インテル® SoC FPGA エンベデッド・ソフトウェア

インテル® SoC FPGA デバイスには、高性能マルチコア ARM* Cortex* プロセッサーが含まれます。このプロセッサーは、利用可能なコアの 1 つで動作する単純なベアメタル・アプリケーションから、高帯域、低レイテンシーのリアルタイム・オペレーションまで、多彩なエンベデッド・ソフトウェア機能に利用されます。インテルは、インテル® SoC FPGA デバイスを対象としたエンベデッド・ソフトウェア開発専用のエンベデッド・ソフトウェアとツールセットを提供しています。

エンベデッド・ソフトウェア開発ツール

インテル® SoC FPGA エンベデッド開発スイート (SoC EDS) は、インテル® SoC FPGA デバイスを使用したエンベデッド・ソフトウェア開発用の総合的なツールスイートです。

詳細

Nios® II エンベデッド・デザイン・スイート (EDS) には、ソフトウェア、デバイスドライバー、ベアメタル・ハードウェア抽象化レイヤー (HAL) ライブラリー、ネットワーク・スタック・ソフトウェア、そしてリアルタイム・オペレーティング・システムの評価バージョンが含まれます。

詳細

インテル® FPGA SDK for OpenCL™ (Open Computing Language) は、C 言語に対応しており、ハイレベルのソフトウェア・フローで FPGA 設計の開発が可能です。

詳細

エンベデッド・オペレーティング・システム

単純なソフトウェア要件の場合、提供されるインテル® SoC EDS ツールを利用したベアメタル・アプリケーションの構築およびデバッグが可能です。インテル® SoC EDS に含まれるハードウェア・ライブラリー (HWLIB) とサンプルは、ベアメタル・アプリケーションを開発するための出発点としたり、ボードの立ち上げテストやオペレーティング・システムの移植に活用したりすることができます。さらに、既存のオペレーティング・システムの機能を拡張して、インテル® SoC FPGA 固有の機能を追加することも可能です。

さらに、既存のオペレーティング・システムの機能を拡張して、SoC FPGA 固有機能を追加するためにも利用できます。オペレーティング・システムは、シングルコア上で動作する単純なリアルタイム・カーネル、または Linux* やリアルタイム・オペレーティング・システム (RTOS) などのフル機能のマルチコア対応オペレーティング・システムのどちらでも選択可能です。インテル® SoC FPGA ボード向けには、インテル® SoC FPGA のエコシステムを通じて、多くのエンベデッド・オペレーティング・システムが入手可能です。

エンベデッド・ソフトウェア・エコシステム

インテル® SoC FPGA は、エンベデッド・ソフトウェア業界で広範にサポートされている ARM* プロセッサーをベースとしています。インテルとエコシステム・パートナー、そしてインテル® SoC FPGA のユーザー・コミュニティーが、SoC FPGA のソフトウェア開発ニーズに応える幅広い選択肢を提供します。

Linux* 開発者ポータル

RocketBoards.org は、インテル® SoC FPGA をサポートするオープンソース・コミュニティー・ポータルです。このサイトでは、ドキュメント、設計手法、トレーニング、開発ボード、プロジェクト、メーリングリストやフォーラムを介したサポートなど、SoC FPGA 製品向け Linux* の立上げに欠かせない環境を用意しています。

Linux*

インテル® SoC FPGA 向け Linux* は、代表的なオペレーティング・システムです。インテルの役割で一番重要な部分とは、SoC FPGA コードをメインライン・ソースにアップストリームすることです。最新の安定版カーネルに加えて、これには、リアルタイムのプリエンプション・パッチ (PREEMPT_RT) あり / なしの Long-Term Support Initiative (LTSI) カーネルの最新バージョンも含まれます。さらに、インテルはエコシステム・パートナー企業と提携して、Wind River* Linux* や MontaVista* Linux* などの商用 Linux* ディストリビューションを選択肢として提供しています。

パートナーニュース

次回の IoT プロジェクトは、低コストの Terasic* DE10-Nano キットで開発

Cyclone® V SoC を採用する Terasic* DE10-Nano 開発キットは、メーカー、教育機関、IoT 関連の開発者向けに設計されています。ボード、リファレンス・デザイン、およびチュートリアルについては、インテル® デベロッパー・ゾーン (英語) を参照してください。インテル® デベロッパー・ゾーンで詳細情報を確認する

スケーラブルな OpenGL* GPU が SoC FPGA 向けの 3D Android* および Qt Graphics を実現

TES は、インテル® SoC FPGA 向けのスケーラブルで高性能なソフト GPU を提供しています。D/AVE NX ソリューションは、従来の OpenGL* ES 2.0 だけでなく、現在利用可能な Android* および Qt アプリケーションの機能を引き出すために必要な OpenGL* ES 3.1 および VULKAN もサポートしています。 詳細情報およびデモを参照してください

製品ニュース

2 種類のエディションが用意されたインテル® SoC FPGA エンベデッド開発スイート

インテル® SoC FPGA エンベデッド開発スイート (SoC EDS) には、スタンダード・エディションとプロ・エディションが新たに用意されました。スタンダード・エディション、プロ・エディションそれぞれに、ARM* Development Studio 5* (DS-5*) Intel® SoC FPGA Edition ツールキットの無償ライセンス版と有償ライセンス版があります。

インテル® SoC EDS スタンダード - インテル® SoC EDS スタンダード・エディションには、28 nm SoC FPGA デバイスファミリー (Cyclone® V SoC および Arria® V SoC) に対する広範なサポートが含まれます。

インテル® SoC EDS Pro - インテル® SoC EDS プロ・エディションは、次世代 SoC FPGA デバイスファミリー (インテル® Stratix® 10 SoC およびインテル® Arria® 10 SoC) の最新機能に対するサポートが最適化されています。

エンベデッド・ソフトウェアのダウンロード

 

以下のリンクから、手順に従ってエンベデッド・ソフトウェアやソフトウェア開発ツールをダウンロードし、インストールすることができます。

インテル® エンベデッド・ソフトウェアの四半期ニュースレター


四半期ごとのエンベデッド・ソフトウェア・ニュースレター (英語) に登録すると、最新の情報をお届けします。

Embedded Linux*、IoT Summit におけるインテル

インテル® Arria® 10 SoC 対応のワイヤレス・ワークロード・アクセラレーションおよびパーシャル・リコンフィグレーションや、インテル® Xeon® プロセッサーおよびインテル® Arria® 10 GX デバイスを基盤としたマルチカメラ・ニューラル・ネットワークのアクセラレーションなど、最新のインテル® テクノロジーに関して Linux* 開発者向けの最新情報が紹介されました。インテル® の SoC オープンソース・ソリューションについては、RocketBoards.org を参照してください。

FAQ


エンベデッドのトレーニング・リソース


免責事項

1

OpenCL™ および OpenCL ロゴは、Apple Inc. の商標であり、Khronos の許諾を得て使用されています。