エラー: インテル®コンピューティング・モジュールに適さないコンポーネント

ドキュメント

インストール & セットアップ

000007191

2017/11/18

管理 GUI は、計算モジュール、ストレージモジュール、または Ethernet モジュールに対してエラーコンポーネントに適さ ないことがあります。通常、ファームウェアの更新後。コンポーネントに適さ ないとは、一覧表示されたコンポーネントの更新が失敗したことを意味します。次の表は、一般的な原因と解決方法を示しています。

コンポーネントソリューション
SCM (ストレージコントロールモジュール)影響を受けるモジュールを物理的に取り外して、再度挿入します。問題が解決しない場合:
  1. 各計算モジュールの電源を切ります。
  2. 電源コードをシャーシから取り外します。
  3. すべてのハードドライブをイジェクトします。ドライブベイから完全に取り外す必要はありません。ただ、彼らはドライブバックプレーンから切断されていることを確認します。
  4. シャーシの電源コードを差し込みます。
  5. SCM が正しく機能するようになったら、手順1と2を繰り返し、すべてのハードドライブを取り付けなおしてから、シャーシの電源コードを差し込みます。
  6. SCM が依然として問題を示している場合は、診断ファイルを取得してサポートに問い合わせるには、この表の下の手順を参照してください。
計算モジュール古いネットワークドライバ: MFS5000SI またはMFS5520VI またはMFS2600KI のネットワークドライバを更新します。
計算モジュールサポートされていないハードドライブまたはメモリ:テスト済みの一覧にハードドライブとメモリがある ことを確認する
計算モジュールサポートされていない os:オペレーティングシステムに対応していることを確認する
計算モジュールその他: 影響を受けるモジュールを物理的に削除して再挿入します。問題が解決しない場合は、CMOS をクリアして BIOS 回復ジャンパを有効にします。手順については、技術製品仕様 を参照してください。
計算モジュールファームウェアの更新中に失敗する: ローカル USB キーボード、マウス、およびモニタを接続します。EFI がプライマリブートオプションであることを確認します。
[F2] BIOS を入力するには |ブートオプション |ブートオプション #1 |EFI シェル
その他のコンポーネントデュアルイーサネットスイッチがインストールされ、管理リンクが有効になります。
CMM GUI からシステムを選択 |スイッチ |高度な構成
任意のポートにマウスを移動し、ポート構成を選択
ポートの選択 |10g.XC |管理者ステータス |ダウン
とポート |10g.SC |管理者ステータス |ダウン
その他のコンポーネントCMM をリセットします。
ファームウェアのアップグレード後に他のコンポーネントに適さないインストール手順を確認します。多くの場合、特定の方向に従うことがあります。
 

問題が解決しない場合は、CMM GUI から診断ファイルを取得します (レポート |診断 |サービスデータ |完全なシステム診断)。更新後にこの問題が発生した場合は、ファームウェアの以前のリビジョンと現在のバージョンをカスタマーサポートにお知らせください。