固有のニーズにも対応できるストレージ・ソリューション

小規模ビジネスオーナーが抱えるストレージにまつわる課題

中小規模ビジネスでは大量のデータを保存する必要があります。データは、ビデオや、写真、注文書、領収書、在庫、報告書、記事、Web ページへのリンクなど、さまざまです。場合によっては、監視カメラ映像のデータもあります。多くの小規模ビジネスは、ストレージへのニーズに応える方法としてクラウドストレージに注目しはじめています。クラウドストレージを導入すれば、小規模ビジネスオーナーが自社データへアクセス、共有、保護する手法が改善されます。特にオンサイト・テクノロジーのリソースを管理する能力や要求があまりない企業では、その効果が顕著です。クラウドへのデータ移動にはセキュリティー面 (データ侵害への脆弱性) から可用性の側面まで一定の懸念があることは事実です。しかし、クラウドストレージには、思い切って導入する小規模ビジネスが後を絶たないほどコストや利便性の面でのメリットがあります。

インテル® ストレージ・ソリューション搭載のクラウドストレージを選択しても、インテル® ストレージ・ソリューション・アーキテクチャーを自前で実装しても、インテルのテクノロジーならデジタルライフがよりシンプルになり、いつでもどこでもどんなデバイスからでも重要なデータにアクセスできるようになります。

ハイブリッド・クラウド – ネットワーク接続型ストレージ

ハイブリッド・クラウドでは、ほとんどのアクティブデータをオンプレミスのローカル・ネットワーク内に保ち、あまり使われていないデータをクラウドベースのストレージに移行して必要なときに読み出すことで、パフォーマンスが大幅に向上します。インテルのハイブリッド・クラウド用ストレージ・ソリューションは、プライベート・クラウドとパブリック・クラウドの良い点を兼ね備えたストレージ・ソリューションであり、中小規模ビジネスにとって最高の選択肢となります。

  • プライベート・オンサイト・ストレージとセキュリティー機能
  • 冗長電源と冗長ネットワーク・コネクティビティーによる高可用性
  • あらゆるコンピューティング・システムのバックアップと復旧
  • データ暗号化
  • データ保護機能、ドライブ冗長性、障害復旧 (RAID 5/6)

ビデオ・サーベイランス

いまや、ビデオ監視装置は大企業だけのものではありません。今日では、中小規模ビジネス経営者や個人ユーザー向けにさまざまな種類のデジタルビデオ監視装置が用意されています。カメラ装置もライブ監視も、ビデオ監視ソリューションの一部に過ぎません。それだけでなく、ビデオ再生や自動通知機能、後日使用するためのビデオアーカイブ機能へのニーズも高まっています。ビデオ監視用ネットワーク接続型ストレージ (NAS) ソリューションにインテル® テクノロジーを使えば、お使いの環境をカスタマイズして個人ユーザーやビジネスユーザーのニーズに対応できます。このソリューションの主な機能:

  • HD ビデオをネットワーク越しに PC モニタリング・ステーションにストリーミング
  • 分析データと過去のビデオコンテンツを表示
  • Closed-Circuit テレビ (CCTV) カメラを DVR に接続
  • ビデオコンテンツを NAS に移動して最新の監視ビデオコンテンツのために空き容量を確保
  • NAS から監視アプリケーションを実行して IP カメラでビデオを録画
  • データ分析の実行と通知の発信、古いコンテンツをクラウドストレージにアーカイブ