クラウド・コンピューティング

インテル® Stratix®、Arria®、Cyclone®、MAX® シリーズの各デバイスは、サーバーシステム設計者にとって極めて有用な存在です。これらのプラットフォームにより、低コストで迅速かつ効率的なアプリケーションの開発が可能になります。ネットワークおよびファブリック I/O、データ暗号化、システム管理、ベースボード管理制御などのサーバー・アプリケーションでは、インテル® FPGA の利点が得られます。FPGA により、サーバー市場向けのスケーラブルで最適化された独自のソリューションを作成できます。

検索

クラウド環境にデータセンターを展開することで、検索機能が急速に進化しています。新しいクラウドベースのアーキテクチャーと急速に変化するワークロードにより、柔軟かつスケーラブルなアプリケーションの開発能力が要求されています。設計者は、FPGA によって検索アルゴリズムを絶えず最適化・精緻化できます。このアクセラレーションは、次に示す 2 種類の最新トレンドに関する機能の向上を実現します。

  • 垂直市場をクラウドサービスのターゲットにする「垂直化」
  • データを複数のソースから収集、編集、および分析し、セグメントにブレークアウトする非集計型データ

FPGA は、ハッシュやルックアップ・テーブルなどの機能を容易に実装できる柔軟性を備えているため、検索機能に優れています。 例えば、インテル® Arria® 10 FPGA のハード浮動小数点演算機能はこのアクセラレーションに不可欠です。

FPGA は、柔軟性に富む、リコンフィグレーション可能な多目的型アクセラレーション・デバイスです。データセンターでは、優れた消費電力当たり性能、暗号化、圧縮、分析を実現するインテル® Xeon プロセッサーを利用することで、検索、インテリジェント NIC 機能、マシンラーニング・スコアリング・アクセラレーションなど、さまざまな機能を実行できます。大規模データセンター事業では、共通のハードウェアを導入し、1 種類のサーバー・コンフィグレーションを使って、ワークロードを柔軟に展開することが好まれます。コンフィグレーションに FPGA を含めると、データセンターの事業者はハードウェアを変更せずにサーバー機能を調整するオプションを手に入れることができます。

ビッグデータ

コンピューター・ネットワークのトラフィック、データフィード、センサーデータ、イベントストリーム処理 (ESP) などのデータストリームには、大量の複雑なデータセットが関わります。このデータを処理するために、いくつかの新しいアプリケーションが発展してきました。例えば、オープンソースの Hadoop* フレームワークは、数千のシステムを同時に利用してデータ処理を高速化できます。別のオープンソース・フレームワークである Apache Spark* は、Apache Hadoop* 対応のデータ・プロセシング・エンジンです。しかし、これらのツールはプロセッサーを多用するため、今度は CPU がボトルネックとなる可能性が生じます。FPGA を使用すると、データセンターはこれらの個別アプリケーションをハードウェア・レベルで実装し、システムのワット当たり性能を大幅に向上させることができます。

コンピューター・ネットワークのトラフィック、データフィード、センサーデータ、イベントストリーム処理 (ESP) などのデータストリームには、大量の複雑なデータセットが関わります。このデータを処理するために、いくつかの新しいアプリケーションが発展してきました。例えば、オープンソースの Hadoop* フレームワークは、数千のシステムを同時に利用してデータ処理を高速化できます。別のオープンソース・フレームワークである Apache Spark* は、Apache Hadoop* 対応のデータ・プロセシング・エンジンです。しかし、これらのツールはプロセッサーを多用するため、今度は CPU がボトルネックとなる可能性が生じます。FPGA を使用すると、データセンターはこれらの個別アプリケーションをハードウェア・レベルで実装し、システムのワット当たり性能を大幅に向上させることができます。

今日の CPU はコア数がますます増えるような進歩を遂げていますが、外部メモリーに与えられる帯域幅はマルチコア・コンピューティング・パワーと同じペースでは増えていません。インテル® FPGA は、圧縮、フィルタリング、および重複排除機能を提供することで、CPU によるデータアクセスのボトルネックを緩和できます。FPGA はデータの圧縮効率を向上させることもできます。例えば、Hadoop* は単一サーバーに結果を戻すときの「シャッフル」フェーズを高速化しています。FPGA は、Spark* でもデータ・ストリーミング、実データ、予測データ、シャッフルフェーズ圧縮、およびその他の機能を高速化できる利点を持っています。

インテル® FPGA を使用することで、新しいデータ・インスタンスのクラスや値の予測といったリアルタイム分析を実行できます。また、ストレージのデータをフィルタリングすることも可能です。このようなアプリケーションでは、1 つ以上の FPGA を使うことで複雑なデータ・プロセシングを効果的に高速化します。

コンピューターおよびストレージの参照リンク

関連情報

アプリケーション別ソリューションを活用し、デザインの課題を解決する方法を紹介します。

すべてのアプリケーションを見る

重要なワークロードの高速化を可能にし、規格の進化または要件の変更への適応を支援するカスタマイズ可能なデバイスです。

すべてのデバイスを見る