Microsoft * DiskPart * を使用してパーティションを削除しています

ドキュメント

メンテナンス & パフォーマンス

000022179

2019/11/25

注意

重要な指示:

  • 免責事項: インテルは、ユーザーデータの消失には責任を負いません。続行する前に、ドライブ上の重要なデータをバックアップしてください。
  • 次の Microsoft * DiskPart * ユーティリティについて説明します。このプロセス中にドライブのクリーニングを行います。ストレージデバイスをクリーニングすると、ドライブからすべてのパーティションが削除され、ユーザーがデータにアクセスできなくなります。
  • DiskPart を実行する前に、すべての手順、手順、警告を読んでください。
  • インテル®ソリッドステート・ドライブ・ツールボックス を使用して安全消去を実行すると、同様の結果が得られますが、ユーザーデータはより完全に破棄されます。インテル®ソリッドステート・ドライブ・ツールボックス には、安全性を確保するために Windows * 7 * が必要であることに注意してください。
  • DiskPart は、選択したドライブのユーザーデータにアクセスできなくなります。適切なディスクを掃除して、データをバックアップしてください。
  • すべての追加ドライブをコンピューターから削除します。
    • 起動しているドライブ
    • クリーニングしようとしているドライブ
  • 次の手順では、Microsoft * DiskPart ユーティリティを使用して、以前のパーティションとフォーマットのディスクをクリーンアップする方法について説明します。このプロセスにより、ドライブ上のすべてのデータが失われます。コンピューターによっては、コマンドが完了するまで10分から数時間かかります。
  • 以下の情報は、ディスク全体の DiskPart が必要なすべてのシナリオに適用されます。
  • 注: このユーティリティーは、SSD の安全な消去 (ドライブ上のすべてのデータを消去) を実行しません。この場合、パーティションとボリューム情報のみが削除され、従来の形式でデータにアクセスできなくなります。Windows * 7 で安全な消去を実行するには、インテル®ソリッドステート・ドライブ・ツールボックス を使用します。以降の Windows オペレーティング・システムでは、他の方法を使用する必要があります。これは、UEFI または起動可能な USB ユーティリティで開始されます。

DiskPart

Microsoft * DiskPart は、GUI を使用せずに CMD で実行できるパワフルなツールです。このツールは、ディスク管理よりも柔軟性に優れています。

DiskPart を実行するには:

  1. CMD でDiskPartを入力するか、[ Run ] ウィンドウでツールを起動します。ユーザーアカウント制御メッセージがポップアップ表示されます。
  2. ツールに管理者権限を提供し、ツールを実行するメッセージを承諾します。

Run

DiskPart には多数のオプションとコマンドがあります。ドライブを初期化して消去するには、次の基本手順を参照してください。

まず、作業しているドライブを選択します。

  • ディスクのリスト:接続されているディスクと USB フラッシュドライブのリストを表示します。
  • Sel ディスク (ディスク選択):作業範囲を選択します。
  • すべてクリーン:選択したデバイスからパーティションとボリュームの情報を削除します。

次に、デバイスをクリーン (出荷時の状態) にして、パーティションを作成し、フォーマットします。ドライブを選択し、次のコマンドを入力してパーティションを作成します。

  • リスト部品:ドライブで利用できるディスプレイ・パーティション (ファブリックの状態はパーティションを持っていません)
  • Sel part:作業対象のパーティションを選択するために使用されます。
  • Del part:選択したパーティションを削除するために使用します。

パーティションを持っていない場合は、新しいパーティションを作成できます。

1 主を作成:このコマンドは、ドライブのフルサイズのプライマリ・パーティションを作成します。また、拡張または論理パーティション、あるいはサイズ = "xxx" を使用して、パーティションに必要なサイズを指定することもできます。

次に、フォーマットするパーティションを選択して、選択したパーティションタイプを使用して構成します。

  • フォーマット上書き fs = "NTFS" ラベル = "ラベル":下位レベルのフォーマット (安全な消去) を実行し、NTFS ファイルシステムでパーティションを構成し、目的のラベルを設定します。

このコマンドの他のパラメーターと機能を使用することもできます。例えば、上書きの代わりにクイックフォーマットを実行するには、type quick FS = "NTFS" ラベル = "テスト" サイズ = 409600 (サイズは MB) を入力します。

パーティションを作成してフォーマットしました。パーティションに文字が割り当てられていない場合、Windows * 上にドライブは表示されません。

ドライブを表示するには、次のコマンドを入力します。

  • リスト音量:利用可能なボリュームをすべてリストアップする
  • Sel vol:最後のコマンドで作成したボリュームを選択します。
  • 手紙の割り当て:ドライブに文字を割り当てて、Windows がドライブを認識できるようにします。ドライブを使用する準備ができました。例えば、次のように指定します。

DiskPart の詳細については、コマンドの構文コマンドの説明 を参照してください。

Diskpart