アクションの警告 897: データの不整合が発生する可能性があります重い i/o の下でボードおよびキット

ドキュメント

メンテナンス & パフォーマンス

000008573

2017/07/15

問題は、次のコントローラに影響します。
インテル® RAID コントローラー SRCSAS18E
インテル® RAID コントローラー SRCSAS144E
インテル® RAID コントローラ SROMBSAS18E
インテル® RAID コントローラー SRCSASJV
インテル® RAID コントローラー SRCSASRB
インテル® RAID コントローラー SRCSATAWB

Intel は、オンライン容量拡張 (OCE) および RAID レベルの移行 (RLM) 中に、上記のコントローラが重い i/o のデータ不整合を発生させる問題を特定しました。

調査では、RAID コントローラキャッシュが使用中 (ライトバックが有効または先読みが有効) である場合にのみ発生する特定のインスタンスに不整合が絞られ、RLM または OCE 操作の完了時にキューに入った i/o が存在することが示されます。

推奨される顧客アクション:

インテル® RAID コントローラー SRCSAS18E、SRCSAS144E、SROMBSAS18E

  • ファームウェアを v 1.12.130-0418 にアップグレードして、インテルサポート でダウンロードできます。
インテル® RAID コントローラー SRCSASJV
  • ファームウェアを v 1.12.132-0420 にアップグレードして、インテルサポート でダウンロードできます。
インテル® RAID コントローラー SRCSASRB と SRCSATAWB
  • 復元操作を開始する前に、仮想ディスクの構成をライトスルー、ダイレクト i/o、および先読みなしに変更します。復元が完了すると、ユーザーは元の構成に戻ることができます。

詳細については、以下のアクション警告ドキュメントを参照してください。

アクション警告 897PDF icon
ファイル名: AA897_1. pdf
サイズ:39 KB
日付: 4 月2008

注:PDF ファイルには、 Adobe Acrobat Reader が必要です *