記事 ID: 000032539 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2022/03/28

コンピューター CPU の位置から甲高いノイズや鳴き声のノイズが発生する理由

環境

インテル® Core™ プロセッサー

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

問題の原因と対処方法の説明

詳細

マウスを動かしたり、負荷の高い中央処理ユニット (CPU) のワークロード中に、プロセッサーの周辺で高音のノイズが発生したり、鳴き声が聞こえたりします。

解決方法

CPU 上のハードウェアと通信に対応していないため、CPU 自体はノイズを生成できません。これは、マザーボードまたはグラフィックス・カード、または電源のインダクターから来る「コイル鳴き」と呼ばれます。

その理由は、インダクターの仕組みからです。

Inductor 1Inductor 2

この画像は、マザーボード上のインダクターの例を示しています。

Inductors on motherboard

インダクターは、磁気エネルギーの形で電気エネルギーを保存できるパッシブ電子部品です。基本的には、コイルに引き込まれる導体を使用し、左から右にコイルに電気が流れると、時計回りに磁場を生成します。磁場中のワイヤーのコイルが交互に電流を受けると線が振動します。ワイヤーの電流を大きくすると、より強く振動します。

振動周波数が人の耳が聞こえる範囲に上がると、音が報告されます。

解決方法については、明確な方法はありませんが、これを改善する方法がいくつかあります。

  • モジュール式ケーブルを使用している場合は、電源装置ユニットのモジュラー電源ケーブルを交換します。
    • これは、ケーブルの一部にコンデンサーが付いている電源が付属している場合と、電源が入っていない場合があるためです。 コンデンサーは電流安定性の良い要素であり、コイル鳴きの問題を解決できる場合があります。
  • 電源ユニットを交換します。
  • マザーボードを交換します。

関連製品

本記事の適用対象: 38 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。