TRIM の利点とインテル® SSD での使用方法

ドキュメント

互換性

000006462

2021/04/07

または トピックをクリックして詳細をご覧ください。

TRIM とは何ですか?

TRIM は ATA Data Set Management コマンドの属性です。TRIM 機能により、ドライブの背景に問題の発生を生じさせる機能により、互換性、耐久性、パフォーマンスが向上します。このコレクションは、削除されたファイルなどのデータブロックを排除します。

TRIM の使い方は?

次のオペレーティング・システム (OS) では、デフォルトで TRIM コマンドが有効になっています。

  • Windows* 7
  • Windows* 8
  • Windows* 8.1
  • Windows® 10
  • Windows Server* 2008
  • Windows Server* 2012
  • Windows Server* 2016


TRIM 機能の場合:

  • SSD とオペレーティング・システムの両方が TRIM をサポートしている必要があります。
  • オペレーティング・システムで TRIM が有効になっている必要があります。
メモドライブに関して 34 nm (G2) 以降のドライブがある場合のみ、TRIM コマンドをサポートしています。50 nm の SSD は TRIM に対応していない。
TRIM の要件は何ですか?
  • インテル®ソリッドステート・ドライブ (インテル® SSD) で、ドライブに 34 nm (G2) 以降のドライブが使用されています。
  • システム のインテル Memory and Storage Tool.
  • スケジュール されたデフラグを無効にして 、アプリケーションと同時にバックグラウンドでデフラグインテル SSD Optimizer。
  • SuperFetch (または SysMain on Win10) 機能を無効にします。
TRIM は RAID 構成でサポートされていますか?

はい。インテル® Rapid Storage Technology (インテル® RST) バージョン 11.0 以上は、インテル® 7 シリーズ・チップセットより RAID 0 の TRIM 機能に対応しています。

最新バージョンのインテル® インテル Memory and Storage Tool インテル® SSD のパフォーマンスを最適化することができます。また、TRIM を自動的に有効にする最新バージョンの Windows* または Linux* を使用することもできます。

ドライブが TRIM に対応していないか確認する方法は?

以下のオプションをインテル® Memory and Storage Toolドライブの属性を表示することができます。

  1. アプリケーション を開インテル® Memory and Storage Tool。
  2. [機能 ] のドロップダウンにある[ドライブの詳細]をクリックします。
  3. エクスポート を   クリックします
  4. .csv ファイルを保存し、Microsoft Office Excel* などの適切なツールで開きます。
  5. Word 169 を検索、Bit 0 - Data Set Management 対応の値を確認します。
  • [オプション設定] の値が 1 の場合、ドライブは TRIM に対応しています。
  • [オプション設定] の値が 0 の場合、ドライブは TRIM1 に対応していな

1 ファームウェア 02G9 を搭載した 34 nm シリーズのインテル® SSD ドライブでは、このファームウェアのバージョンは TRIM に対応していないので、0 と表示されます。

メモドライブが TRIM に対応していない場合、この機能のファームウェア・アップデートが利用可能か確認してください。
TRIM が有効になっているかどうか確認する方法は?

オペレーティング・システムで TRIM が有効になっているか確認できます。

  1. コマンドプロンプト 管理者 として開きます。

    1. スタート > すべてのプログラム > アクセサリー を選択します。
    2. コマンドプロンプト を右クリックし、管理者として実行 をクリックします。
  2. プロンプトに 「-」と入力 %root%:\>fsutil behavior query disabledeletenotify.

    例: C:\>fsutil behavior query disabledeletenotify

DisableDeleteNotify = 1 (Windows TRIM commands are disabled)
DisableDeleteNotify = 0 (Windows TRIM commands are enabled)