記事 ID: 000024514 コンテンツタイプ: トラブルシューティング 最終改訂日: 2021/08/06

インテル® RAID Web Console 2 ユーティリティーは劣化した RAID 1 を表示しますが、障害が発生したドライブは表示されません。

環境

インテル® Embedded Server RAID Technology II [インテル® ESRT2]

windowsserver2012r2

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT
概要

この手順では、ESRT2 RAID 1 で故障したドライブを交換する方法を説明します。

詳細

1 台インテル® RAID Web Console 2 ユーティリティー (RWC2) が 1 台のドライブに不具合があったと報告しています。ただし、リストには記載されません。しかし、もう一方のドライブはツールによって報告されます。

不具合のあるドライブ LED が緑と黄色で点滅している RAID 1 ボリュームの劣化。

データはバックアップされ、安全であるとして確認されます。

ドライブはホットスワップ可能なバックプレーンに入れ込まれています。

オペレーティング・システムが起動しますが、非常に遅くなります。

解決方法

ハードドライブの発光ダイオード (LED) が緑色と黄色で点滅している場合、RWC2 がリストに記載されていない場合でも、そのドライブを取り外し、別のドライブと交換します。 このような場合、すぐに再構築を開始し、最終的に完全な動作を実行すると、独立ディスク (RAID) アレイの冗長アレイが再び最適になります。

RAID のシナリオ / トラブルシューティングの詳細については、RAID ソフトウェア・ユーザーガイド を 参照してください

追加情報

ドライブにエラーが発生しました。

関連製品

本記事の適用対象: 1 製品

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。