インテル® FPGA SDK for OpenCL™ ソフトウェア・テクノロジー

概要

インテル® FPGA SDK for OpenCL™ ソフトウェア・テクノロジー1 は、ソフトウェア開発者によるインテルの CPU と FPGA を使用したヘテロジニアス・プラットフォームをターゲットにしたアプリケーションのアクセラレーションを可能にする開発環境です。この環境は、インテル最新のソフトウェア開発フレームワークおよびコンパイラー・テクノロジーと、革新的なインテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェアを組み合わせることで、FPGA の詳細を抽象化しつつ、最適化された結果をもたらす次世代開発環境を実現します。インテル® FPGA SDK for OpenCL™ ソフトウェア・テクノロジーによって、FPGA 独自の機能を活用して、優れた電力効率と低レイテンシーによりパフォーマンスを向上できます。

機能

20.1 の新機能

インテル® FPGA SDK for OpenCL™ ソフトウェア・テクノロジー v20.1 には、パフォーマンスと生産性を向上する重要な強化機能が含まれています。

直感的に使いやすい開発環境

  • インテル® VTune 解析によるダイナミック・プロファイリング。
  • エリア利用とパディングが改善され、2 の累乗ではない深度のローカルメモリーの使用量を削減します。

パフォーマンス要件への適合

  • レポートおよびプラグマの追加機能により、ループ・フュージョンを細かく調整できるようになりました。複数のループを一つのループにマージすることで、スループットを改善し、エリアを削減できます。
  • ストール・イネーブル・クラスター・プラグマを有効にすることでFIFO のインスタンス化と関数間のレイテンシーを削減して、ローカルメモリー使用量を削減します。

スタートガイド

FAQ

OpenCL™ 規格は、ヘテロジニアス・システムにおけるアルゴリズムの高速化を実現する、業界初のオープンかつロイヤルティー・フリーの統合プログラミング・モデルです。OpenCL™ アプリケーションでは、C ベースのプログラミング言語を使用して、CPU、GPU、FPGA をはじめとする各種プラットフォームで実行可能なコードを開発できます。OpenCL™ アプリケーションの主な利点は、ロイヤルティー・フリーの移植可能なオープン・スタンダードであり、この点が独自規格に基づくプログラミング・モデルとの最大の差別化要因にもなっています。OpenCL™ 規格は、ソフトウェア・エンジニアにとってはプログラミング・モデルであり、システム・アーキテクトにとってはメソドロジーです。OpenCL™ は、標準 ANSI C (C99) をベースとして並列化を実現するために拡張したものです。OpenCL™ プラットフォームには、ホスティングされているシステムのハードウェア・アクセラレーターとホストが通信するか (従来は PCI Express* を経由)、ホストの介在なしに複数のカーネル間で通信するための API も含まれています。インテル® FPGA SDK for OpenCL™ ソフトウェア・テクノロジーは、10 GB イーサネットなどのストリーミング I/O インターフェイスからカーネルにデータを直接ストリーミングするためのベンダー拡張機能、I/O、ホストチャネル API を提供します。

インテル® FPGA SDK for OpenCL™ ソフトウェア・テクノロジーを使用したアプリケーションの作成と実行には、インテルまたはパートナー提供の BSP を使用するか、独自の BSP を作成する必要があります (「スタートガイド」セクションにあるリンクを参照)。ボード・サポート・パッケージ (BSP) は、アプリケーション・ソフトウェア・スタックの最下層となるライブラリーとドライバーのセットです。ソフトウェア・アプリケーションを作成する際には、該当するソフトウェア・プラットフォームにリンクするか、またはそのプラットフォーム上で実行する必要があります。

リファレンス BSP を見つけるには、「スタートガイド」セクションを参照してください。

以下の開発キットにて BSP が提供されています。

  • インテル® Stratix® 10 GX FPGA
  • Stratix® V
  • インテル® Arria® 10 SoC FPGA
  • インテル® Arria® 10 GX FPGA

ドキュメントとサポート


インテル® FPGA SDK for OpenCL™ ソフトウェア・テクノロジーに関する技術ドキュメント、ビデオ、トレーニング・コースを用意しています。

免責事項

1

OpenCL および OpenCL ロゴは、Apple Inc. の商標であり、Khronos の許諾を得て使用されています。