システムメモリのインテル® デスクトップ・ボード DP67BA

ドキュメント

互換性

000007620

2017/09/21

システムメモリの機能
ボードは、2つのチャネルに配置された4つの DDR3 DIMM ソケットを持っており、次のメモリ機能をサポートしています。

  • インターリーブモードをサポートする2つの独立したメモリチャネル
  • x8 組織および x16 組織を備えた片面 dimm を備えた非 ECC、バッファなし、片面または両面 dimm のサポート
  • 32 gb の最大総システムメモリ (4 gb のメモリ技術を搭載)
  • 最小総システムメモリ: 512 メガバイト
  • シリアルプレゼンス検出
  • ddr3 1333 mhz および ddr3 1066 mhz SDRAM dimm

32ビットのオペレーティングシステムは、最大 4 GB のメモリに制限されています。これらのオペレーティングシステムは、アドイングラフィックスカードおよびその他のシステムリソースで使用されているメモリのため、4 GB 未満を報告します。

該当するすべてのインテル® SDRAM メモリ仕様に完全に準拠するには、シリアルプレゼンス検出 (SPD) データ構造をサポートする dimm をボードに装着する必要があります。メモリモジュールが SPD をサポートしていない場合は、電源投入時に画面にこの効果の通知が表示されます。BIOS は、通常の動作のためにメモリコントローラを構成しようとします。

1.5 V は、DDR3 メモリ電圧の推奨およびデフォルト設定です。BIOS セットアッププログラムのその他のメモリ電圧設定は、パフォーマンスチューニングの目的でのみ提供されます。メモリ電圧を変更すると、システムの安定性とシステム、メモリ、およびプロセッサの耐用年数が短縮される可能性があります。(ii) プロセッサおよびその他のシステムコンポーネントが故障する原因となります。(iii) システム性能の低下を引き起こす。(iv) 追加の熱またはその他の損傷を引き起こす;(v) はシステムデータの完全性に影響します。

Intel はテストしておらず、仕様を超えてプロセッサの動作を保証するものではありません。プロセッサの保証については、「プロセッサの保証に関する情報」を参照してください。

サポートされるメモリ構成

 
DIMM 容量構成SDRAM 密度SDRAM 組織フロントサイド/バックサイドSDRAM デバイス数
512 MB片面1ギガビット64 M x 16/空4
1 GB片面1ギガビット128 M x 8/空8
1 GB片面2ギガビット128 M x 16/空4
2 GB両面1ギガビット128 m x 8/128 m x 816
2 GB片面2ギガビット128 M x 16/空8
4 GB両面2ギガビット256 m x 8/256 m x 816
4 GB片面4ギガビット512 M x 8/空8
8 GB両面4ギガビット512 m x 8/512 m x 816
 

サードパーティのテスト済みメモリ

コンピュータメモリテストラボ * (CMTL) は、メモリメーカーの要求に応じて、インテル® ボードとの互換性を確保するためにサードパーティ製のメモリをテストします。インテル® デスクトップ・ボード DP67BA については、「 CMTL テスト済みメモリリスト」を参照してください。