データセンターに最適なリモート制御機能

使用中のハードウェアに変更を加えることなくデータセンター・ハードウェアの診断とトラブルシューティングを実行します。

インテル® Virtual Gateway (以前の名称: インテル® Virtual KVM)

インテル® Virtual Gateway は、データセンター・ハードウェアの状態の診断、トラブルシューティング、およびモニタリングに使用されるクロスプラットフォームの仮想キーボード/ビデオ/マウスです。ファームウェア・ベースの機能がサーバーに直接組み込まれているインテル® Virtual Gateway では、複雑で高価な KVM インフラストラクチャーを導入する必要性がなくなります。

データセンターに最適なリモート制御機能

インテル® Virtual Gateway は、高いコストがかかる KVM インフラストラクチャーの必要性を排除し、各種プラットフォームと OEM で等しく機能する汎用リモート機能です。

リアルタイムの可視性および制御

リモートアクセス、サブシステム監視、自動化された状態アラート、リモートのオン/オフ制御が一目でわかる一元化されたダッシュボード。どこからでも、同じ画面で 1 つまたは複数のユニットおよびサブシステムをリアルタイムで表示し、リモートにオン/オフを切り替えることができます。

自動化された状態監視とアラート機能

時間のかかるサーバーの手動チェックを排除。ゆっくりランチが楽しめます。

インバンド通信とアウトバンド通信があらゆるデバイスに対応

稼働中かどうかを問わず、いずれかのチャネル経由でデバイスと通信して、どのベンダーのデバイスやシステムとも相互運用が可能です。

単一のインターフェイスからコントロール

1 つのシンプルなインターフェイスで、複数のサーバー、ブレード、およびストレージ・デバイス・ベンダーにわたる管理ツールにアクセスできます。

 

ソフトウェア開発キットを試す

評価ライセンスをリクエストしてください。

SDK を試す

インテル® Virtual Gateway の詳細情報

関連ビデオ