SATA SSD 上のインテル® SSD ツールボックスでセキュア消去を実行できない

ドキュメント

トラブルシューティング

000006312

2020/02/11

メモこの情報は、SATA コネクターインターフェイスを搭載した Windows * 7 システムおよび SSD にのみ適用されます。Windows * 8/8.1 * および Windows®10オペレーティング・システムは、SATA 接続 SSD 上のインテル®・ツールボックスを使用して、セキュアな消去機能をブロックします。

インテル® Ssd ツールボックスのユーザーガイド は、SSD データケーブルを接続して [更新] をクリックすると、セキュア消去を開始できることを示しています。

システム BIOS が AHCI に設定されている場合、次のエラーが発生する可能性があります。 ATA * セキュリティーが有効になっています。セキュリティーを無効にしないと、セキュア消去は実行できません。

この問題を解決するには、次のようにします。

  1. インテル®ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® RST) がインストールされていることを確認してください。
  2. Windows * 7 * の場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[実行] をクリックします。「Services.msc」と入力して、enterをクリックします。
  3. インテル®ラピッド・ストレージ・テクノロジーの設定を [自動 (遅延)] から [自動] に変更します。
  4. システムを再起動します。
  5. インテル SSD ツールボックスで安全な消去を実行してください。SSD を差し込むとリフレッシュ・レートが高速になります。