フライトチーム

92 カ国からアスリートが集結した 2018年平昌大会開会式で、インテルのギネス記録を塗り替える数のドローンがオリンピック精神を称える壮大な光のショー1 を行い、この様子は世界中で放映されました。

平昌上空に広がるオープニング・ライト・ショー

開会式は伝統的に聖火台への点火で始まります。これは統一と進歩のシンボルです。このシンボルが上空へと拡張され、1,200 機を超えるインテル® Shooting Star™ ドローン2 が第 23 回オリンピック冬季競技大会の開会を盛り上げます。

オリンピックにおけるインテル

インテルは、第 23 回オリンピック冬季競技大会の公式ワールドワイド・パートナーとして数百万人もの人々に新しいテクノロジーとイノベーションを届けました。

オリンピック・ファンは、仮想現実でのアクション、5G での接続、ドローン群の驚異、新たな国際舞台での e スポーツを体験しました。

詳しくはこちら

インテル® True VR によって、お茶の間がオリンピック競技大会の特等席になりました。

詳しくはこちら

インテル® テクノロジー搭載 5G が導入された 2018年平昌オリンピック冬季競技大会で、接続に関するインテルのビジョンを共有しました。

新たなチャンピオンが誕生しました。インテル® Extreme Masters の StarCraft® II から Steep™: Road to The Olympics まで、インテルが韓国に e スポーツを届けました。

詳しくはこちら

その他のドローン・ライト・ショーを体験

インテル® Shooting Star™ ドローンは、ロサンゼルスのスカイラインのはるか上空を飛行したり、Vivid Sydney で港にアートを作り出すなど、世界を旅しています。

詳しくはこちら

インテル® Falcon™ 8+ ドローンが平昌上空から届ける壮大なビデオ映像

国際オリンピック委員会はインテルと連携して、オリンピックの舞台裏を映し出す驚きのビデオを制作しました。映画撮影レベルのカメラを装備し耐久性に優れたインテル® Falcon™ 8+ ドローンは、平昌の激しい風や過酷な気候条件での撮影に最適です。世界中のオリンピック・ファンがその映像に目を奪われるでしょう。鮮明な風景や刺激的な航空映像など、第 23 回オリンピック冬季競技大会をユニークな視点から映し出します。

ドローンの事例紹介

インテルのドローン・テクノロジーが、変化し続ける気候と、それにより大きな影響を受ける野生生物の研究方法に変革をもたらしています。

詳しくはこちら

インテル® Shooting Star™ ドローンは、ハリウッドのスタジオがホームメディア発売を祝して、ロサンゼルスのスカイライン上空で行った 300 機のドローンによる光のショーに使用されました。

詳しくはこちら

免責事項

1 インテルのドローンロゴはオープニング・セレモニーの一部ではありません。
2

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、https://www.intel.co.jp/ を参照してください。