インテル®グラフィックス・コントロール・パネルで画面の回転を使用

ドキュメント

製品情報 & ドキュメント

000005491

2019/02/16

この記事は、インテル®グラフィックス・グラフィックス・コントロール・パネルに回転する、インテル®・グラフィックス・ドライバーすべてに適用されます。第6世代の製品から始まる、最新のインテル・グラフィックス・コントロール・パネルから、回転機能とホットキーが削除されました。インテルのグラフィックス・コントロール・パネルに回転が表示されていない場合、回転コントロールにアクセスしたい場合は、OS のディスプレイ設定で、「方向」と呼ばれるようになります。

インテル®・グラフィックス・ドライバーの回転機能により、ユーザーはモニターまたはディスプレイの画像全体を4つの方向のいずれかに回転させることができます。画像は、90°、180°、270度、0° (通常) に回転させることができます。

メモこの機能がコンピューターの製造元で無効になっている場合は、回転機能を利用できないことがあります。

次の手順では、回転機能の使用方法について説明します。まず、システムで現在構成されているインテル®グラフィックス・コントロール・パネルのバージョンを選択します。

詳細 については、またはトピックをクリックしてください。

インテル® HD グラフィックス・コントロール・パネル
  1. Ctrl + Alt + F12キーを押して、インテル®グラフィックス・コントロール・パネルを開きます。
  2. [ディスプレイ] を選択します。
  3. 回転0、90、180、または 270に変更します。
  4. [適用] を選択します。

Intel® Graphics Control Panel
図 1:インテル® HD グラフィックス・コントロール・パネルに表示される回転オプション

インテル®グラフィックスとメディア・コントロール・パネル
  1. Ctrl + Alt + F12キーを押して、インテル®グラフィックス・コントロール・パネルを開きます。
  2. [ディスプレイ ≫ [全般設定] タブに移動します。
  3. 回転」ドロップダウンから希望する回転レベルを選択します。
  4. [適用 > OK]を選択します。

Intel® Graphics and Media Control Panel
図 2:インテル®グラフィックスおよびメディア・コントロール・パネルに表示される回転オプション

インテル®グラフィックス・メディア・アクセラレーター・ドライバー
  1. Ctrl + Alt + F12キーを押して、インテル®グラフィックス・コントロール・パネルを開きます。
  2. [ディスプレイ設定] タブに移動します。
  3. [回転を有効にする] チェックボックスをオンにします。
  4. 必要な回転レベルのラジオボタンを選択します。
  5. [適用 > OK]を選択します。

Intel® Graphics Media Accelerator Driver
図 3:インテル®グラフィックス・メディア・アクセラレーター・ドライバーでの回転オプション

または、-
ホットキーの方法インテル®グラフィックス・コントロール・パネルのすべてのバージョンは、ホットキーをサポートします。これらのキーを押すと、インテル®グラフィックス・コントロール・パネルを表示せずに、画面を自動的に回転させることができます。デフォルトでは、回転のショートカット・キーは次のとおりです。
  • 0度 (標準/垂直): Ctrl + Alt + ↑
  • 90度 (時計回りに4分の 1): Ctrl + Alt + 右向き矢印
  • 180度 (上下逆さま): Ctrl + Alt + 下矢印
  • 270度 (1/4 回転、反時計回り): Ctrl + Alt + ←
メモこれらのホットキーは、必要に応じて、インテル®グラフィックス・コントロール・パネルにあるホットキー・マネージャーを使用して変更することができます。
 
関連トピック
Microsoft®ストアからのインストール後に、インテル®グラフィックス・コントロール・パネルを起動できない