インテル® Xeon®・プロセッサーを LGA3647 ソケットに取り付ける方法

ドキュメント

インストール & セットアップ

000023869

2020/09/29

LGA3647 ソケットを搭載したサーバーシステムにインテル® Xeon®・プロセッサーを取り付ける方法については、以下のビデオチュートリアルをご覧ください。

インストールに必要なコンポーネント:

  • プロセッサー (s) (注:プロセッサーのファブリック版にはインターフェイスインテル® Omni-Path Connector があります。
  • プロセッサー・キャリア・クリップ (注:ファブリック・プロセッサーを使用している場合は、以下のキャリア・キットのクリップ情報を参照してください。非ファブリック・プロセッサーの場合、キャリア・クリップはマザーボードに付属しています。
  • サーマル・インターフェイス・マテリアル (TIM) 搭載ヒートシンク
  • T-30 Torx ドライバーまたは T-30 Torx ビットを使用したドリル (注:ヒートシンクのラベルに表示されているシーケンスで、各ファスナーをセキュアに (12 インチ lb)、しっかりと締めます。
  • ファブリック・プロセッサーをインストールする場合は、インテル®ホスト・ファブリック・インターフェイス・キャリア・キット (インテル®パーツ番号 AHWBPFABKIT)。このキットは以下を含みます。
    • プロセッサー・クリップ
    • キャリア・カード
    • IFT ケーブル
    • Sideband ケーブル
関連トピック
LGA3647 でサーマル・インターフェイス・マテリアル (TIM) を適用する方法
インテル® Xeon®プロセッサーのサーマル・インターフェイス・マテリアル (TIM) またはヒート・スプレッダーの塗布方法と取り外し方法
インテル® Xeon®プロセッサーがサポートするソケット