WEP または TKIP 暗号化が設定されている場合、データレートが 54 Mbps を超えてはならない

ドキュメント

トラブルシューティング

000006697

2020/11/09

どのような問題がありますか?

有線の同等のプライバシー (WEP) またはテンポラルのキー整合性プロトコル (TKIP) 暗号化が設定されている場合、クライアント・デバイスの Wi-fi データレートは 54 Mbps ではありません。

問題の原因となっているものは何ですか?

IEEE * 802.11 n ドラフトは、WEP または TKIP をユニキャスト暗号として高スループットの使用を禁止しています。これらの暗号化方法 (WEP、WPA-TKIP など) を使用している場合、データレートは 54 Mbps に低下します。最新のインテル®ワイヤレス・アダプター・クライアント・ドライバーは、IEEE 802.11 n ドラフトに従って接続を完全に失敗するのではなく、従来の IEEE 802.11 g 接続を使用して接続します。

ソリューション:

  1. Wi-fi アクセスポイント (AP) またはルーターの製造元に問い合わせて、最新バージョンのファームウェアをダウンロードするか、高スループットをサポートする特定のモデルに関する情報を取得してください。
  2. パケット bursting または同等の機能を無効にする
  3. Wi-fi クライアント・デバイスのプロファイルで wi-fi Protected Access * (WPA2-AES または WPA2-TKIP) を使用するように設定します。
  4. クライアント・プロファイルに合わせてアクセスポイントまたはルーターを設定します。
メモ

一部のアクセスポイントまたはルーターの製造元は、アメリカ合衆国外に販売されたデバイス用にファームウェア・ソリューションを更新していない場合があります。