Windows® セキュリティー・アドバイザリー SA-00218 のインテル® Graphics Driver (2019年5月14日に開示)

ドキュメント

製品情報 & ドキュメント

000033421

2022/08/25

2019年5月14日、インテルは、サービス妨害 (DDOS) 攻撃が発生する可能性のある複数のセキュリティー脆弱性を Windows® インテル® Graphics Driverで公開しました。

インテルは、その後、これらの潜在的な脆弱性を軽減するために Windows® インテル® Graphics Driverの更新プログラムをリリースしました。対策はすでにシステムの製造元に提供されていますが、そのほとんどはすでにエンドユーザーに直接、または自動の Windows® Update プロセスを通じて更新プログラムを配布しています。

インテルは、テクノロジー業界のほぼ全体でコーディネーテッド・開示と呼ばれる開示慣行に従っています。この場合、サイバーセキュリティの脆弱性は、緩和措置が講じられた後にのみ一般に公開されます。

影響を受ける製品:

  • Windows* 7 または® Windows 8.1 (10.18.18 より前のバージョンのインテル® Graphics Driver) を実行している第® 4 世代インテル® Core™ / Pentium® / Xeon® (E3 v3 のみ) プロセッサー (Haswell) システムをお使いのお客様 14.5067 (AKA 15.36.x.5067) および 10.18.10.5069 (AKA 15.33.x.5069)
  • 10.18.14 より前のバージョンの Windows* のインテル® Graphics Driverを備えた第 3 世代インテル® Core™ / Pentium® / Celeron® / Xeon® (E3 v2 のみ) プロセッサー (Ivy ブリッジ) システムをお持ちのお客様 5067 (別名 15.36.x.5067) および 10.18.10.5069 (別名 15.33.x.5069)
  • 10.18.14.5067 (AKA 15.36.x.5067) および 10.18.10.5069 (AKA 15.33.x.5069) より前のバージョンの Windows* 向けインテル® Graphics Driverを搭載したインテル® Pentium®/Celeron®/Atom® プロセッサー (Baytrail) システムをお使いのお客様

 

インテルは、上記の通り、Windows®* のインテル® Graphics Driverを最新のバージョンに更新することを推奨します。お使いのシステムで最新バージョンが実行されているかどうかを確認するには、 以下の手順に従ってください

お使いのシステムが最新バージョンを実行していないと判断した場合は、システムの製造元に直接お問い合わせのうえ、最新バージョンのドライバーが利用可能かどうか確認してください。エンドユーザーは、カスタマイズされていないドライバーの読み込みによって引き起こされる可能性のある影響を排除するために、システムの製造元 / プロバイダーが提供するドライバー・アップデートを Windows® Update ツールを使用してインストールすることを推奨します。システムメーカーは、特定のシステム設計のニーズを満たすために、インテルの汎用ドライバーを定期的にカスタマイズしています。このような場合、インテルの汎用ドライバー・アップデートの使用は推奨されていません。また、インテル ドライバー & サポート・アシスタント・ツールまたはインテルのダウンロード・センターから汎用グラフィックス・ドライバーをダウンロードすることはできません。

カスタマイズされたドライバーを実行していないエンドユーザーは、インテル ドライバー & サポート・アシスタント ツールまたはダウンロード・センター を使用して Windows 用の汎用インテル Graphics Driver に更新できます。

メモドライバー・ファイルの更新は近日公開予定です。更新については、後ほどもう一覧をご確認ください。

この脆弱性の技術的詳細については、インテル・ セキュリティー・センター INTEL-SA-00218 を参照してください。

さらにサポートが必要な場合は、ページ下部のリンクを使用してインテル・カスタマー・サポートにお問い合わせください。

一般的な質問と回答:

または質問をクリックして 詳細をご覧ください。

Linux のインテル® Graphics Driverは、これらの脆弱性の影響を受けていますか?これらの脆弱性は、 じゃない Linux のインテル® Graphics Driverに影響を与えます。
現場のシステムでこれらの脆弱性が悪用されましたか? インテルはこれらの脆弱性の悪用を認識していません。