インテル® Optane™ メモリーに関するよくある質問

ドキュメント

製品情報 & ドキュメント

000024018

2019/08/12

インテル® Optane™ メモリーとシステム・アクセラレーションに関してよく寄せられるサポート関連の質問 (FAQ) と回答をご覧ください。

記号の または項目をクリックして詳細をご覧ください。

バージョン情報

インテル® Optane™ メモリー対応マザーボードには、どのようなブランドやモデルがありますか?

システムが対応しているかどうか確認するには、ベンダーとインテル® Optane™ メモリー対応マザーボードのリストを確認してください。

インテル® Optane ™メモリーとは何ですか?また、これをサポートするシステムを使用するメリットは何ですか?

インテル® Optane™ メモリーは、新しい第 7 世代インテル® Core™ プロセッサー搭載プラットフォームまたは以降のプラットフォーム用のシステム高速化ソリューションです。このソリューションが活用するのは 3D Xpoint™ メモリーメディアをベースとしたインテル® Optane™ テクノロジーと、インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® RST) ドライバーです。

この新しいメモリーメディアと低速の SATA ベースのストレージデバイス (HDD、SSHD、または STTA SSD) の間にインストールされている場合、コンピューターは、プロセッサーに近い一般的に使用されるデータやプログラムを格納することができます。これにより、システムはより迅速にこの情報にアクセスできるため、システムの全体的な応答性が向上します。

システム・アクセラレーションやシステムの応答性とはどんな意味でしょうか?インテル® Optane ™ メモリーを使用すると、PC の動作がより速くなるのを感じることができますか?システム・アクセラレーションとは、コンピューターに対するインテル® Optane™ メモリーの効果を指しています。ハードディスク・ドライブを搭載したコンピューターと比較して.、タスクの完了がより速くなり、待機時間が短縮,されます。
  • 応答性とは、PC が次のようなエンドユーザーの要求を完了するまでの時間を示します。
    • 起動する
    • 検索してファイルを見つける
    • 大容量ファイルを保存する
    • アプリケーションを起動する
  • ハードドライブのみを持つ同じ PC に比べて、インテル® Optane ™メモリーは、PC がより速くなり、応答性が高まり、加速されたのを感じることができます。
インテル® Optane メモリーと他の NAND 型キャッシュおよびキャッシュ・ソリューションには、どのような違いがありますか?

インテル® Optane ™メモリーは、新しいテクノロジーです。高パフォーマンス、高耐久性、低レイテンシー、Quality of Service (QoS) が共存する不揮発性メモリーを求める声に応えて開発されました。この属性すべてを 1 つのメモリー・テクノロジーで実現できる点が、その他のメモリー・テクノロジーと異なっています。

インテル® Optane™ メモリーが他の NAND 型キャッシュ・ソリューションと違っているのは、次の点です。

  • 革新的な新しい 3D XPoint™ メモリーメディアが低容量 (16 GB) でも良好なパフォーマンスを実現
  • モジュールに複数の読み出しと書き込みが可能な耐久性
  • インテル® RST ドライバーの最先端のアルゴリズムによる高性能ソリューションの構築
  • ユーザーに配慮した直感的なインストールと簡単なセットアップ・プロセスにより、自分のニーズに合ったソリューションを自動的に設定
インテル® Optane ™メモリー・モジュール (デスクトップ・プラットフォームのみサポート) とインテル® Optane ™・メモリ M10 (デスクトップおよびモバイル・プラットフォーム・サポート) の違いはありますか?

第 7 世代と第 8 世代インテル® Core ™-i モバイル・プラットフォームでは、インテル®ラピッド・ストレージ・テクノロジー 15.9 またはそれ以降のドライバーを搭載したインテル® Optane ™メモリー M10 モジュールが必要です。新しい M10 モジュールでは、電源管理への対応が向上させ、モバイル設計はこの技術を使用することができます。この技術 (M10 モジュール) は、デスクトップまたはモバイル版インテル® Optane ™メモリー対応プラットフォームのいずれかで使用することができます。

インテル® Optane ™メモリーと DRAM の違いは何ですか?DRAM を置き換えますか?

インテル® Optane ™メモリーはラピッド・ストレージ・テクノロジー・ドライバーと共に不揮発性 3D Point ™メモリーを使用して、PC の不揮発性データへのアクセスを加速します。お使いの PC では、不揮発性データは、コンピューターの "長期記憶" は、PC の電源が入っていなくても保持されます。PC ユーザーの個人用ドキュメント、ピクチャ、ビデオ、音楽、およびアプリケーション・ファイルは、不揮発性データの例です。

 

DRAM、またはダイナミック・ランダム・アクセス・メモリーは、コンピューターの "短期的な作業メモリー" として機能する揮発性メモリー技術です。DRAM は、プロセッサーによって実行される計算の入力と結果を一時的に格納します。PC の電源がオフになると、DRAM 内のデータが消えます。

2 つのメモリー技術は、PC のメモリー階層の異なる目的を果たすように、インテル® Optane ™メモリーは、それを完全に置き換えるのではなく、DRAM を補完します。インテル ® Optane ™メモリーと DRAM の両方を搭載したコンピューターは、プログラムやデータにすばやくアクセスできるため、パフォーマンスと応答性が向上します。

インストールと設定

詳細については、インストールと設定に関するよくある質問を参照してください。


ファイル、フォルダまたはアプリケーションを固定する

詳細については、インテル® Optane™ メモリーによるシステムの高速化の固定に関するよくある質問を参照してください。


ハードウェアとソフトウェア

システムを高速化するインテル® Optane メモリーシリーズのソフトウェアおよびハードウェア要件の一覧は、どこで確認できますか?

インテル® Optane™ メモリー対応となるための詳細な要件はこちらからご覧ください。

高速化するブート用 SATA ドライブには以下の要件があります。

  • GPT パーティション
  • 512B セクター・フォーマット
  • Windows® 10 64 ビット版オペレーティング・システムがインストール済みで、5 MB 以上の連続する未割り当て領域が起動ボリュームの最後に存在していること
  • PCIe* NVMe* ドライブはシステムの高速化に対応していません。
  • セカンダリー・ドライブ/データドライブは、ソフトウェア・バージョン 16.x 以降でのみシステムの高速化に対応しています。詳細情報をご覧ください。
  • 1 台の SATA ドライブに複数のオペレーティング・システムがインストールされている環境は、システムの高速化に対応していません。インテルはこの使用方法を推奨しません。また、結果を保証することもありません。詳しい要件については、 ユーザー & インストール・ガイドを参照してください
  • デュアル OS ブートのシステム (2 台以上のストレージ・ドライブのそれぞれに OS がインストールされているシステム) には対応していません。また、インテルが動作を保証することもありません。
インテル® Optane™ メモリーをインストールしてシステム・アクセラレーションを有効化するには、どんなソフトウェアが必要ですか?

インテル® RST ドライバーとインテル® Optane™ メモリー対応ユーザー・インターフェイスが必要です。詳細情報をご覧ください。

「Optane Ready」であるが購入時にインテル® Optane™ メモリーモジュールを含まなかったノート PC は、DT システムで使用できるようになっていますか?

いいえ、モバイル・プラットフォームには、インテル® Optane™ メモリー「Ready」システムは発売されません。インテル® Optane ™メモリー対応ノート PC には、インテル® Optane ™メモリー・モジュールがシステムに既にインストールされ、システム・アクセラレーションが有効になっています。

インテル® Optane ™メモリー・モジュールとインテル® Optane ™メモリー M10 モジュールの違いは何ですか?

インテル® Optane ™メモリーM10 モジュールは、モバイル・フォームおよび最新のコネクトスタンバイの低電力サポート機能を追加します。

インテル® Optane メモリー・アプリケーションの [Statistics] (統計情報) ページに「32 GB モジュールが取り付けられていないため提供する情報がありません」と表示されます。実際には 32 GB モジュールが取り付けられているのに、どうしてこのように表示されるのでしょうか?

[Statistics] (統計情報) は、最初のスケジュールされたタスクの移行が完了した後にのみ表示されます。

: [Statistics] (統計情報) は、ブートドライブ (オペレーティング・システムを含むドライブ) を高速化した際のみ表示されます。

スケジュールを確認または手動で実行するには、以下の手順を実行してください。

  • Windows ボタンをクリックします。
  • Task Scheduler」と入力します。
  • [タスク スケジューラ ライブラリ] で Intel フォルダを開きます。
インテル® Optane メモリーではどのようなフォームファクターが提供されていますか?

インテル® Optane™ メモリーモジュールは、PCIe NVMe* 接続の M.2 フォームファクター (B および M の切り欠きのもの) で提供されています。

モジュールが 2 つありますが、両方ともシステムの高速化に使用することは可能ですか?

システム・アクセラレーションは、1 つのモジュールと 1 台の SATA ドライブのみに対応しています。システムにさらにモジュールを追加しても、システム・アクセラレーションではサポートされません。

インテル® Optane メモリーで 提供される容量はいくつですか?

インテル® Optane™ メモリーは 16 GB および 32 GB の容量で提供されています。インテル® Optane ™メモリー M10 シリーズは、サポートされているモバイル・プラットフォームでのみ 64GB の容量も利用できる場合があります。利用可能性については、お気に入りのリテーラーを確認してください。

16GB より大きい容量のモジュールが必要でしょうか?
  • 大容量モジュール (16GB より大きい) の主な違いは、加速できるアプリケーションとファイルの数です。
    • 一般的な使用方法では 16 GB の容量で十分です。
    • より容量の大きなモジュールは、プロシューマーやゲーマーなどデータ処理量の多い多様なアプリケーションをよく使用するパワーユーザーに必要となります。
  • もう 1 つの違いは機能です。32 GB 以上のモジュールは、固定機能 (特定のファイル、フォルダ、アプリケーションを選択して高速化する機能) に対応しています。
Windows * オペレーティング・システムに表示されるインテル® Optane メモリーシリーズの箱に記載されているものよりも少なくなっています。どうしてでしょうか?オペレーティング・システムおよび関連ツールに化粧箱より少ない容量が表示されるのは正常です。このモジュールはメモリー・メディアの一部領域を管理とメンテナンスに使用しています。表示される密度は、3D XPoint メモリーメディアのロー密度です。利用できる総容量は、ドライブの使用寿命を通じて変わりません。
インテル® Optaneメモリー対応 NVMe* ドライバーはどこで入手できますか?

インテルは、このシリーズにはベンダー固有の NVMe ドライバーを提供しません。システムを高速化するには、インテル® RST ドライバーバージョン 15.5 またはそれ以降が必要です。ドライブがシステムの高速化に使用されていない場合、そのドライブは Windows 10 オペレーティング・システムに付属している標準の NVMe Microsoft インボックス・ドライバーによりサポートされています。

現在使用している第 6 世代インテル® Core ™プロセッサー・ベースのシステムでインテル® Optaneメモリーを使用することはできますか?

いいえ、第 6 世代インテル® Core™ プロセッサー搭載システムは、システム高速化ソリューションとしてのインテル® Optane™ メモリーに対応していません。

現在’、第 7 世代インテル® Core ™-i ノート PC `を持っています。それにインテル® Optane ™メモリー M10 シリーズモジュールを追加して、システムの高速化を行うために、BIOS のアップデートを利用できますか?

いいえ。インテル® Optane™ メモリーは、工場出荷時にノートブック PC の OEM によって有効にされ、設定されている必要があります。インテル® Optane™ メモリ-・レディ・プログラムはノートブック PC では利用できず、エンドユーザー向けのアップグレードと構成はサポートされていません。

PC のメモリーバンク / スロットがいっぱいです。インテル® Optane™ メモリーを使用するには、DRAM を置き換える必要がありますか?

いいえ、インテル® Optane™ メモリーは M.2 フォームファクターで提供されるので、DIMM/DRAM メモリースロットとは置き換えられません。ですから現在お使いになっている DRAM には影響がありません。

システムで RAID を構築しようと思っていますが、インテル® Optane メモリーで RAID ボリュームを高速化することは可能ですか?

インテル® Optane™ メモリーでは RAID ボリュームを高速化できません。インテル® Optane™ メモリーのボリュームは別の RAID ボリュームとして同じシステムに格納することができます。

このような構成のシステムをお使いの場合、インテル® RST アプリケーションを使用して RAID ボリュームとインテル® Optane™ メモリーボリュームを管理することをお勧めします。

パフォーマンス

ハードドライブとインテル® Optane ™メモリーを搭載したノート PC を購入すると、モバイルシステムのパフォーマンスが著しく向上しますか?インテル® Optane ™メモリーを搭載していない同じシステムと比較すると、どうなりますか?

ハードドライブとインテル® Optane ™メモリーを搭載したノート PC は、SYSmark * 2014 SE の測定によると応答性 (応答性のサブスコア) が約 2 倍になります。測定のシステム構成は以下の通りです。

ベースライン・システム (HDD 付き)
インテル® Core™ i7-8650U プロセッサー、15W TDP、4C8T、ターボ最大 4.20 GHz、メモリー: 2 x 4GB DDR4-2400、ストレージ: Seagate* ST1000LM048 2.5” 5400 RPM 1TB HDD、OS: Windows* 10。

16GB インテル® Optane™ メモリー搭載のシステム
16GB インテル® Optane ™メモリー M10 モジュールと同じ構成。

SYSmark* 2014 SE は BAPCo* コンソーシアムのベンチマークで、Windows* プラットフォームのパフォーマンスを測定します。SYSmark* でテストされた 4 つの使用シナリオ: オフィスでの生産性、メディア作成、データ / 財務分析、応答性。SYSmark* には、Microsoft* や Adobe* などのソフトウェア・ベンダーから提供された実際のアプリケーションが含まれています。

ベンチマーク結果は、追加テストの実施に伴って改訂される場合があります。この結果は、テストに使用された特定のプラットフォーム構成とワークロードに依存するものであり、ユーザー・コンポーネント、コンピューター・システム、ワークロードによっては該当しない場合があります。この結果には、ほかのベンチマークが反映されているとは限りません。ほかのベンチマーク結果は、多かれ少なかれ軽減手法による影響を受けている場合があります。

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark や MobileMark などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかが変更されると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、パフォーマンス・ベンチマーク・テストの開示を参照してください。

インテル® Optane メモリーを有効化すれば、すぐにパフォーマンスが向上しますか?

インテル® Optane™ メモリーを有効化してから起動サイクルを 3 回実行するまでに、OS 起動時間の短縮が実感できます。アプリケーションとファイルについては、インテル® Optane™ メモリーが自動的にユーザーのコンピューター使用状況を学習した後で、頻繁に使用するアプリケーションを高速化します。

インテル® Optane メモリーモジュールの消費電力と動作温度は?

詳細については、製品概要を参照してください。

TRIM または Optimize は、インテル® Optane メモリーモジュールまたはボリュームの最適化に有効ですか?

TRIM または Optimize はインテル® Optane™ メモリーモジュール・アーキテクチャーでは必要ありません。システムを高速化するために SATA NAND SSD とインテル® Optane™ メモリーモジュールを使用している場合、最高のパフォーマンスを発揮するためにインテル® RST ドライバーで管理します。

あらゆるアプリケーションの実行性能が向上するのでしょうか?

インテル® Optane™ メモリーは、頻繁に使用するアプリケーションとファイルの起動時間を向上させます。具体的な向上の度合いは、アプリケーションによって異なります。

16GB より大きな容量を持つインテル® Optane™メモリーモジュールを有効にするのに時間がかかるのはなぜですか?

大容量モジュールは大きいため、有効にするプロセスに時間がかかる場合があります。これはインテル® Optane™ メモリーを使用するシステムを最適化して、最高のパフォーマンスを発揮する上で必要なプロセスです。大容量モジュールは、より高速なアプリケーションを可能にします。プロシューマーやゲーマーなどデータ処理量の多い多様なアプリケーションを使用するパワーユーザーに理想的です。

いつも HDD のパフォーマンスを改善するためにデフラグを実行しているのですが、インテル® Optane™ メモリーで高速化した後もデフラグすることは可能ですか?

インテル® Optane™ メモリーを有効にすると、インテル® Optane™ メモリーと高速化した SATA ドライブの両方が 1 つの SSD のボリュームとしてオペレーティング・システムに認識されます。結果として、デフラグ・オプションは選択できなくなります。

インテル® Optane メモリーはライトバックまたはライトスルー・キャッシュ技術を使用していますか?

ライトバックはパフォーマンスと応答性を最適化するために使用されています。このモードは、大部分のホストの書き込みを最初にインテル® Optane™ メモリーモジュールでキャプチャし、利用可能なシステムのアイドル時間に SATA ディスク上のコピーを更新します。

インテル® Optane メモリーボリュームで、ディスク クリーンアップを実行できますか?

はい、ディスク クリーンアップで不要なファイルを削除できます。高速化した起動ドライブ > プロパティ > ディスク クリーンアップを右クリックします。

インテル® Optane メモリーは SSD も高速化しますか?その場合、どの程度高速化されるのでしょうか?はい。インテル® Optane™ メモリーは、SATA SSD など、あらゆる種類の SATA ベースのストレージ・メディアを高速化できます。ただし、インテル® Optane™ メモリーの追加によるパフォーマンス上の利点は、SATA SSD などの高速ストレージ・デバイスより、HDD などの低速ストレージ・デバイスで顕著となります。

オペレーティング・システム

インテル® Optan メモリーでシステム・アクセラレーション機能を使用する場合の対応オペレーティング・システムは?

インテル® Optane™ メモリーをシステム・アクセラレーターとして使用するには Windows® 10 64 ビット版が必要です。

インテル® Optane メモリーでシステム・アクセラレーション機能を使用する場合、Linux* には対応していますか?

いいえ、高速化した SATA ドライブには Windows® 10 64 ビット版の実行が必要です。

複数のドライブを使用して複数のオペレーティング・システムを実行したいのですが、インテル® Optane モリーで複数ドライブのパフォーマンスを向上させることは可能ですか?

いいえ、インテル® Optane™ メモリーが高速化できるのは SATA ベースのドライブ 1 台のみです。

その他のご質問

インテル® Optane メモリーモジュールをシステム・アクセラレーション機能としてではなく、スタンドアロンのブート用ドライブやデータ用ドライブとして使用することは可能ですか?

スタンドアロンの NVMe* SSD としてインテル® Optane™ メモリーを使用することができます。ただし、インテルはこの構成をサポートしていません。

インテル® Optane メモリーを有効にした後で SATA ドライブを取り外し、別のコンピューターに移動することができますか?

いいえ、別のコンピューターに移動する前にインテル® Optane™ メモリーを無効にする必要があります。インテル® Optane ™メモリーまたはインテル RST アプリケーションを使用して無効にすることができます。詳細については、インテル® Optane™ メモリー用ユーザーおよびインストール・ガイドまたは動画を参照してください。

有効化した後でシステムからインテル® Optane メモリーモジュールを取り外すとどうなりますか?

ボリューム (高速化するモジュール + ドライブ) は、ユーザーデータを保護するためオフラインになります。モジュールをシステムに戻すまで、このボリュームを使用することはできません。

有効化した後でシステムからインテル® Optane メモリーモジュールを取り外した場合、別の OS はその SATA ドライブをデータ・ドライブとして認識しますか?

いいえ、インテル® RST ドライバーは、ボリュームが分離されていると見なします。オフライン・ボリュームとして認識します。システムの別のディスク上にある OS は認識できません。

データ用にインテル® Optane メモリーモジュールを使用しています。システム・アクセラレーションを有効化することはできますか?

システム・アクセラレーションを有効にすると、インテル® Optane™ メモリーモジュール上のすべてのデータが消去されます。システム・アクセラレーションを有効にする前に、インテル® Optane™ メモリーモジュール上のすべてのデータをバックアップすることをお勧めします。

インテル® Optane メモリーモジュールが紛失または損傷した場合、SATA ドライブ上のデータはどうなりますか?

インテル® Optane ™メモリーボリューム、SATA ディスク、インテル® Optane ™メモリーモジュールのペアを作成する場合。このうち片方がなくなると、もう一方のディスクはオフラインとなり OS が認識できないので、使用できなくなります。

関連付けられた SATA 上のデータを復元するには、サードパーティー製ソフトウェアを使用することをお勧めします。

Opal Security* 対応の SATA SSD を使用していますが、インテルl® Optane メモリーが有効になっているときも、このセキュリティーは正常に機能しますか?

いいえ、Opal Security* はインテル® Optane™ メモリーに対応していません。

インテル® Optane メモリーのボリュームで使用可能な暗号化ソフトウェアは?

Microsoft BitLocker* - Windows® 10 またはそれ以降のバージョン

  • インテル® Optane™ メモリーによるシステムの高速化を有効にする前に、暗号化を有効にする必要があります。
  • ソフトウェアによる暗号化を有効にすると、システムのパフォーマンスに影響が出ます。
システムにインテル® Optane™ メモリーモジュールが搭載されていること、有効になっていることを確認する方法はありますか?

OS でシステムに搭載されているディスクを確認する方法がいくつかあります。

  1. デスクトップの通知領域のメニューを開きます。インテル® Optane™ メモリーの通知領域アイコンにカーソルを当てます。インテル® Optane™ メモリーが有効になっている場合は、有効になっていることを示すメッセージが表示されます。
  2. デバイスマネージャで、以下に記載されている方法で確認します。

詳細は、インテル® Optane™ メモリーがアクティブになっている場合にシステム・アクセラレーションを確認する方法を参照してください。

ドライブを削除するときは、いつもデバイス・マネージャーでアンインストールしています。インテル® Optane メモリーのボリュームが有効になっている状態で、この方法でインテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® RST) ドライバーをアンインストールしても大丈夫ですか?

いいえ。インテル® Optane™ メモリーボリュームを有効にすると、インテル® RST ドライバーが必要になります。最初にボリュームを無効にする前にこのドライバーをアンインストールしてしまうと、データの損失が発生する可能性があります。

インテル® Optane メモリーモジュール用ファームウェアはどのようにアップデートしますか?

モジュールのファームウェアをアップデートできるツールがいくつか利用可能です。詳細については、利用可能なファームウェアのページを参照してください。ファームウェア・アップデートは、システム・アクセラレーション・モードとスタンドアロンのドライブでサポートされています。

関連トピック
インテル® Optane™ メモリーでシステム・アクセラレーションを有効化するソフトウェアとは?
インテル® Optane™ メモリーのソフトウェアとダウンロード
インテル® Optane™ メモリーの可用性とパフォーマンス
インテル® Optane™ メモリーの詳細情報