Windows®10を GUID パーティションテーブル (GPT) パーティションにインストールする方法

ドキュメント

インストール & セットアップ

000025535

2020/02/11

Windows®10インストールを実行することをお勧めします。これには、GUID ・パーティション・テーブル (GPT) を使用して UEFI を有効にします

マスターブートレコード (MBR) スタイル・パーティション・テーブルを使用している場合、一部の機能を利用できないことがあります。MBR を使用している場合、インテル® Optane™メモリーを搭載したシステム・アクセラレーションは利用できません。


システムを構成して、GUID パーティションテーブル (GPT) パーティションに OS をインストールします。

メモ
  • データのバックアップをお勧めします。十分な空き容量を持つ2台目のディスクドライブがある場合は、システムイメージを作成して、この手順を開始する前の完全なインストールを復元することができます。
  • 以下に例を示します。詳細については、マザーボードまたはシステムの製造元にお問い合わせください。
  1. USB Windows 10 の UEFI インストール・キーの接続
  2. システムを BIOS で起動します (例: F2またはDeleteキーを使用)。
  3. [Boot Options] メニューを見つけます。
  4. CSM有効にするように設定します。CSM が無効に設定されている場合は、以下の手順8に進んでください。
  5. ブートデバイス制御UEFI のみに設定
  6. まずストレージデバイスから UEFI ドライバーに起動するように設定します。
    Set Boot from Storage Devices
  7. 変更を保存してシステムを再起動します。
  8. BIOS を再入力します (例: F2またはDeleteキーを使用)。
  9. USB UEFI OS ブートオプションがリストの最上部にあることをブート優先度リストで確認します。
    Boot Priority
  10. システムを再起動し、通常どおり Windows をインストールします。

 

Windows が GPT パーティションにインストールされていることを確認します。

  1. Windows * を起動
  2. ディスク・マネージャーを起動します (windows * 10 の場合は、 windows * キーとXキーを同時に押し、次にディスク・マネージャーをクリックします)。
  3. EFI システム・パーティションを含む3つのパーティションが表示されます。
    Three partitions, including the EFI System Partition
  4. 左側に表示されているディスク(ディスク x、ベーシック、容量、オンライン)を右クリックします。
  5. プロパティーを選択
  6. [ Volumes ] タブをクリックします。
  7. ここでパーティションのスタイルを確認できます。
    Partition style