LPC インタフェースコントローラのデバイスマネージャのエラーインテル® デスクトップ・ボード

ドキュメント

トラブルシューティング

000007067

2016/02/24

lpc インタフェースコントローラ上のデバイスマネージャのエラー (例: インテル ® 82801 lpc インタフェースコントローラ) は、さまざまな理由で発生する可能性があります。

消費者赤外線をサポートするボード
インテル® デスクトップ・ボード コンシューマ赤外線をサポートしている場合、デバイスマネージャでエラーが表示され、LPC インタフェースコントローラに問題があることを示します。例: インテル® ICH10RLPC インタフェース・コントローラー

コンシューマ赤外線は、組み込みドライバを提供する Windows Vista * でのみサポートされています。Windows XP * ではサポートされていません。

デバイスマネージャでエラーを解決するには、BIOS でコンシューマ赤外線を無効にします。

  1. 起動中に、 F2キーを押して BIOS 設定を入力します。
  2. [詳細設定] > [周辺機器の構成] に移動します。
  3. 拡張コンシューマ IRを無効にします。
  4. F10キーを押して、保存して終了します。

インテル® Viiv™プロセッサー・テクノロジーをサポートするボード

  • インテル ® Viiv ™ プロセッサー・テクノロジーのオペレーティング・システム要件が満たされていません。インテル Viiv プロセッサー・テクノロジーには、Windows XP * メディア・センター・エディションが必要です。
  • インテル ® クイック・レジューム・テクノロジー (インテル® QRT) は BIOS で有効になっていますが、ドライバはインストールされていません。

インテル Viiv プロセッサー・テクノロジーを使用する予定がある場合:

  1. サポートされているオペレーティングシステム、Windows XP メディアセンターエディションをインストールします。
  2. インテル QRT ドライバをインストールします。

インテル Viiv プロセッサー・テクノロジーを使用する予定がない場合:

  1. 起動中に、 F2キーを押して BIOS 設定を入力します。
  2. [電源] メニューの [インテル QRT] を無効にします。
  3. F10キーを押して、保存して終了します。