OpenGL* の 3D スクリーンセーバーの動作が遅い

ドキュメント

トラブルシューティング

000006951

2020/10/29

症状:
OpenGL* の 3D スクリーンセーバーの動作が遅い。

原因:
OpenGL スクリーンセーバーのハードウェアアクセラレーションは、多くのサードパーティ製スクリーンセーバーとの互換性の問題が発生する可能性があるため、グラフィックスドライバーで有効になっていません。

ソフトウェアモードでスクリーンセーバーを実行すると、これらのスクリーンセーバーが有効になっている間、システムがハングアップしたりクラッシュしたりする可能性を減らすことができます。これにより、これらのスクリーンセーバーの実行が妨げられることはありませんが、レンダリング速度が遅くなる可能性があります。これは、OpenGL ベースのゲームや一般的なアプリケーションには影響しません。

ソリューション:
これは正常な動作です。