将来の顧客の理解

クラウドサービスを計画し、ビジネスを拡大するには、将来の顧客を理解することが重要です。451 Research のアナリストである Csilla Zsigri 氏が、将来の顧客がクラウド・サービス・プロバイダーに求めるものについて説明します。

451 Research のアナリストの Csilla Zsigri です。

クラウド市場が成長を続けている主な理由は、組織が大規模なビジネス変革やデジタル変革を進めており、それを支えているのがクラウドであるためです。

実際に、話を聞いた組織の半数以上が、今後 2 年間にわたって主要ホスティング / クラウド・サービス・プロバイダーに費やす資金を増やすことを計画していると答えました。

全体的に見ると、コア・クラウド・インフラストラクチャー・サービスから付加価値サービス (例: ...電子メールやカスタマー・リレーションシップ・マネジメントなどの成熟した SAS 常駐アプリケーション) に支出が移行しています。新たな支出は、新規導入ではなく、既存の環境の強化を目的としています。

これを顧客の成熟度の向上と考え、クラウド・サービス・プロバイダーが既存の顧客との関係を育み発展させるチャンスと捉えてください。

将来の顧客のための最優先事項は、ビジネスニーズに迅速に対応し、俊敏性を高め、そのすべてをコスト効率に優れた安全な方法で実現することです。

組織では、収益の増加、コストとリスクの削減、製品とサービスの品質の向上、市場投入までの時間の短縮などを実現するために、モバイル・プラットフォーム / アプリケーションなどのデジタル技術、アジャイル・ソフトウェア開発、人工知能への投資を続けており、今後さらに投資を増やしていくと考えられます。

今日、クラウド・サービス・プロバイダーを選択するときに、組織が求めている品質は、サービスの信頼性、平均稼動時間とパフォーマンス、金額に見合った価値です。

ただし、これらは商品の評価基準であり、長期的には、パートナーとしての能力、顧客のビジネスの理解、マルチクラウド環境やハイブリッド・クラウドの導入への対応力などの特性が、クラウド・サービス・プロバイダーの戦いの場になる可能性が高くなります。

クラウド・サービス・プロバイダーは、ビジネス上の問題の解決に注力し、サービスを提供するだけでなく、サービス間の依存関係を管理し、課題に対処するよう努力する必要があります。要するに、テクノロジー・ゼネラリストや対応する市場のスペシャリストになることです。

組織は、ビジネスとテクノロジーの大きな変革を進める中で、この複雑な取り組みで支援してくれるパートナーを探しています。

クラウド・サービス・プロバイダーは、構築から、導入、移行、統合、管理、サポートまで、取り組み全体を通じて顧客に寄り添うことが求められています。

クラウド・サービス・プロバイダーは、成果を挙げ、テクノロジー・ゼネラリストや対応する市場のスペシャリストになることをお勧めします。ビジネスに関わり、ビジネスを理解しようと努力する最適なパートナーを見つけ、顧客のアドバイザーになってください。

将来の顧客の例


今後 2 年間でクラウドサービス顧客からの需要が高まることは何でしょうか?