記事 ID: 000036857 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2022/12/14

インテル® グラフィックス HD 530 による Windows® 10 UI および Chrome のパフォーマンス低下

環境

第 6 世代以降のハイブリッド・グラフィックスを搭載したノートブック PC Windows* 10 64 ビット RS3 および RS4

Windows® 10, 64-bit*

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

4K 画面を搭載したノートブック PC 上の通常の Windows アニメーションにおける低速パフォーマンスの問題について説明します。

詳細

次の操作を行う Windows アニメーションでのパフォーマンスの低下:

  1. 4K でタスクビューを開くと、フル HD と比較してパフォーマンスが常に低下します。
  2. Windows エクスプローラーのリストビューでのスクロールのラグと GPU の最大化。
  3. 一部のアプリケーションでのスクロールは、ハイエンドシステムでは受け入れられません。
  4. 大きなウィンドウのウィンドウアニメーションは、小さいウィンドウのウィンドウアニメーションよりもスムーズではありません。
  5. 特に Chrome では、ランダム遅延、クォーク、レンダリング・エラーが発生します。
解決方法

これらの 4K パフォーマンスの問題は OS に関連しており、テクノロジーの進歩に伴って改善する必要があります。インテルは、将来の最適化のために Microsoft と協力するよう取り組みます。詳細については、追加情報を参照してください。

追加情報

インテルは、Dell* ハードウェアで実施したテストを一致させることで、この問題に取り組んでいます。最初は報告された問題のほとんどを観察できましたが、OSのビルドが徐々にアップグレード(RS3、RS4以降の内部リングビルド)ので、パフォーマンスは大幅に向上し続け、問題は見られなくなりました。Microsoft には将来の最適化のために協力するよう迫っていますが、今のところほとんどの作業は OS から行う必要があります。

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。