インテル®デスクトップ・ボード D102GGC2 のシステムメモリー

ドキュメント

互換性

000006676

2020/02/11

システムメモリーの機能
このボードには、2 240 ピン DIMM ソケットがあり、次のメモリー機能をサポートしています。

  • 1.8 v (専用) の plated 接点を備えた DDR2 SDRAM Dimm
  • アンバッファー対応、シングルサイド、またはダブルサイド、Dimm が次のように制限されています。 x16 構成のダブルサイド Dimm はサポートされていません。
  • 最大 2 GB のシステムメモリー合計
  • システムメモリーの最小合計: 128 MB
  • 非 ECC Dimm
  • シリアル・プレゼンス検出
  • DDR2 533 または DDR2 400 SDRAM Dimm
メモすべての該当する DDR SDRAM メモリーの仕様に完全に準拠するには、シリアル・プレゼンス検出 (SPD) データ構造をサポートする Dimm を搭載している必要があります。BIOS は SPD ・データを読み込み、チップセットをプログラムして、最適なパフォーマンスを実現するためにメモリー設定を正確に設定します。SPD 以外のメモリーがインストールされている場合、BIOS はメモリー設定を正しく設定しようとしますが、パフォーマンスと信頼性に影響を与えます。Dimm は、指定された周波数で動作しない可能性があります。

 

サポートされている DIMM 構成
次の表に、サポートされている DIMM 構成を示します。

DIMM 容量構成 (注)SDRAM 集積SDRAM 構成のフロントサイド/バックサイドSDRAM デバイス数
128 MBSs256 Mbit16 M x 16/空4
256 MBSs256 Mbit32 M x 8/空8
256 MBSs512 Mbit32 M x 16/空4
512 MBDs256 Mbit32 m x 8/32 M x 816
512 MBSs512 Mbit64 M x 8/空8
512 MBSs1ギガビット64 M x 16/空4
1024 MBDs512 Mbit64 m x 8/64 M x 816
1024 MBSs1ギガビット128 M x 8/空8

 

メモ2列目では、DS はダブルサイド・メモリー・モジュール (SDRAM 2 列) を意味し、SS はシングルサイド・メモリー・モジュール (SDRAM 1 列) を指します。