キーが認識されない場合、BIOS にアクセスしてこの設定を 有効 に変更します。この設定は BIOS 内の 1 つの標準の場所にはない、検索する必要がある場合があります。

追加情報
メモ

クライアント・コントロール・モード (CCM) ではユーザーの同意をオフにできません。

 

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。