記事 ID: 000035836 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2022/02/03

BIOS が Legacy モードに設定されている場合にインテル® Optane™メモリーを有効にする方法

環境

Windows 11, 64-bit*, Windows® 10, 64-bit*

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

起動ドライブのパーティション・テーブル・フォーマットを MBR から GPT に変更する手順

詳細
  • SATA モード選択RST に変更できません。その後、システムは起動しません。
  • BIOS モードを インテル® Optane™ システム・アクセラレーション (RAID) で Premium にインテル® RSTした後、オペレーティング・システム (OS) が起動しません。
解決方法
メモこのプロセスは、データの問題を引き起こす可能性があります。この手順に従う前にデータをバックアップしてください。

BIOS が Legacy モードに設定されている場合、OS ドライブのパーティション・スタイルは MBR 形式に設定され、インテル® Optane™メモリーと互換性がありません。パーティション・スタイルを変換せずに BIOS の SATA コントローラー・モードを インテル® Optane™ システム・アクセラレーション (RAID) でプレミアムインテル® RSTに変更すると、システムの起動に問題が生じます。パーティション・スタイルを MBR から GPT に変換するには、次の手順に従ってください。

  1. システム上のすべてのファイルをバックアップする
  2. 変換 パーティション・テーブルの MBR 宛先 GPT Windows* ツールを使用するMBR2GPT.exe.最新の Windows® アップデートがインストールされていることを確認します。
    1. 開く 管理者権限での Command プロンプト
    2. 次のコマンドを発行します: mbr2gpt.exe /convert /allowfullOS
  3. プロセスが完了したら、システムを再起動 して BIOS に入ります。
  4. BIOS 内で、 SATA モード選択 宛先インテル® Optane™・システム・アクセラレーション (RAID) でプレミアムインテル RST。 メモ: BIOS のオプションはベンダーによって異なる場合があります。以下はシステム BIOS に適用される可能性のある推奨手順です。特定の BIOS ナビゲーション・オプションについては、システムの製造元 にお問い合わせください。
    1. BIOS で F7 キーを押して詳細モードに移動します。
    2. Boot\CMS (Compatibility Support Module) アクセスして、このオプションを無効にします
    3. Advanced\PCH Storage Configurationアクセスして SATA モード設定を インテル® Optane™ システム・アクセラレーション (RAID) で Premium インテル RST設定します。
    4. F10 キーを押して変更を保存し、システムを再起動します

BIOS 変更後、システムは OS で起動できるようになります。OS からインテル® Optane™メモリーの有効化プロセスに進みます。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。