使用中のプロセッサーはインテル® バーチャライゼーション・テクノロジーに対応していますか?

ドキュメント

互換性

000005486

2020/01/25

インテル® バーチャライゼーション・テクノロジーは複数の作業負荷が共通のリソースセットを共有できるようにするハードウェアを抽象化します。共有仮想化ハードウェアでは、さまざまなワークロードを相互に完全分離しながら共存させ、インフラ・ストラクチャー間にて自由に移行し、必要に応じて拡張できます。

インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー には次の要素を備えたコンピューターシステムが必要です。詳細については、各システムベンダーにお問い合わせください。

  • プロセッサー
  • チップセット
  • BIOS
  • オペレーティング・システム
  • デバイスドライバー

以下はインテル® バーチャライゼーション・テクノロジーをサポートする、すべてのインテル® プロセッサーのリストです

お使いのインテル® プロセッサーがインテル® バーチャライゼーション・テクノロジーに対応しているか確認するには、以下のいくつかの方法を使用してください。

Q: インテル・プロセッサーがインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-x) をサポートしているかどうかを確認するにはどのようにすれば良いですか?

  1. インテル® プロセッサーを識別します。インテル® プロセッサーを識別する方法を参照するには?
    • Windows キーと S キーを同時に押します。Windows + S
    • 「system Information」と入力します。
    • また、 Windows キーをクリックすることでWindows キー、システム情報の入力を開始できます。
    • [プロセッサー] に記載されている、プロセッサー・ナンバーを書き留めます。
  2. 製品仕様サイト (ark.intel.com) にアクセスしてください。右側にある検索ボックスにプロセッサー・ナンバーを入力します。
  3. プロセッサー製品ページの [高度なテクノロジ-] で、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (Vt-x) がサポートされていることを確認します。

    インテル® Core™ i7-8700K プロセッサーの場合:

    • 検索ボックスにプロセッサー・ナンバーを入力します。
    • プロセッサー製品ページの [高度なテクノロジ-] で [インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (Vt-x)] フィールドを探します。

    検索ボックス

    [高度なテクノロジー] のリスト

    Q: インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-x) を有効または無効にするにはどうすれば良いですか?

    VT-x をサポートするインテル® プロセッサーおよび VT-x をサポートする BIOS を使用することで、BIOS で VT-x を有効または無効にできます。BIOS にてオプションが利用できない場合の正確な手順についてはマザーボードのベンダーにお問い合わせださい。

    Q: 私のプロセッサーはインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-x) をサポートしていますが BIOS で有効にできません。

    プロセッサーが VT-x をサポートしているが BIOS で有効または無効にするオプションが利用可能な場合、マザーボードのベンダーに連絡してそのオプションを有効にする方法をご確認ください。

    Q: システムにてインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-x) が有効か無効かを確認するにはどうすれば良いですか?

    お客様は インテル® プロセッサー識別ユーティリティーを使用することで、システムがインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー に対応しているかどうかを確認できます。

    ツールを使用して [CPU Technologies] タブを選択します。インテル® バーチャライゼーション・テクノロジーのオプションがチェックされているかどうかを確認します。

    以下はインテル® バーチャライゼーション が利用可能であることを示す例です。

    インテル・バーチャライゼーションが利用可能です

    以下はインテル® バーチャライゼーションが利用不可能であることを示す例です。

    インテル・バーチャライゼーションは利用不可能です

    インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー がツールでチェックされていない場合、プロセッサーがインテル® バーチャライゼーション・テクノロジーをサポートしている可能性がありますが、ハイパーバイザーを使用する一部のソフトウェアで既に使用されています。その場合は、タスク・マネージャーを使用して状況を確認することもできます。

    以下はタスク・マネージャーを使用してインテル® バーチャライゼーションが有効になっていることを示す例です。

    インテル・バーチャライゼーションはタスク・マネージャーを使用することで有効化されます

    次の表を使用することで、プロセッサーがインテル® バーチャライゼーションをサポートしているか、無効になっているか、および追加情報を確認できます。

    インテル® プロセッサー識別ユーティリティー タスク・マネージャー 監視
    インテル® バーチャライゼーションは確認済です。 仮想化が有効です インテル® バーチャライゼーションが有効にて使用可能です。
    インテル® バーチャライゼーションは確認済です。 仮想化が無効です インテル® バーチャライゼーションは BIOS にて無効です。
    インテル® バーチャライゼーションは未確認です。 仮想化が有効です インテル® バーチャライゼーションは有効ですがマシン上で他のソフトウェアにて使用されています。
    インテル® バーチャライゼーションは未確認です。 仮想化が無効です インテル® バーチャライゼーションはプロセッサーでサポートされていません。

    Q: インテル・プロセッサーがインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-x) をサポートしている場合、チップセット、OS、ドライバーもサポートしている必要がありますか?

    インテル® VT-x サポートではプロセッサーと BIOS の両方がサポートする必要があります。ただし、 VT-d (Virtualization Trusted I / O も必要な場合は、BIOS、チップセット、およびプロセッサーもサポートする必要があります。

    Q: BIOS オプションがない場合にてインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-x) を無効にするにはどうすれば良いですか?

    VT-x をサポートするインテル® プロセッサーおよび VT-x をサポートする BIOS を使用することで、BIOS で VT-x を有効または無効にできます。BIOS でオプションが利用できない場合の正確な手順については、マザーボードのベンダーにお問い合わせください