記事 ID: 000026641 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2023/10/11

Intel® NUC6CAY & NUC7ixBN for Linux* のリング LED のプログラミング

環境

Linux*

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

Linux* を使用する場合のインテル® NUC6CAY & NUC7ixBN の LED リングのプログラミングに関するリソースを提供します。

詳細

Linux* を使用する場合、インテル® NUC のリング LED をプログラムする方法を知る必要があります。

解決方法

Linux 使用時のリング LED のプログラムに役立つリソース:

WMI を使用したリング LED とボタン LED のプログラミングでは、 次の 2 つのソフトウェア レイヤーについて詳しく説明しています。

  • ACPI の LED プログラミング (メソッド) インターフェイスを公開する下位レイヤー。
  • ACPI メソッドを呼び出すための WMI インターフェイスを公開する上位層。

2 番目の層 (WMI) は Windows* に固有ですが、最初の層 (ACPI) は OS に依存しません。Linux での ACPI メソッドの呼び出しをサポートする実装があります。ここから始めましょう: /proc/acpi/call を介して ACPI メソッドの呼び出しを可能にする Linux kernel module

NUC ブログには、 NUC LED コントロール用の Linux カーネルドライバーに関する情報もあります。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。