記事 ID: 000038071 コンテンツタイプ: ネットワーク接続 最終改訂日: 2022/08/08

wifi 上のインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT) の設定に関する問題

環境

ノートブック PC - Lenovo X1 Yoga。 インテル® Core™ i7-8650U プロセッサー

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

Wifi のみでシステムをプロビジョニングするための文書化された手順が見つからない場合 (LAN レス)

詳細

WIFI 接続を使用して Lenovo ノートブック PC でインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT) 構成を適切に設定する方法について疑問に思っています。

解決方法

SCS ユーザーガイドを参照してください。

上記のリンクを使用して、インテル® Setup and Configuration Softwareのユーザーガイド、セクション 1.4.4 にアクセスして、より良いフォーマットを実現します。

LAN レス・プラットフォーム:

LAN レス・プラットフォームとは、オンボードの有線 LAN インターフェイスを持たないシステムです。LAN レス・プラットフォームをクライアント制御モードに構成する場合は、ホストベースのコンフィグレーション方法 (または統合コンフィグレーション・プロセス) を使用できます。しかし、管理制御モードに設定する場合は、オンボードの有線 LAN インターフェイスを持つシステムとは別に LAN レス・システムを処理する必要があります。これは、LAN レスシステムでは、管理者制御モードのインテル® AMTの最初のコンフィグレーションにリモート構成方法を使用することが失敗するからです。これはまた、管理制御モードですべてのシステムを構成する場合は、統合コンフィグレーション・プロセスを使用できないことを意味します。この表では、管理制御モードで LAN レス・システムを構成する方法を説明します。

表 1-2: LAN レスバージョンおよび管理コントロール・モードのバージョン 管理制御モードで構成する方法 インテル® AMT 9.x これらのシステムは完全にリモートで構成できません。RCS によるリモート構成を有効にするには、まず USB キーを使用してインテル® AMTを「手動」モードに構成する必要があります。その後、RCS を使用して、インテル® AMTをリモートで再構成できます。必要な手順については、上記の LAN レス・プラットフォームの構成を参照してください。インテル® AMT 10.x 以降 これらのシステムは、リモート構成を完全にサポートしています。

基本的な手順は次のとおりです。

  1. 組織の正しい PKI DNS サフィックスがインテル MEBXに定義されていることを確認します。これらのシステムのリモート構成では、この値をインテル® AMTシステムの製造元 / サプライヤーがインテル MEBXで事前に定義する必要があります。事前に定義されていない場合は、インテル MEBXに手動で追加できます。
  2. クライアント・コントロール・モードでシステムをローカルに設定します。
  3. MoveToACM コマンドを使用して、システムを管理コントロール・モードに移動します。これらは必須の手順のみですが、ステップ 1 の基本設定のみを構成することをお勧めします。その後、ステップ #2 の後、残りの必要な設定をすべてリモートで構成します。推奨される手順については、次のページの「LAN レスシステムのリモート構成」を参照してください。注: これらのシステムを構成解除する場合は、/Full パラメーターまたはフル・アンコンフィグレーション・ジョブ操作タイプを使用しないでください。完全なアンコンフィグレーションでは、PKI DNS サフィックスの値が削除されます。注: Discovery Utility を使用して、LAN レスシステムに関するデータを検出できます。これらは確認する必要がある値です: • WiredLANExists - LAN レスシステムの場合、この値は False • AMTVersion - インテル AMTのバージョン • AMTPKIDNSSuffix - PKI DNS サフィックスのインテル MEBXで定義された値です


LAN レス・システムのリモート構成

  1. コンソールで、特に LAN レスシステム向けに 2 つのプロファイルを作成します。 基本的なprofile — このプロファイルはクライアント制御モードのローカル設定に使用されます。基本プロファイルでは、以下の設定のみが必要です。
    • [オプションの設定] ウィンドウで [WiFi 接続] チェック ボックスをオンにして、WiFi セットアップを定義します。(この WiFi セットアップがなければ、設定後にインテル® AMTへのリモート接続はできません。)
    • [システム設定] ウィンドウで、デフォルトの設定をそのままにします。ただし、インテル® AMT管理ユーザーのパスワードを定義する場合は、必ず 「すべてのシステムに次のパスワードを使用する」という名前のオプションのみを選択してください。確実にパスワードを定義してください。
    • フル プロファイル — このプロファイルは、インテル® AMTで設定するすべての設定を使用してシステムを再構成するために使用されます。このプロファイルに WiFi セットアップも含まれていることを確認してください。
  2. 基本プロファイルを選択し、[XML にエクスポート] をクリックして、プロファイルを XML ファイルにエクスポートします。管理者コントロール モードで[ローカルに設定したデバイスをローカルに配置する]チェック ボックスが選択されていないことを確認します。
  3. エクスポートされた XML ファイルを使用してシステムを構成するには、コンフィグレーターの ConfigAMT コマンドを使用します。例: ACUConfig.exe ConfigAMT basicprofile.xml /DecryptionPassword P@ssw0rd コマンドが正常に完了した後、インテル® AMTはクライアント制御モードで構成されます。
  4. コンフィグレーターの MoveToACM コマンドを使用して、システムを管理制御モードに移動します (151 ページのクライアント制御から管理制御への移行を参照)。例: ACUConfig.exe MoveToACM 192.168.1.10 コマンドが正常に完了した後、インテル® AMTは管理制御モードで設定されます。
  5. コンフィグレーターの ConfigViaRCSOnly コマンドを使用して、 フル・プロファイルを使用してシステムを再構成します (136 ページの RCS を使用したシステムの構成を参照)。例: ACUConfig.exe ConfigViaRCSOnly 192.168.1.10 fullprofile コマンドが正常に終了した後、システムはフルプロファイルで定義したすべての設定で構成されます。さらに、データベース・モードで RCS をインストールした場合、システムがデータベースに追加され、コンソールを使用して管理できます。
追加情報

システムのプロビジョニングに失敗した場合は、AMT WebUI を起動し、[ワイヤレス設定] にアクセスします。 S0、Sx/AC でワイヤレス管理が有効になっていることを確認します。
example image
ワイヤレス NIC を無効にして有効にします (NIC のリセットは AMT と OS の間で IP アドレスを共有します)

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。