記事 ID: 000027820 コンテンツタイプ: 製品の比較 最終改訂日: 2023/08/16

インテル® Xeon®スケーラブル・プロセッサーにおける CPU 間のキャッシュメモリーの違い

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

この記事には、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーの L3 キャッシュに関する情報と、その値が L1 キャッシュより大きい理由が記載されています。

詳細

インテル® Xeon®スケーラブル・プロセッサーにはキャッシュメモリーの違いがあります。

解決方法

インテル® Xeon® プロセッサー・ファミリー間で異なるキャッシュ階層が予想されます。キャッシュ階層は、新しい インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリーのアーキテクチャーで変更されました。

キャッシュ階層の変更は何ですか?

以前のアーキテクチャー (インテル® Xeon® E5 v4 プロセッサー・ファミリーなど):

  • ミッドレベル・キャッシュ (MLC または L2 とも呼ばれる) は 256 KB / コアであった。
  • 最後のレベルのキャッシュ (L3 とも呼ばれます) は、コアあたり 2.5 MB の共有インクルーシブ キャッシュでした。

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリーのアーキテクチャーでは、キャッシュ階層が変更され、コア当たり 1 MB の大きな MLC と、コア当たりのより小さな共有非包括 1.375MB LLC が提供されました。MLC が大きいほど MLC へのヒット率が高くなり、実効メモリー・レイテンシーが低減され、メッシュ相互接続と LLC の需要も低下します。LLCの非包括的キャッシュへの移行により、包括的キャッシュと比較して、チップ上の全体的なキャッシュをより効果的に利用することができます。

インテル® C620A シリーズ・チップセット搭載第 3 世代インテル® Xeon®スケーラブル・プロセッサー・ファミリー (1S および 2S)インテル® C620A シリーズ・チップセット搭載第 3 世代インテル® Xeon®スケーラブル・プロセッサー・ファミリー (4S および 8S)

インテル® C741 シリーズ・チップセット搭載第 4 世代インテル® インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー・ファミリー (1S、2S、4S、および 8S)

キャッシュ 第 1 レベル・キャッシュ: 32 KB 命令キャッシュ 48 KB データキャッシュ
ミッドレベル・キャッシュ: コア当たり 1.25MB プライベート
ラストレベル・キャッシュ: コア当たり 1.5MB
第 1 レベル・キャッシュ: 32 KB 命令キャッシュ 32 KB データキャッシュ
ミッドレベル・キャッシュ: コア当たり 1 MB のプライベート
ラストレベル・キャッシュ: 1.375 MB / コア
第 1 レベル・キャッシュ: 32 KB 命令キャッシュ 48 KB データキャッシュ
ミッドレベル・キャッシュ: コア当たり 2MB のプライベート
ラストレベル・キャッシュ: 1.875MB / コア

詳細については、インテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーのテクニカル概要の「キャッシュ階層の変更」セクションを参照してください。

第 4 世代 インテル Xeon プロセッサー・スケーラブル・ファミリーのテクニカル概要

第 3 世代 インテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーの技術概要

第 2 世代 インテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーの技術概要

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。