インテル® データセンター・マネージャー

インテル® データセンター・マネージャー

インテル® データセンター・マネージャー

コンソール クイックガイド インストールからサーバ登録まで Revision 1.0 Copyright (C) 2008–2019, Intel Corporation. All rights reserved. Table of Contents 動作環境 ...................................................................................................... 5 必要なハードウェア環境 ................................................................................... 5 インテル® DCM ...をインストールしてみよう ............................................................ 7 Intel® DCM Console を起動してみましょう .......................................................... 19 利用環境を登録してみよう .............................................................................. 19 iii インテル® データセンター・マネージャーとは? インテル® データセンター・マネージャー(DCM)は、マルチベンダ環境下での、主にサーバ 機器の電力・温度・ヘルスモニタリングを可能にするツールです。BMC(Baseboard Management Controller)へのアクセスを基本とし、オペレーティング・システムに影響な く、エージェントレスで複数のデータセンターにある機器をまとめて監視・管理できます。 動作環境 インテル® DCM は、以下のオペレーティング・システム環境で動作します (以下、v3.6 の場合。最新の情報は、リリースノートをご確認ください) • • • • • • • • • • • • • • • • • Microsoft Windows Server 2012 Microsoft Windows Server 2012 R2 Microsoft Windows Server 2016 Microsoft Windows Server 2019 Red Hat Enterprise Linux 6.10 Server x86_64 Red Hat Enterprise Linux 7.6 Server x86_64 Red Hat Enterprise Linux 8.0 Server x86_64 Novell SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4 x86_64 Novell SUSE Linux Enterprise Server 12 SP4 x86_64 Novell SUSE Linux Enterprise Server 15 x86_64 Ubuntu Server 16.04 x86_64 Ubuntu Server 18.04 x86_64 CentOS 6.10 x86_64 CentOS 7.6 x86_64 Debian 8.11 x86_64 Debian 9.9 x86_64 Mozilla Firefox 67 5 Intel® DCM Console User Guide • • Google Chrome 74 Microsoft Edge 41 必要なハードウェア環境 ベストパフォーマンスに必要なハードウェア環境は以下の通りです。およそ 5000 ノードま で対応します。 • 2.6GHz 以上のデュアルコア CPU、もしくはそれ以上 • 8GB RAM • 80GB 以上のハードディスクもしくは SSD ドライブ さらに、以下の構成で 20,000IPMI ノードまでスケールアップすることができます • 2 * Intel® Xeon® CPU E5645 @ 2.40GHz • 24GB RAM • 400GB SSD 6 インテル® DCM をインストールしてみよう 最新版のトライアルパッケージは以下の URL からダウンロードできます http://www.intel.co.jp/dcm/ Glossary インストーラを起動します Next をクリック 7 Intel® DCM Console User Guide ライセンスアグリーメントをご確認頂き、問題なければ I accept the terms in the license agreement を選択し、 Next をクリック 8 Glossary User Name(ユーザ名)と Organization(組織/会社名)を入力して、アプリケーションの 利用ユーザを選択し、Next をクリック 9 Intel® DCM Console User Guide インストール先を確認、必要あれば変更後、Next をクリック 10 Glossary SNMP および RMI ポートを確認、必要あれば変更して Next をクリック。デフォルトでは SNMP トラップは 1162、RMI は 1099 に設定されます TLS 通信ポートを設定してください。デフォルトは 8643 になっています。 11 Intel® DCM Console User Guide Sampling Interval と Data Granularity を設定して Next をクリック NOTE Sampling Interval は DCM が電力や温度のデータを取得する間隔です。デフォルトでは 60 秒となっています Data Granularity は電力/温度データのデータベースへ保存する際の粒度です。30, 60, 180, 360, 600, 1800, and 3600 seconds から選択でき、複数のサンプルで構成する必 要があります あくまで目安ですが、典型的な環境(1~5,000 ノードの監視)で推奨される Sampling Interval は 60 秒、Data Granularity は 180 秒です。5,000~20,000 ノードの規模での 推奨値は、Sample Interval は 300 秒、Data Granularity は 300 秒です。 12 Glossary DCM にログインする際の User Name と Password を入力し Next をクリック NOTE 安全の為パスワードは以下のルールに従って入力する必要があります: • • • • 8 文字以上 Passwords must be a minimum of eight characters long. ユーザ ID を含まないこと(逆向き含む) 3つ以上の同じキャラクタを含まないこと 以下のキャラクタを含むこと: o アルファベットの小文字1文字以上 o アルファベットの大文字1文字以上 o 数字1文字以上 Numeric characters - at least one numeric character. o 特殊記号(!@#$%^*()_+|.:?=-)1文字以上 13 Intel® DCM Console User Guide TLS Keystore Password および必要な情報を入力して Next をクリック 14 Glossary データベース設定に必要な User Name, PostgreSQL Port, User Password, およびデータベ ースのディレクトリを入力、Next をクリック 15 Intel® DCM Console User Guide Ready to Install the Program ページまで来たら Install をクリックします 16 インストールが実行されます Glossary 17 Intel® DCM Console User Guide Finish をクリックして終了です 18 Intel® DCM Console を起動してみましょう Glossary DCM をインストールした環境で、以下の URL にアクセスするか、スタートメニューから Intel Datacenter Manager をクリックします。URL は D と C を大文字で入力してください https://localhost:8643/DcmConsole/ ログイン画面が表示されたら、インストール時に入力した User Name と Password を入力すると Dashboard が表示されます 利用環境を登録してみよう サーバを登録する前に、サーバが搭載されたラックまでの環境を作成します。これは、デー タセンタ、フロア、ラック列、ラックの順で登録します 1. 左側のペインから、”Hierarchy”を選択します 2. Data Center の横にある”+”ボタンをクリックして、必要事項を入力します。最低限 Required と書かれている部分が入力されれば追加できます 3. 作成した Data Center をクリックして、Room を同様の手順で作成します。 4. Row, Rack も同様の手順で作成します 19 Intel® DCM Console User Guide Rack まで作成できたら、監視対象のサーバ機器を登録します 1. 左側のペインから、”Devices”を選択します 2. “Discovery and Import”タブを選択し、”Add Discovery Task”をクリックします 3. 登録したいサーバ(群)の IP アドレスを含む IP アドレスの範囲を、First Address~Last Address で指定します 4. IPMI User Name と Password を入力します 5. OK をクリックすると、指定した IP アドレスの範囲を DCM が検索します。 Progress が 100%になると完了です。検知された機器の数が Total Devices Discovered に表示されるので、この値が0の場合は、IPMI User Name や Password またサーバの BMC 設定を確認してください NOTE IPMI Read the full インテル® データセンター・マネージャー.