インテル® データセンター・マネージャーとは何ですか?

インテル® データセンター・マネージャーは、データセンターのサーバーやラック、サーバーグループでの電力と温度の監視と管理を可能にします。管理コンソールのベンダー (ISV) やシステム・インテグレーター (SI) は、インテル® データセンター・マネージャーを各社のコンソール・アプリケーションやコマンドライン・アプリケーションに統合し、価値の高い電力管理機能を IT 部門に提供することができます。

システムはコロケーションにあります。インテル® DCM はどのように役立ちますか?

電力と温度に関する重要な情報が提供されます。コロケーションを利用している場合は、SLA を確実に満たすのに役立ちます。環境やハードウェアのエラーを警告し、インサイトを提供します。

インテル® データセンター・マネージャーはどのオペレーティング・システムをサポートしていますか?

  • Windows Server* 2003 R2 x86 および x64 エディション
  • Windows Server 2008 x86 および x64 エディション
  • Red Hat* Enterprise Linux* 5 (RHEL5) Server x86 および x64 エディション
  • Novell* SUSE Linux* Enterprise Server 10 (SLES 10) x86 および x64 エディション
  • Windows Server 2012 x86 および x64 エディション

Network File System (NFS) ですべてのファイルとフォルダーを共有しているクラスター環境に 2 つのバージョンのインテル® データセンター・マネージャーをインストールしましたが、参照 UI を開けません。

特にホームフォルダーがすべての管理対象サーバーによって NFS 共有されているクラスター環境において、2 つのインテル® データセンター・マネージャー・パッケージをインストールすることはお勧めしません。そのような環境にインテル® データセンター・マネージャーをインストールする場合は、ホーム・ディレクトリーが共有されていないことを確認してください。

インテル® データセンター・マネージャーのインストール中に Transport Layer Security (TLS) 設定を有効にしたら、参照 UI を開けなくなりました。原因は何ですか?

TLS 設定を有効にするには、TLS 構成を正しく設定していることを確認し、TLS で定められている適切な形式で構成を保存します。続いて、次の URL で参照 UI を開く必要があります: https://localhost:8643/DataCenterManager (D、C、M は大文字)。

インテル® データセンター・マネージャー・パッケージを Linux* オペレーティング・システムに正常にインストールできましたが、インテル® データセンター・マネージャーの参照 UI をローカルから URL: http://localhost:8688/DataCenterManager を使って開こうとすると、いつも失敗します。

この問題が発生する場合は、以下が設定されていることを確認してください。

  • ファイアウォールが無効になっていること。または、インテル® データセンター・マネージャーをファイアウォールの許可リストに追加してあること。
  • SELinux* が無効になっていること。または、インテル® データセンター・マネージャーを SELinux のアクセス許可リストに追加してあること。
  • Firefox* ブラウザーでプロキシーを設定していないこと。
  • コンピューター名がホストの config ファイルで localhost にバンドルされていること。
  • Flash Player* プラグインが正しくインストールされていること。
  • コンピューター名が localhost の場合は、ネットワーク上に同じ名前 (localhost) のコンピューターが他にないことを確認してください。

インテル® データセンター・マネージャーを CentOS* 5.5 x64 エディションにインストールしようとすると、「error while loading shared libraries: libxml2.so.2: cannot open shared object file: No such file or directory. (共有ライブラリーの読み込み中にエラーが発生しました: libxml2.so.2。共有オブジェクト・ファイルを開けません。ファイルまたはディレクトリーがありません)」というエラーが報告され、 インストールが失敗します。

公式には、インテル® データセンター・マネージャーはこのオペレーティング・システムをサポートしていません。この問題は、インテル® データセンター・マネージャーが依存する lib ファイルの 1 つである libxml2.so.2 が CentOS に含まれていないために起こります。このファイルをインストールしてから、インテル® データセンター・マネージャーをインストールすることをお勧めします。

インテル® データセンター・マネージャー・パッケージを Windows* オペレーティング・システムに正常にインストールできましたが、インテル® データセンター・マネージャーの参照 UI をローカルから URL: http://localhost:8688/DataCenterManager を使って開こうとすると、いつも失敗します。

このケースが発生する場合は、以下が設定されていることを確認してください。

  • ファイアウォールが無効になっていること。または、インテル® データセンター・マネージャーをファイアウォールの許可リストに追加してあること。
  • Flash Player が正しくインストールされていること。

リモートでインテル® データセンター・マネージャーの参照 UI を開くにはどうすればよいですか?

デフォルトでは、インテル® データセンター・マネージャーは、コンピューター名をネットワーク上の ID として使用します。ネットワーク上に DNS が存在しない場合は、「http://DCMserverIPAddress:8688/DataCenterManager」にインテル® データセンター・マネージャー・サーバーの IP アドレスを代入した URL を使用すると、リモートでインテル® データセンター・マネージャーの参照 UI を開くことができます。この URL を開くには、インテル® データセンター・マネージャーのインストール・フォルダーにある settings.xml ファイルに変更を加える必要があります。

  • C:\Program Files\Intel\DataCenterManager\external\apache-tomcat\webapps\DataCenterManager\Settings.xml
  • Linux オペレーティング・システムの場合: /opt/Intel/DataCenterManager/external/apache-tomcat/webapps/DataCenterManager/Settings.xml

このファイルで、コンピューター名を該当する IP アドレスに変更します。このファイル内では 4 つ変更が必要な個所があります。変更を加えてファイルを保存し、インテル® データセンター・マネージャー・サービスを再起動します。上記の URL を入力して、リモートでインテル® データセンター・マネージャーの参照 UI にアクセスします。

インテル® データセンター・マネージャーを正常にインストールした後、コンピューター名を変更したところ、参照 UI を開けません。インテル® データセンター・マネージャー・サービスを再起動しても同様です。

インテル® データセンター・マネージャーのインストールが完了すると、インテル® データセンター・マネージャーのデータベースで使用される config ファイルの 1 つにコンピューター名が書き込まれます。コンピューター名を変更すると、config ファイル内のコンピューター名と新しいコンピューター名が一致しなくなります。この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. コンピューター名を元の名前に変更
  2. インテル® データセンター・マネージャー・パッケージをアンインストール
  3. コンピューター名を新しい名前に変更
  4. インテル® データセンター・マネージャーを再インストール

管理対象サーバーをインテル® データセンター・マネージャーの階層に追加すると、「Managed server Discovery End with Error: Managed server is not reachable (管理対象サーバーの検出でエラーが発生しました。管理対象サーバーにアクセスできません)」というエラーが表示されます。原因は何ですか?

このエラーの主な原因は、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) セッションが設定されていないことです。ベースボード管理コントローラー (BMC) の IP アドレスが正しく、ネットワークを介してインテル® データセンター・マネージャー・サーバーからアクセスできることを確認してください。また、管理対象サーバーの BMC が LAN アクセス可能になっていることも確認してください。

管理対象サーバーをインテル® データセンター・マネージャーの階層に追加すると、「Managed server Discovery End with Error: "Response failed with error code: (17) No Cipher Suite match with proposed security algorithms. (管理対象サーバーの検出でエラーが発生しました。次のエラーコードにより応答が失敗しました: (17) 提案されたセキュリティー・アルゴリズムと暗号スイートが一致しません)」というエラーが表示されます。原因は何ですか?

このエラーの主な原因は、BMC の LAN チャネルに使用されている暗号スイートの権限設定がインテル® データセンター・マネージャーの要件を満たしていないことです。

インテル® DCM: Energy Director では、BMC の LAN チャネルで使用する最初の 4 つの暗号スイート (暗号スイート 0~3) のうち、いずれかに ADMIN 権限が設定されている必要があります。IPMItool を使用して BMC の LAN チャネルの暗号スイートの権限設定を変更し、インテル® データセンター・マネージャーに再度追加してください。

管理対象サーバーをインテル® データセンター・マネージャーの階層に追加すると、「Managed server Discovery End with Error: "Response failed with error code: (13) Unauthorized name. (管理対象サーバーの検出でエラーが発生しました。次のエラーコードにより応答が失敗しました: (13) 不正な名前です)」というエラーが表示されます。原因は何ですか?

このエラーの主な原因は、存在しない BMC ユーザーを入力したか、BMC ユーザー入力が有効になっていないことです。IPMItool を使用して BMC ユーザー情報を確認して、インテル® データセンター・マネージャーの正しいユーザーを有効にし、インテル® データセンター・マネージャーに再度追加してください。

管理対象サーバーをインテル® データセンター・マネージャーの階層に追加すると、「Managed server Discovery End with Error: "Response failed with error: User-Password authentication check failed (RAKP 2 check) (17). (管理対象サーバーの検出でエラーが発生しました。次のエラーにより応答が失敗しました: ユーザー - パスワード認証チェックに失敗しました (RAKP 2 チェック) (17)」というエラーが表示されます。原因は何ですか?

このエラーの主な原因は、認証チェックに合格できないことです。入力したパスワードに誤りがある可能性があります。パスワードを忘れた場合は、IPMItool でパスワードを再設定してから、インテル® データセンター・マネージャーで再度追加を行ってください。

管理対象サーバーをインテル® データセンター・マネージャーの階層に追加すると、「Managed server Discovery End with Error: "Response failed with error: Set session privilege level to level (4) failed: (0x81) Requested level exceeds Channel or User Privilege Limit. (管理対象サーバーの検出でエラーが発生しました。次のエラーコードにより応答が失敗しました: セッション権限レベルをレベル (4) に設定できませんでした: (0x81) 要求したレベルはチャネルまたはユーザー権限の上限を超えています)」というエラーが表示されます。原因は何ですか?

このエラーの主な原因は、BMC ユーザー入力が ADMIN 権限を持っていないことです。通信に使用する BMC ユーザー名を要求しているインテル® データセンター・マネージャーには ADMIN 権限があります。IPMItool で BMC のユーザー情報を確認し、関連するユーザーを ADMIN 権限レベルに変更してから、インテル® データセンター・マネージャーを再度追加してください。

管理対象サーバーをインテル® データセンター・マネージャーの階層に追加したところ、暗号スイートやユーザー権限、パスワード設定などを含め、管理対象 BMC を正しく設定したにもかかわらず、管理対象サーバーをインテル® データセンター・マネージャーに追加できません。

  • 管理対象サーバーの追加時に、適切なコネクター名を選択していることを確認してください。
  • BMC IP アドレスが IPMI でアクセスできることを確認してください。
  • ノード・マネージャーの管理対象サーバーを追加する場合、サーバー・プラットフォームがノード・マネージャー対応のプラットフォームであること、ME 機能を BIOS で有効化していること (一部のプラットフォーム)、BMC のセンサー・データ・レコード (SDR) に OEM のノード・マネージャーの SDR リストがすでに含まれていること、および IPMI raw コマンドでノード・マネージャーにアクセスできることを確認してください。

インテル® データセンター・マネージャーを検証するために、管理対象サーバーをインテル® データセンター・マネージャーの階層に追加しました。IPMI raw コマンドでノード・マネージャーを直接操作したいのですが、 ノード・マネージャーのスレーブアドレスとチャネル番号を見つける方法を教えてください。

ノード・マネージャーのスレーブアドレスとチャネル番号を探す方法は次の 2 通りあります。

  • IPMItool で SDR のダンプファイルを作成し、OEM のノード・マネージャーの SDR (57 01 00 0D) を探します。次に、OEM ノード・マネージャーの SDR リストの中からノード・マネージャーのスレーブアドレスとチャネル番号を見つけます。
  • インテル® データセンター・マネージャーの参照 UI を開き、ログレベルを [trace (追跡)] ([configuration (設定)] > [Global option (グローバルオプション)] > [log level (ログレベル)]) に変更してから、管理対象サーバーを追加するか、管理対象サーバーの再検出を実行します。管理対象サーバーが正常に追加されたら、インテル® データセンター・マネージャーのログファイル (インテル® データセンター・マネージャーのインストール・フォルダーにあります) を開き、「Found Intel Node Manager technology Discovery SDR. rsAddr=??, targetChannelNum=?」を含む文字列を検索します。rsAddr はノード・マネージャーの I2C アドレス、targetChannelNum はターゲットのチャネルです。

サーバーノードをインテル® データセンター・マネージャーの階層に正常に追加できましたが、長時間にわたって電力値を読み取れません。

  1. 電力値の読み取り機能が開始されていることを確認してください (参照 UI 上部の [resuming monitoring (監視再開)] ボタンをクリックします)。
  2. 電力監視を再開してから 3~6 分待ちます。
  3. ローカル時間がインテル® データセンター・マネージャー・サーバーの時間と同期していることを確認します。
  4. サーバーノードの BMC がオンライン状態で、インテル® データセンター・マネージャー・サーバーを介してアクセスできることを確認します。

問題が解決しない場合は、IPMItool raw コマンドでノード・マネージャーにアクセスし、正常に動作しているかどうかを確認してください。

iLO 2* システムを搭載した HP プラットフォームを所有しています。インテル® データセンター・マネージャーを使用してこの管理対象サーバーを管理できますか?

インテル® データセンター・マネージャーは、iLO 2 または iLO 3 システムを搭載した HP サーバーを管理および監視できます。iLO 2 システムを搭載したプラットフォームは、次の手順で管理できます。

  • HP サーバーのファームウェアを最新バージョンにアップデートします。
  • コネクター名を「Data Center Manageability Interface」にして、管理対象サーバーをインテル® データセンター・マネージャーの階層に追加します。
  • HP プラットフォームで消費電力制限を行う場合は、HP iLO 2 のライセンスのアクティベーションを実行する必要があります。アクティベーションの完了後、管理対象サーバーの電源をいったんオフにしてから再起動し、サーバーを再検出させるとインテル® データセンター・マネージャーで消費電力制限を行えるようになります。

インテル® データセンター・マネージャーを検証するために、サーバーノードをインテル® データセンター・マネージャーの階層に追加しました。IPMI raw コマンドでノード・マネージャーを直接操作したいのですが、 ノード・マネージャーのスレーブアドレスとチャネル番号を調べる方法を教えてください。

ノード・マネージャーのスレーブアドレスとチャネル番号を探す方法は次の 2 通りあります。

  • IPMItool で SDR のダンプファイルを作成し、OEM のノード・マネージャーの SDR (57 01 00 0D) を探します。次に、OEM ノード・マネージャーの SDR リストの中からノード・マネージャーのスレーブアドレスとチャネル番号を見つけます。
  • インテル® データセンター・マネージャーの参照 UI を開き、[configuration (設定)] > [Global option (グローバルオプション)] > [log level (ログレベル)] でログレベルを [trace (追跡)] に変更してから、ノードを追加するか、ノードの再検出を実行します。ノードが正常に追加されたら、インテル® データセンター・マネージャーのログファイル (インテル® データセンター・マネージャーのインストール・フォルダーにあります) を開き、「Found NM Discovery SDR. rsAddr=??, targetChannelNum=?」を含む文字列を検索します。rsAddr はノード・マネージャーの I2C アドレス、targetChannelNum はターゲットのチャネルです。

管理対象サーバーをインテル® データセンター・マネージャーの階層に追加し、電力値を正常に監視できるようになりましたが、設定した電力ポリシーが適用されません。

  • BIOS で拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジーの機能が有効になっていることを確認します。
  • 管理対象サーバーのオペレーティング・システムが ACPI 3.0 以降をサポートしており、管理対象サーバーのオペレーティング・システムで ACPI サービスがデフォルトで起動されたことを確認します。一般的なオペレーティング・システム (Windows* 2003、Windows 2008、RHEL* 5、SUSE* 10、SUSE 11 など) はすでに ACPI 3.0 をサポートしています。ACPI の詳細については、http://www.acpi.info/ を参照してください。
  • サーバーの管理対象オペレーティング・システムが ACPI 3.1 以降をサポートしており、サーバーの管理対象オペレーティング・システムで ACPI サービスが起動されたことを確認します。
  • 管理対象サーバーにアクティブなワークロードが存在せずアイドル状態となっている場合、電力の読み取り値は正確であっても、管理対象サーバーが再びアクティブになるまで変化が見られない可能性があります。

インテル® データセンター・マネージャーの参照 UI で、「Failed to subscribe predefined event ... (事前定義済みのイベントのサブスクライブに失敗しました...)」というエラーメッセージが必ず表示されます。これは何を意味しますか?

これは、インテル® データセンター・マネージャーで事前定義済みのイベントをターゲットの管理対象サーバーでサブスクライブできないことを意味します。事前定義のイベントは起動されても表示されません。この主な原因は、事前定義済みのイベントをサブスクライブするためにインテル® データセンター・マネージャーで利用可能な BMC システム・イベント・ログ (SEL) セレクターがないことです。この問題を解決するには、管理対象サーバーの BMC に空き SEL セレクターがあることを確認します。

1 台の管理対象サーバーをインテル® データセンター・マネージャーの階層に追加しました。元のインテル® データセンター・マネージャーの階層をインテル® データセンター・マネージャーの現在のバージョンにインポートしようとすると、必ず失敗します。

インテル® データセンター・マネージャーの階層をインポートする場合は、インテル® データセンター・マネージャーの UI にエンティティーや管理対象サーバーグループが存在しないことを確認してください。エンティティーが存在する場合は、インテル® データセンター・マネージャーの別の階層をインポートする前に、削除する必要があります。設計上、これにより競合を回避できます。

古いインテル® データセンター・マネージャーの階層を現在のインテル® データセンター・マネージャーの参照 UI にインポートして電力の監視を再開しましたが、電力値を読み取れません。手動で管理対象サーバーを追加すると、電力値を読み取れます。これはなぜですか?

セキュリティー上の理由から、管理対象サーバーの BMC で使用していたパスワードは階層のエクスポートに含まれません。したがって、インポート後は BMC パスワードがなく、認証チェックが失敗するため、電力値を読み取れません。この場合、次の 2 通りの対処方法があります。

  • インテル® データセンター・マネージャーの参照 UI に階層をインポートしたら、管理対象サーバーのプロパティーを変更して BMC のパスワードを手動で追加してから再検出を実行します。
  • 階層の xml ファイルを編集して該当する管理対象サーバーに BMC_PASSWORD プロパティーのフィールドを追加し、変更を加えて新しく作成した階層 xml ファイルをインポートします。

お問い合わせ

インテル® データセンター・マネージャーとインテル® Virtual Gateway の詳細をご確認ください。

お問い合わせ

インテル® Virtual Gateway の詳細情報

リアルタイムの監視と管理 — 確実なコスト削減

インテル® DCM によるデータセンターの最新化

インテル® DCM で、データセンターを容易に最新化できます。インテル® DCM では、すぐに利用可能なサポートにより、不都合を生じることなく CapEx と OpEx を削減し、データセンターやコロケーションの可視性と制御を実現できます。

詳しくはこちらをクリック

すべてをコントロール

インテル® データセンター・マネージャーの強力なツール群を活用し、運用コストの低減、データセンターやコロケーションのインフラストラクチャーの最適化、リモート管理の制御をどう実現するか、Jeff Klaus が説明します。

ビデオを見る

フリーエージェントになる

インテル® データセンター・マネージャーは管理対象ノードにおけるソフトウェア・エージェントのインストールを必要としません。ソフトウェアの仕組みをご覧ください。

製品概要

関連ビデオ