エンタープライズ・サーバーのインストール Intel Unite®

ドキュメント

インストール & セットアップ

000024237

2020/01/28

詳細 については、またはトピックをクリックしてください。

エンタープライズ・サーバーの概要

エンタープライズ・サーバーのインストーラーには、データベース、PIN サーバー、管理者 web ポータル、およびクライアント・ダウンロード・ページが含まれています。

エンタープライズ・サーバーには、次の4つのコンポーネントがあります。

  1. Microsoft * sql データベース (その他の sql データベースはサポートされていません):Intel Unite®・ソリューション・インフラストラクチャーのすべてのステータス情報を保持します。
  2. ウェブサービス:データベースとハブおよびクライアントとの通信を行う標準化されたメッセージング・サービス。
  3. 管理ポータルのウェブサイト:ハブとクライアントを管理し、統計情報を生成し、モニタリングとアラートを提供します。
  4. クライアントのダウンロード・ランディング・ウェブページ:クライアントの Intel Unite®ソフトウェアを含みます。

ハブとクライアントは、次の2つの方法のいずれかを使用して、ネットワーク・インフラストラクチャー上のエンタープライズ・サーバーを特定する必要があります。

  • ServerConfig. xml ファイル
または
  • DNS サービスレコード


DNS サービスレコードをこのレコードとして使用して、クライアントとハブのゼロタッチ構成を有効にします。

エンタープライズ・サーバーのプリインストール
  • サーバーが、指定されているソフトウェアとハードウェアの最小要件を満たしていることを確認します。
  • インターネットインフォメーションサービス (IIS) バージョン7.0 以上がサーバーにインストールされていることを確認します。サーバーインストーラーで IIS を有効にする必要があります。そうしないと、失敗します。IIS を有効にしてセットアップする方法については、 Intel Unite®アプリのエンタープライズ導入ガイド の付録 a (iis セクションの有効化) を参照してください。
  • ASP.NET 4.5 がインストールされ、有効になっていることを確認してください。
  • IIS で SSL が有効になっていることを確認します (HTTPS サイトが機能するはずです)。
    メモSSL を有効にするには、IT 部門と連携して有効な信頼のルートを持つ SHA-1 証明書をインストールしなければならない場合があります。
  • Windows 認証または SQL 認証を使用して、Microsoft * SQL への管理者アクセス権を持っていることを確認してください。
  • DNS サービスレコードを追加して、エンタープライズ・サーバーの自動検索を有効にします。
エンタープライズ・サーバーのインストール
  1. Intel Unite サーバーの mui... mui.. msi ファイルを見つけてダブルクリックすると、対象サーバーにインストールできます。
  2. インストール・ウィザードでは、これらのコンポーネントをインストールするオプションとして、データベース、Web サービス、クライアント・ダウンロード・ページ、管理者ポータルをご用意しています。
    • データベース・オプションを確認してください。このオプションは、インストールを計画しているサーバーではデフォルトで無効になっています。
  3. Intel Unite サーバー. mui. msi を起動した後、[使用許諾契約書] ボックスに同意することを確認して、使用許諾契約書に同意します。
    User-added image
  4. [次へ] をクリックして、[データベース・サーバー] ウィンドウに進みます。
  5. [データベース・サーバー] ウィンドウで、データベース・サーバー接続の詳細を選択します。使用可能なオプションは次のとおりです。
    • [SQL Hostname (ローカル)] ボックスには、SQL Server のデフォルト値を指定します。ホスト名を変更するか、デフォルト値をそのまま使用します (SQL が同じサーバーにインストールされている場合は、そのままにします)。
    • サーバーのデフォルト値は [信頼されている (Windows * 認証)] (すでにログインしている場合) です。または、データベースにアクセスできる有効な資格情報を持ち、SQL 認証を優先する場合は、[ユーザー名とパスワードを指定してください (SQL 認証)] を選択します。後者を選択した場合は、[テスト接続] をクリックしてデータベース接続をテストしてください。
    • [データベース接続/セットアップの詳細] セクションでは、UniteServiceUser のパスワードを作成する必要があります。これは、UniteServer という名前の新しいデータベースにアクセスするために使用されます。次のボックスでパスワードを入力してください。
    • パスワードは8文字以上で、大文字を1文字以上使用する必要があります。大文字、小文字、数字、1つの記号を使用できます。
      User-added image
  6. [次へ] をクリックして、機能を選択するためのカスタム・セットアップ・ウィンドウに進みます。データベース機能を展開し、次のいずれかのデータベース機能を選択します。ローカルのハードディスク・ドライブにインストールされるか、ローカルのハードディスク・ドライブにインストールされます。このアクションにより、前のステップで指定された SQL Server にデータベースが作成されます。
    User-added image
  7. [次へ] をクリックして機能の選択を確認し、[インストール] をクリックしてインストールを開始します。
  8. [完了] をクリックして、セットアップを完了します。
    • オプション:
      UniteServer データベースが、サーバー上の sql management studio を使用して作成されていることを確認してから、sql Server * に接続します。左側のペインで [データベース] を展開し、UniteServer データベースが作成されていることを確認します。
      User-added image
  9. 管理者ポータルにアクセスして、インストールが正常に完了したことを確認します (データベースおよび PIN サーバーとともにサーバーにインストールされている場合)。リンクに従ってください: https:///admin
    デフォルトの管理者アカウント:
    ユーザー: admin@server.com
    パスワード: Admin@1
    User-added image
    メモWeb.config に記載されている特定の XML タグに関して、管理者ポータルにアクセスしたときにエラーページが表示された場合は、ポータルの仮想ディレクトリの最上位レベルの web.config からタグを削除します。このタグには、IIS 管理コンソールからアクセスできます。
  10. Web サービスのインストールが正常に完了したことを確認します。リンクに従ってください: https:///ユニット e/ccservice.
    1. GetProfile を選択します。
    2. 値フィールドに「テスト」と入力し、「呼び出し」をクリックします。
      User-added image
  11. 次に示すように、XML ファイルでデフォルトのプロファイルが表示されていることを確認します。このデフォルト・プロファイルは、PIN サービスがデータベースにアクセスしてデータを正常に取得できることを示します。
    User-added image
  12. これでエンタープライズ・サーバーがインストールされました。