記事 ID: 000033747 コンテンツタイプ: インストール & セットアップ 最終改訂日: 2022/05/31

光学ドライブが利用できない場合にブート可能な USB を作成して UEFI ブートモードでオペレーティング・システムをインストールする方法

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

オペレーティング・システム (OS) をインストールするための起動可能な USB ドライブを作成する手順

詳細

Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) ブートモードを使用している場合、インテル® サーバー・ボードが USB 光学ドライブを認識できないため、オペレーティング・システム (OS) をインストールできません。

解決方法

Windows* オペレーティング・システム の install.wim ファイル は 4 GB を超えているので、FAT32 ファイルシステムにフォーマットされた USB フラッシュドライブにコピーすることはできません。 この問題では、代わりに NTFS ファイルシステムを使用する必要があります。

ただし、UEFI シェルは NTFS パーティション・デバイスを読み取ることができません。そのため、Rufus などのサードパーティー製アプリケーションを使用することがソリューションです。

Rufus などのサードパーティー製ソフトウェア (例として使用される Windows* OS) を使用して、UEFI 用にブート可能な USB インストール・メディアを作成するには、以下の手順に従います。

  1. Rufus をダウンロード
  2. [新規テクノロジー・ファイルシステムとしてファイルシステム (NTFS 形式)] を選択します。
  3. UEFI (GPT) としてパーティション・スキーム。
  4. Windows* オペレーティング・システム・イメージの場所 (.iso) を選択します。
  5. [スタート] ボタンをクリックします。

example image

追加情報

GUID パーティション・テーブル (GPT) は、EFI (Extensible Firmware Interface) イニシアチブの一部として導入されました。GPT は、PC で一般的であった以前のマスター・ブート・レコード (MBR) のパーティショニング・スキームよりも、ディスクのパーティション化に関して、より柔軟なメカニズムを提供します。

関連製品

本記事の適用対象: 160 製品

インテル® コンピュート・モジュール HNS2600BPB
インテル® コンピュート・モジュール HNS2600BPB24
インテル® コンピューティング・モジュール HNS2600BPB24R
インテル® コンピュート・モジュール HNS2600BPBLC
インテル® コンピュート・モジュール HNS2600BPBLC24
インテル® コンピューティング・モジュール HNS2600BPBLC24R
インテル® コンピューティング・モジュール HNS2600BPBLCR
インテル® コンピュート・モジュール HNS2600BPQ
インテル® コンピュート・モジュール HNS2600BPQ24
インテル® コンピューティング・モジュール HNS2600BPQ24R
インテル® コンピューティング・モジュール HNS2600BPQR
インテル® コンピュート・モジュール HNS2600BPS
インテル® コンピュート・モジュール HNS2600BPS24
インテル® コンピューティング・モジュール HNS2600BPS24R
インテル® コンピューティング・モジュール HNS2600BPSR
インテル® サーバーボード S2600STK
インテル® サーバーボード S2600STS

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。