LGA115x ベースのインテル®プロセッサー・ファミリーのプロセッサー・インテグレーションの概要

ドキュメント

インストール & セットアップ

000005918

2020/01/30

次の概要とインストール手順は、インテル®ボックス版プロセッサーを搭載した、業界で認められたマザーボード、シャーシ、周辺機器を搭載した、ATX フォーム・ファクターの Pc を構築する専門能力のシステム・インテグレーターを対象としています。システムの統合を支援する技術情報が含まれています。

LGA115x ベースのインストールの詳細については、インテル®プロセッサーのインストール・センター を参照してください。
 

メモ

この統合のドキュメントでは、2つのインストールの類似性により、LGA1156 ベースのプロセッサーとファン・ヒートシンク、および LGA1155 ベースのプロセッサーとファン・シンクの両方のインストールを指しています。

プロセッサーの熱設計プロファイル (TDP) が同じであれば、2つのソケットで同じファン・ヒートシンクを使用できます。両方のソケットにおいて、ファン・ヒートシンクの取り付けは同じです。

LGA1156 および LGA1155 ベースのプロセッサーは、電気的、機械的、キーイング上の違いが原因でソケット間の互換性がないことに注意してください。LGA1156 ベースのプロセッサーを LGA1155 ソケットに取り付けようとした場合、またはその逆の場合に、プロセッサーとソケットのどちらかが損傷するおそれがあります。

    詳細 については、またはトピックをクリックしてください。

    プロシージャの処理

    マザーボードの処理
    1. ESD バッグからマザーボードを取り外します (該当する場合)。
    2. ソケット・ロード・レバーと荷重板が確実に保護されていることを確認します。この時点ではソケットを開かないでください。
    3. ソケット保護カバーが存在し、適切に保護されていることを確認します。ソケットの防護カバーを取り外さないでください。
    4. ソケットの接点に触れることはできません (下の図を参照してください)。

      Do not touch socket sensitive contacts

    ソケットの準備

    ソケットを開く

    1. フックを解除して、ロードレバーをオフにします。これによって、[保持] タブがクリアされます。
    2. ロードレバーを90度回転させると、約135度の位置になります。
    3. ロードプレートを約150度の位置に回転させます。

      Opening the socket

      メモロードレバーを開閉するときに、右側の親指で隅に圧力を適用します。それ以外の場合、レバーが戻り、接触が曲がります。

    ソケットの防護カバーの取り外し

    Removing the socket protective cover

    メモ垂直方向の取り外しをお勧めするのは、より高い力が必要なので、ソケットの接触を損傷するおそれがあります。
    1. カバーの制御を維持するには、防護カバーと削り残し人差し指の指の正面端に親指を置き、背面のグリップを持ちます。
    2. 防護カバーの正面を持ち上げてソケットから外します。人差し指を使って、背面のグリップを持ってカバーをコントロールします。
    3. 防護カバーをソケットから離して、電気接点に触れないように注意してください。
      注意
      損傷を避けるため、破損したソケットの接点を触れることはできません。

    接触の曲がりを検査

    ソケットの接点をさまざまな角度から点検して、損傷していないことを確認します。破損している場合は、マザーボードを使用しないでください。
    メモソケットまたはマザーボードが招くしていると思われる場合は、ソケットを検証する必要があります。

    次の5つのタイプの接触ダメージがあります (以下の表1は、考えられる原因と解決策を示しています)。

    1. 接触は自分自身を後退しています (図1を参照)。
    2. コンテンツは斜めに曲がります (図2を参照)。
    3. 接触は斜め横方向に曲がります (図3を参照)。
    4. 連絡先ヒントが曲がっています (図4を参照)。
    5. 連絡先ヒントが見つかりません (図4と同様)。
    図 1:連絡先は自分自身で曲がっている
    Contact is bent backwards upon itself
    図 2:接触が前進または下方向に曲がっている
    Contact is bent forward or downward
    図 3:連絡先が斜めに曲がっている
    Contact is bent sideways
    図 4:連絡先ヒントが曲がっているか、見つかりません
    Contact tip is bent up or missing


    表 1:接触原因と修正処置の曲がり

    故障タイプ考えられる原因是正措置の可能性
    1,5取り付けまたは取り外し中の CPU の傾斜

    グローブ/フィンガー snag

    Cpu が垂直に設置され、削除されていることを確認します。

    真空 wands は検討可能

    Cpu が基板エッジのみで保持されていることを確認します。

    1,5グローブ/フィンガー snag

    CPU コンデンサーのドラッグ

    パッケージが基板エッジのみで保持されていることを確認します。

    Cpu が持ち上げられ、垂直方向にのみ配置されることを確認します。

    真空 wands は検討可能

    2取り付けまたは取り外し中の CPU の傾斜

    インストール中または削除中に、複数の連絡先にわたって CPU をドラッグ

    インストール中または削除中に CPU が破棄されました

    ソケットにドロップされたソケット防護カバー

    パッケージが基板エッジのみで保持されていることを確認します。

    Cpu が持ち上げられ、垂直方向にのみ配置されることを確認します。

    真空 wands は検討可能

    3取り付けまたは取り外し中の CPU の傾斜

    複数の接触アレイにわたって CPU をドラッグ

    グローブ/フィンガー snag

    パッケージが基板エッジのみで保持されていることを確認します。

    Cpu がリフトされていて、垂直方向のみであることを確認します。

    真空 wands は検討可能

    4ソケット・サプライヤーの欠陥

    グローブ/フィンガー snag

    CPU コンデンサーのドラッグ

    マザーボードを製造に戻します。

    パッケージが基板エッジのみで保持されていることを確認します。

    Cpu がリフトされていて、垂直方向のみであることを確認します。

    真空 wands は検討可能

    ボックス版インテル®プロセッサーの取り付け

    プロセッサーの処理
    1. ボックス版プロセッサー・パッケージを開きます。
    2. プロセッサーの防護カバーが揃っており、適切に保護されていることを確認します。プロセッサーの防護カバーを取り外さないでください。
    3. プロセッサーに依存する連絡先は、インストール中にいつでも触れることはできません。

      DO NOT TOUCH PROCESSOR SENSITIVE CONTACTS

    プロセッサーの取り付け
    1. 基板エッジをつかんで、輸送メディアからプロセッサー・パッケージをリフトします。

      processor installation step 1

    2. プロセッサー・パッケージをスキャンして、異物が存在するかどうかをゴールド・パッドでチェックしてください。必要に応じて、柔らかいけばのない布とイソプロピルのアルコールを使用して、金色の汚れを取り除くことができます。
    3. ソケットの接続1インジケーターに合わせてプロセッサー上の接続1インジケーターを配置し、ソケット・ウォールに沿ってポストするプロセッサー・キー機能を確認します。

      processor installation step 3aprocessor installation step 3b

    4. プロセッサーを上面と底面に沿って親指と人差し指でつかみます。(オリエンテーションノッチには触れないでください)。ソケットは、指用の切り抜きを備えています (下図を参照)。
    5. ソケットを垂直にソケットに配置します (下の図を参照)。
      メモTilting またはその場所にシフトしてしまうと、ソケットの接点に損傷を与えることがあります。
      注意
      設置には真空ペンを使用しないでください。

      processor installation step 5

    6. パッケージがソケット本体内にあり、方向キーに適切に接続されていることを確認します。

      processor installation step 6

    7. ソケットを閉じます (下の図を参照してください)。
      1. 負荷プレートをゆっくりと下げます。
      2. レバーを下げると、荷重プレートの正面のネジキャップの下側にあることを確認します。
      3. 上の平板のコーナータブの下にレバーをラッチし、レバーの先端でマザーボードを破損しないように注意します。

        processor installation step 7a-c

    ファン・ヒートシンクの処理
    1. 損傷を防ぐために、prongs ダウンでサーマル・ソリューションを設定することは避けてください。
    2. サイドに設定するかファンをダウンさせるかを設定します。

      Fan heat sink handling step 2

    ファン・ヒートシンクの取り付け
    メモサーマル・ソリューションの統合手順については、シャーシ内のマザーボードで、ファスナーメカニズムに対応したマザーボードの下に適切なクリアランスを提供する必要があります。
    1. マザーボードをシャーシに取り付けます。
      メモボックス版インテル®プロセッサー搭載のサーマル・ソリューションは、事前に適用されたサーマル・インターフェイス・マテリアル (TIM) を使用しており、グリースは必要ありません。
      注意
      インストール中に、ヒートシンク上で TIM をタッチまたは妨害しないようにしてください。TIM が対応している場合は、カスタマーサポートにお問い合わせください。
    2. 包装からヒートシンクを取り外します。
    3. ヒートシンクを LGA115x ソケットに装着します。
    4. ファン・ヘッダーの近くにファン・ケーブルがあることを確認します。
    5. ファスナーを MB 貫通で配置します。
    6. 次の手順に従って、ファスナーがマザーボードに確実に取り付けられていることを確認します (以下の図を参照)。

      Fan heat sink installation step 6

      インスペクション1

      1. ケーブルがトラップされたり、ファスナーに干渉したりしないようにします。
      2. ファスナースロットがヒートシンクに対して垂直に向いていることを確認します (下の図を参照)。

        inspection step b

      作動するのは、次の図を参照してください。

      Actuate fasteners

      1. ヒートシンクを持っているときに、つまみを持ってファスナーキャップを押して、取り付けとロックを行います。
      2. 残りのファスナーで繰り返します。

      インスペクション 2 (画像を参照):

      inspection2

      1. ファスナーを引き、取り付けられていることを確認します。
      2. ファスナーキャップとベースを両方とも、バネとマザーボード、MB で確実にフラッシュします。
    7. ファン・ケーブルをボード CPU ヘッダーに接続します (下の図を参照)。

      Connect fan cable to Board CPU header
    8. ケーブルを接続してケーブルを確実に冷却し、ファンの動作を妨げないようにするか、ほかのコンポーネントに接続してください。

    ボックス版インテル・プロセッサーの取り外し

    ボックス版プロセッサーのファン・ヒートシンクの取り外し
    メモシステムに搭載されているプロセッサーやその他の電子部品を壊すことを避けるため、適切な静電気放電 (ESD) 対策 (グランド・ストラップ、手袋、ESD マット、その他の保護対策) を講じてください。

    ボックス版のプロセッサー・ファン・ヒートシンクをシステムから取り外すには、次の手順に従います (下の図を参照)。

    1. マザーボードヘッダーからファンケーブルを取り外します。
    2. ファスナーキャップ (1) counter クロック周波数を90°からロックされた位置まで旋回します。(ファスナーのロックを解除するには、flathead ドライバーを使用しなければならない場合があります)。
    3. ファスナーキャップを引き上げて取り外します。
    4. 緩やかな twisting 運動でヒートシンクを手動で取り外します。

      remove the boxed processor fan heat sink step 4a

      メモヒートシンクを再アセンブリするには、ヒートシンクに垂直なスロットを使用して、ファスナーキャップを元の位置にリセットします。ケーブル・マネジメント・クリップにケーブルを接続し直します。次に、組み立て指示に従います (下の図を参照してください)。

      remove the boxed processor fan heat sink step 4b

      メモプロセッサーからヒートシンクを取り外すたびに、ボックス版プロセッサーのファン・ヒートシンクに適切な熱伝達を行うために、サーマル・インターフェイス・マテリアルを交換する必要があります。
    プロセッサーの取り外し
    1. ソケットを開きます。
      1. ロードレバーをオフにします。
      2. ロードプレートを開きます。
    2. プロセッサー・パッケージを取り外し、上面と底面に沿っているか、または真空ペンを使用します。
    3. ソケットの接触を壊すことを避けるため、垂直運動でプロセッサー水平およびプロセッサーを取り外してください。

      Removing the processor step 3

    4. プロセッサーを専用に設計されたトレイまたは ESD 保持装置に配置して、ストレージを確保してください。ゴールド・土地に置かれている表を直接配置してはなりません。
    5. 組み立て LGA115x ソケットの防護カバー:
      1. LGA115x ソケットに45度の防護カバーを保管してください。
      2. まず、ヒンジ側で防護カバーを注意深く下げて、LGA115x ソケットの外側の壁に接続します。
        1. LGA115x ソケットの外側に防護カバーの保持機能を接続し、2本のコーナーをソケットの角に揃えます (このステップは、接触損傷の曲がりを避けるために重要です)。
        2. LGA115x ソケットをショルダーネジ側に取り付けるための防護カバーを下げてください。 
      3. 触覚検証を実行して、LGA115x ソケットに防護カバーが正しく取り付けられていることを確認します。
        • カバーを持ちながら、カバーと LGA115x ソケット内の遊びに合わせてゆっくりと並べます。

      Hold cover and move gently "side to side" to feel the play within the cover and the LGA115x Socket

    6. ソケット・ロード・プレートを閉じて、ロードレバーを活用してください。

      Close the socket load plate and engage the load lever