記事 ID: 000033651 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2023/03/23

劣化したRAIDを再構築する方法

環境

インテル® RAID Controller RS25DB080

OS Independent

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

インテル® RAID ウェブ・コンソール 2 を使用して RAID アレイを再構築する手順

詳細

アレイ内の物理ドライブが 障害 として表示されています。

解決方法

インテル® RAID ウェブ・コンソール 2 (RWC2) 内から、次の手順に従います。

  1. 障害のあるハードドライブを右クリックし、[ディスクの検索] をクリックします
  2. ディスクが識別されたら、もう一度右クリックして、[削除の準備]オプションでマークします。
  3. ホットスワップ可能なバックプレーンを使用している場合は、以前に識別されたディスク を取り外します 。システムの電源を切る必要はありません。
  4. サーバーシステムにホットスワップ可能なバックプレーンがない場合は、次の手順に従います。
    1. システムの実行中にディスクを識別します
    2. システムの電源を切ります。
    3. ドライブを交換してください。
    4. システムの電源を入れ直します

自動的に新しいドライブが選択され、劣化したアレイに使用されます。発生しない場合は、ディスクを Unconfigured Good としてマークします。すでに Unconfigured Good (未構成の良好) に設定されている場合は、右クリックして [ドライブをオンラインにする] を選択します。その後、オンラインになります。

メモ

障害が発生したドライブは、同じ容量以上の同じドライブと交換する必要があります。

ドライブを交換しても問題が解決しない場合は、ハードドライブを接続しているケーブルを交換してみてください。

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。