ボックス版インテル®プロセッサーに関するファンの問題のトラブルシューティング

ドキュメント

トラブルシューティング

000029307

2020/10/16

Pc は一般に、業界を受け入れているマザーボード、インテル®ボックス版プロセッサー、シャーシ、周辺機器で構成されています。ボックス版プロセッサーは、ファン・ヒートシンクと3年間の保証付きのリテール・ボックスにパッケージされています。一部の インテル®ボックス版デスクトップ・プロセッサーは、ファン・ヒートシンクなしで出荷 されます。PC で作業するすべての人が、デスクトップ PC の操作、統合、温度管理に関する全般的な知識と経験を持っている必要があります。以下の推奨事項は、より信頼性の高い Pc を実現し、温度管理の問題を低減します。

温度管理

インテル®ボックス版プロセッサーを使用しているシステムには、熱管理が必要です。熱管理とは、主に次の2つの要素を意味します。

  • プロセッサーに適切に取り付けられているヒートシンク
  • システムシャーシの有効なファンエアフロー

熱管理の目的は、プロセッサーを最大動作温度以下に維持することです。
適切な温度管理により、プロセッサーからシステムの空気に熱が効率的に転送されます。ボックス版のデスクトップ・プロセッサーは、高性能のファン・ヒートシンクとともに出荷され、プロセッサーの熱を効果的にシステムの空気に転送します。システム・ビルダーは、適切なシャーシとシステム・コンポーネントを選択して、適切なシステム通気を確保します。
プロセッサーのファンは、通気を促進し、通常はヒートシンクで使用されます。ファンがシステムの動作を停止することがあります。以下に記載されている現象とトラブルシューティングのヒントをご確認ください。

ファンの不具合の症状

  1. 電源ボタンを押してシステムを再起動しない限り、システムが再起動して起動しない。
  2. システムが再起動またはクラッシュする場合があります。
  3. システムが完全に起動しなくなります。
  4. システム (シャーシ) の温度が熱くなります。
  5. ファンの回転時に騒音になっているファン (ファンの回転時にはきしるような音)、ファンの羽根が問題に対処しているなどの異音。

ファンの問題のトラブルシューティング

以下のヒントは、ファンのエラーが発生した場合に役立ちます。

  1. ファンからマザーボードに接続されている電源コードを確認します。プロセッサーのファンが正しく取り付けられていない可能性があります。
  2. ファン・ヒートシンク・ケーブルをマザーボードの別のヘッダーに差し込んでみます。
  3. ほこりを掃除しましょう。システムが長時間使用されている場合、場合によっては、ファンがほこりを蓄積する可能性があります。
  4. ファンの動作が停止しているかどうかを確認します。ファンには、長期間使用した場合に終了する lifespans があります。低品質のファンも動作しなくなる可能性があります。
  5. ファンがシステム全体の通気と同じ方向に空気を描画しているかどうかを確認します。
  6. システムにプロセッサーが正しく取り付け られていることを確認します。ファンは起動しますが、すぐにシャットダウンするため、システムがシャットダウンしてプロセッサーが熱損傷から保護されます。
  7. シャーシの他の空気よりも大幅に高温できたシャーシのホットスポットを確認してください。このような領域は、排気ファン、アダプター・カード、ケーブル、シャーシ・ブラケット、サブアセンブリの不適切な位置によって作成されます。システム内の通気を妨げている可能性があります。ホットスポットを回避するには:
  • 必要に応じて、排気ファンを取り付けます。
  • 長さフル・アダプター・カードを再配置するか、ハーフレングスのカードを使用してください。
  • ケーブルの配線と結び付け
  • プロセッサーの前後にスペースが提供されていることを確認します。
関連トピック
ボックス版インテル®プロセッサーのオーバーヒートの問題の現象とトラブルシューティング