さまざまな Wi-Fi プロトコルとデータレート

ドキュメント

製品情報 & ドキュメント

000005725

2021/06/15

または トピックをクリックして詳細をご覧ください。

IEEE 802.11 Wi-Fi プロトコルの概要
プロトコル周波数チャネル幅Mimo最大データレート
(理論上)
802.11ax2.4GHz または 5GHz20、40、80、160MHzマルチユーザー (MU-MIMO)2.4 Gbps1
802.11ac wave25 GHz20、40、80、160MHzマルチユーザー (MU-MIMO)1.73 Gbps2
802.11ac wave15 GHz20、40、80MHzシングル・ユーザー (SU-MIMO)866.7 Mbps2
802.11n2.4 GHz または 5 GHz20、40MHzシングル・ユーザー (SU-MIMO)450 Mbps3
802.11g2.4 GHz20 MHzN/a54 Mbps
802.11a5 GHz20 MHzN/a54 Mbps
802.11b2.4 GHz20 MHzN/a11 Mbps
過去の 802.112.4 GHz20 MHzN/a2 Mbps
12 つの空間ストリーム (1024-QAM 変調付き)。
2 2 つの空間ストリーム (256-QAM 変調付き)。
3 3 つの空間ストリーム (64-QAM 変調付き)。
802.11ax (Wi-Fi 6)
  • 2.4 GHz および 5 GHz の両方をサポート
モード最大レートアンテナ送信 /
受け取り
1x1 20 MHz143 Mbps1 TX (送信、アップロード)
1 RX (受信、ダウンロード)
2x2 20 MHz287 Mbps2 TX
2 RX
1x1 40 MHz287 Mbps1 TX
RX 1
2x2 40 MHz574 Mbps2 TX
2 RX
1x1 80 MHz601 Mbps1 TX
RX 1
2x2 80 MHz1.2 Gbps2 TX
2 RX
1x1 160 MHz1.2 Gbps1 TX
RX 1
2x2 160 MHz2.4 Gbps2 TX
2 RX
802.11ac wave2
  • 2016 年 6 月に発表。
  • Wi-Fi クライアントの主な新機能:
    • マルチユーザー MIMO
    • 160 MHz チャネル
モード最大レートアンテナ送信 /
受け取り
1x1 40 MHz200 Mbps1 TX (送信、アップロード)
1 RX (受信、ダウンロード)
2x2 40 MHz400 Mbps2 TX
2 RX
1x1 80 MHz433 Mbps1 TX
RX 1
2x2 80 MHz866 Mbps2 TX
2 RX
1x1 160 MHz866 Mbps1 TX
RX 1
2x2 160 MHz1.73 Gbps2 TX
2 RX
802.11ac wave1
  • 2014年1月に発表。
  • データ速度は変調タイプと空間ストリーム数によって異なります。200 Mbps、400 Mbps、433 Mbps、600 Mbps、867 Mbps。以下の表を参照してください。
  • 5 GHz 周波数帯域の 24 の重複しない Unlicensed National Information Infrastructure (UNII) チャネル。
モード最大レートアンテナ送信 /
受け取り
1x1 40 MHz200 Mbps1 TX
RX 1
2x2 40 MHz400 Mbps2 TX
2 RX
1x1 80 MHz433 Mbps1 TX
RX 1
2x2 80 MHz866 Mbps2 TX
2 RX
802.11n
  • 各種変調タイプのデータ速度: 1, 2, 5.5, 6, 9, 11, 12, 18, 24, 36, 48, 54 Mbps (以下の表を参照)
  • MIMO (Multiple-Input/Multiple-Output) および CB (Channel Bonding: チャネル・ボンディング) を使用した OFDM (Orthogonal Frequency-Division Multiplexing: 直交周波数分割多重方式)
  • 2.4 GHz ISM (Industrial, Scientific, Medical) 周波数帯域の重複しない 3 つのチャネル
  • 5 GHz 周波数帯域の 12 の重複しない UNII (Unlicensed National Information Infrastructure) チャネル (CB 使用と CB 非対応)
メモ2.4 GHz 帯域で利用可能な重複しないチャネル数には制限があるため、5 GHz ではチャネル・ボンディングを使用することをお勧めします。
モード最大レートアンテナ送信 /
受け取り
1x1 20 MHz72.2 Mbps1 TX
RX 1
1x1 40 MHz150 Mbps1 TX
RX 1
2x2 20 MHz144.4 Mbps2 TX
2 RX
2x2 40 MHz300 Mbps2 TX
2 RX
3x3 (20 MHz)216.7 Mbps3 TX
3 RX
3x3 40 MHz450 Mbps3 TX
3 RX
802.11g
  • 2003年に発表。
  • 各種変調タイプのデータ速度: 6, 9, 12, 18, 24, 36, 48 および 54 Mbps;DSSS および CCK を使用して 1、2、5.5、および 11 Mbps に戻す場合があります。
  • 52 のサブキャリア・チャネルを持つ OFDM (Orthogonal Frequency-Division Multiplexing: 直交周波数分割多重方式)DSSS および CCK を使用して 802.11b と後方互換性があります。
  • 2.4 GHz ISM (Industrial, Scientific, Medical) 周波数帯域の重複しない 3 つのチャネル。
802.11a
  • 1999 年に発表。
  • 各種変調タイプのデータ速度: 6, 9, 12, 18, 24, 36, 48 および 54 Mbps。
  • 52 のサブキャリア・チャネルを持つ OFDM (Orthogonal Frequency-Division Multiplexing: 直交周波数分割多重方式)
  • 5 GHz 周波数帯域の 12 の重複しない Unlicensed National Information Infrastructure (UNII) チャネル。
802.11b
  • 1999 年に発表。
  • 各種変調タイプのデータ速度: 1, 2, 5.5 および 11 Mbps。
  • HR-DSSS (High-Rate Direct-Sequence Spread Spectrum)
  • 2.4 GHz ISM (Industrial, Scientific, Medical) 周波数帯域の重複しない 3 つのチャネル。
過去の 802.11
  • 1997 年に発表。
  • 2 つのローデータ速度 (1 Mbps および 2 Mbps)。
  • FHSS (Frequency Hopping Spread Spectrum) または直接拡散スペクトラム (DSSS)
  • 2.4 GHz ISM (Industrial, Scientific, Medical) 周波数帯域の重複しない 3 つのチャネル。
  • 元々は CSMA-CA (Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance) と定義されています。