史上最大の VR スポーツイベントへ向け、システムをテスト構築

2018年平昌オリンピック冬季競技大会を 360 度立体仮想現実で捕えたスタッフチームと、その名場面の裏側を覗いてみましょう。

世界中の人々が休日を楽しんでいる間、ある技術エンジニアのチームは、厳しい冬の天候やタイトな期限に立ち向かい、第 23 回オリンピック冬季競技大会を仮想現実 (VR) で放送する準備をしていました。

世界中の放送局が 30 以上のオリンピック・イベントを生放送またはオンデマンドの VR で放送できるのは、今回が初めてのことです。これにより、ファンや視聴者は今までにない近さで競技を見ることができます。米国では、この VR コンテンツを、NBC のオリンピック放送の一部として、NBC Sports VR アプリで視聴できるようになっています。

これは史上最大の VR スポーツイベントになります。

True VR の考案者で、インテルのスポーツ関連の最高技術責任者でもある Sankar (Jay) Jayaram は、次のように語っています。「これはかなり大変なことです。

全世界が見ているのです。トーチが点火され、開会式の音楽が始まるときには、すべての準備ができていなければなりません」

このチームは 12月初旬を平昌 (韓国) の現地で過ごし、システムのテスト構築を行いました。これは、平昌オリンピック冬季競技大会に向けて初めてとなる本番さながらの VR リハーサルでもありました。

気温が低い上、風によって体感温度が零下 20 度にまで冷え込む中、チームは団結して機器のテストを行い、2月9日の 2018年平昌大会の開幕時には、すべてのシステムが準備万端であることを確認しました。

機器の組み立て

実際の構築作業のうち大部分は、VR 放送用ビデオのバックエンド処理を行うサーバーの収集でした。チームは米国から送ったサーバーを平昌の放送センターで立ち上げ、稼動させました。

「放送センターの準備ができているかどうか分からなかったので、すべてのサーバーを停止状態にして、倉庫に入れる予定でした」と、インテル® True VR の実装マネージャーである Blake Rowe は言います。

しかし、予定より早く放送センターが完成したことで、チームがテスト構築用に組み立てたものは、すべてそのままの状態で残せることになりました。これにより、チームが戻ってきたときの貴重な時間を節約できたのです。

インテル® True VR チームは、9 カ所のオリンピック会場で演技を捕える複数のカメラポッドをセットアップしました。

各ポッドから送信される 1 時間当たり 1 テラバイトを超える、気が遠くなるほど大量のビデオデータは、その後、光ファイバーケーブルで技術処理センターに転送され、そこで視聴者が目にする 360 度の 3D 立体映像に変換されます。

「すべてのインフラストラクチャーを準備万端のまま、自分たちのスペースに残すことができました。そのため、1月に平昌に戻ったときには、元々すべてをセットアップし直すために予定していた 2 日間が不要になります。中断したところからすぐに再開できるのが本当に楽しみです」(Rowe)

グローバル・ネットワークのテスト

テスト構築の主な目的の 1 つは、インテル® True VR のグローバル配信ネットワークの評価でした。世界中のほぼすべての国が、少なくともいくつかのイベントには声援を送りたいと望んでいるため、チームは信号を地球の隅々まで高い信頼性で確実に到達できるようにする必要があったのです。

「平昌からシンガポールへのビデオ配信をテストし、その後、シンガポールから世界中にわたる配信をテストしました。ストリームを視聴してテストを実行するチームを、インド、カリフォルニア、スペインに配置していました」(Rowe)

信号は世界中の計 10 カ所の地域に送信され、すべてのテストを見事にクリアしました。

「実際にグローバルな観点から調査し、それによってセットアップを検証しました。最終的に、非常に良い結果が出ています」(Rowe)

会場の視察

平昌に行ってテスト構築を行う利点の 1 つは、チームのメンバーが現地を直に見ることができるという点でした。これによって、インテル® True VR カメラポッドのセットアップを調整できました。ポッドの設置場所は当初、遠く離れた場所で、オリンピック組織委員会から送られた会場の見取り図に基づいて選択されていたのです。

「最も意外だったのは、新しく見つけたホッケー用のカメラ位置でした」と Rowe は言います。ポッドは両チームのベンチのちょうど中間に配置します。これにより、どちらのベンチに座った場合の眺めも見ることができ、ラインチェンジの間、氷の上や外でジャンプするプレイヤーを見ることもできます。

「視聴者はまさに舞台の上、アナウンサーよりも近い場所にいることになります」(Rowe)

バイアスロンやクロスカントリー・スキーで集団内の独特な視点となる新しいカメラ位置もいくつか発見しました。

「単に放送から得られる体験ではなく、実際に会場にいなければ得られない体験を目的としています。そのため、そのような視点から、つまり、自宅にいながら現地にいるかのように感じることのできるカメラ位置を考えながら、取り組んでいます」と Rowe は説明します。

続く作業

平昌および周辺地域のオリンピック冬季競技大会への準備を完了するため、残る作業も大急ぎで継続されました。オリンピック会場の通信用配線は月末の完了が予定されていたことから、テスト構築中は会場から放送センターまでの信号の送信プロセスをシミュレーションする必要がありました。

つまり、インテル® True VR チームが戻ってくるまで、一部の長距離ファイバーのテストは実施されないということです。

「担当者はかなりハードに働くことになります。対象となる範囲があまりにも広大なのです」(Rowe)

ファイバーケーブルの最長距離は、ダウンヒル競技会場から放送センターまでの 61.5 マイル (99 km) です。最短は、リュージュ、ボブスレー、スケルトンが開催されるソリ競技会場と放送センターを接続するファイバーケーブルで、1.2 マイル (2 km) です。

ファイバー・ネットワーク関連の作業を継続する間も、テスト構築によってチームは有益な情報を入手できました。インテル® True VR チームは、2月9日の開会式の 2 週間前に韓国に戻り、この歴史的な VR イベントを成功させるため、39 名のチームメンバーが現地に行き、2018年平昌オリンピック冬季競技大会を世界に届ける、というよりむしろ、世界中の人々をこのオリンピック冬季競技大会に仮想的に招待することになりました。

関連資料

インテルとスポーツ

インテルはファンに素晴らしい体験を提供できるよう尽力しています。インテルが提供する没入型のメディア・テクノロジーなら、ほかでは体験できない方法で最高レベルのスポーツを観戦および体験できます。

インテルとスポーツの記事を読む

体験を支えるテクノロジー

高性能カメラ、コンピューティング能力、ソフトウェア・アルゴリズムを使用するインテル® True View およびインテル® True VR なら、ファンは新たな方法でスポーツを観戦し体験することができます。

テクノロジーの詳細

対戦シーンを体験

NFL、NBA、LaLiga などは、インテル® テクノロジー、インテル® True View およびインテル® True VR を使用して、よりインタラクティブでパーソナライズされた体験をファンのさまざまなデバイスに配信しています。

詳しくはこちら