記事 ID: 000037401 コンテンツタイプ: インストール & セットアップ 最終改訂日: 2022/02/07

インテル® RealSense™でボリューメトリック・キャプチャー・プログラムを作成する方法

環境

インテル® RealSense™ D415 カメラ インテル® RealSense™ SDK (ソフトウェア開発者キット) 2.0 インテル® Core™ I7 プロセッサー

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

インテル® RealSense D415 カメラを使用してボリューメトリック・キャプチャー・プロジェクトを開始するための要件

詳細

インテル® RealSense™ブログのボリューメトリック・キャプチャーの例に関する質問。

  1. 8 台の RealSense カメラから始めて、品質が最適でない場合は数値を増やすことができますか?(プロジェクトでは、非常に高い深度品質が必要になります)
  2. 8 台の RealSense カメラを使用する場合、2 台のワークステーションのみ使用できますか?
  3. 8 RealSense、8 AaeonUp ボード、1 つのマスター PC を使用する場合、動作しますか?
  4. プロジェクトで使用されているマルチポイントクラウドの例は、ブログでどこで確認できますか?
  5. マルチポイントクラウドをリアルタイムでストリーミングできますか?
解決方法
  1. そうです。使用するカメラが多いほど、より多くのシーンを撮影できます。
  2. インテルのデモでは、カメラ 1 台につき インテル Core i7 プロセッサー搭載 PC を 1 台接続しました。
    1. これは、ボリューメトリック・キャプチャーを実行するために必要な高い処理能力のためです。
    2. PC の処理能力が十分にある場合は、複数のカメラを 1 台の PC に接続できます。
  3. インテルは、AaeonUp ボードには、このソリューションに必要な処理能力がない可能性があると考えています。
    1. インテルはカメラ 1 台につき 1 台、非常にパワフルな PC を使用していることにご注意ください。
    2. このテストは非常に慎重に行う必要があります。
  4. Asthe ブログ (インテルは、無償のオープンソース・インテル RealSense SDK 2.0 (別名: SDK 2.0) の一部である インテル RealSense ビューアーの修正バージョンを使用しています。 librealsenseを選択して映像を録画します。
    1. インテルは、変更されたバージョンの RealSense ビューアーをリリースしていません。
  5. コンポジット・ポイント・クラウドを作成するための高帯域幅と処理要件のため、リアルタイム・ストリーミングは不可能です。フレームを落とさなければ、処理を十分に迅速に実行することはできません。

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。