802.11n ワイヤレス・パフォーマンスの向上

ドキュメント

メンテナンス & パフォーマンス

000006042

2021/03/26

IEEE* 802.11n によるワイヤレス・パフォーマンスは、ネットワークのセットアップ、周辺ネットワークからの干渉、セキュリティーの実装、周波数 (2.40 GHz または 5 GHz)、オプション機能に対するワイヤレス・ルーターのサポートによって異なります。ワイヤレスのパフォーマンスに関するトラブルシューティングを行う場合は、以下のドキュメントを参照してください。

802.11n ネットワークのパフォーマンスを改善するための最初の手順は何ですか?

高度な 802.11n に関する情報を確認してください。

MIMO では、データの送受信に複数の空間チャネルを使用することで、使用されるアンテナの数と直接相関関係にあるデータ・スループットを増加させることができます。

チャネル・ボンディングは、クライアント・ルーターとワイヤレス・ルーターの両方でサポートされている必要があります。2 つのチャネルを使用すると、ワイヤレス接続で送信できる情報の量が増加します。2 レーンの高速道路が、1 レーンの高速道路よりも多くの車を収容できる方法に似ていいます。

インテルでは 5 GHz チャネル・ボンディングをお勧めします。お使いワイヤレス・ルーターは、推奨される方法でチャネル・ボンディングを実装するために 5 GHz (802.11a) をサポートする必要があります。

ルーターの製造元は、802.11n の異なるバージョンに対応しています。Ratified バージョンには、ガード間隔の短い、フレーム・アグリゲーションなどの機能がサポートされています。これらの機能に対応していなく、インテル® ワイヤレス・アダプターの最大レートを下げ、パフォーマンスを低下させることができます。Intel® Centrino® プロセッサー ・テクノロジーに接続するプログラムでは、ルーターのテストと検証を行います。