データセンターのパフォーマンスを引き出す

ワークロードの最適化によってデータセンターを変革

最先端のデータセンターでは、ネットワーク帯域幅の拡大や人工知能などのワークロードの最適化を目指した変革が進められています。データセンターの管理者は同時に、総保有コスト (TCO) の削減、消費電力の低減、新しいサービスを期待しています。インテル® アクセラレーターは、お客様のこうしたニーズに応えるためのサポートを提供します。

インテル® アクセラレーターで主なワークロードを最適化

インテルのアクセラレーター・ソリューションのポートフォリオは、お客様が抱えている問題を解決するために設計されており、卓越したコスト効率と電力効率を誇る高性能なハードウェアベースのアクセラレーションを提供します。詳しくはこちらをご覧ください。

驚異的なメディアの高速化

ビジュアル・コンピューティング市場で活躍するクラウドや通信などのサービス・プロバイダーが、競争力強化のためにインテル® ビジュアル・コンピュート・アクセラレーター (インテル® VCA) を選ぶ理由をご確認ください。

詳しくはこちら

ディープラーニングの高速化によるインサイトの向上

インテル® Nervana™ テクノロジーを用いたディープラーニング・ソリューションやアプリケーションに関する有益な開発者情報とリソースをご確認ください。

ページを見る

ネットワークの変革

インテルは、データセンター内外の通信システムに変革をもたらしています。

詳しくはこちら

インテル® アクセラレーション・カード

インテル® アクセラレーション・カードは特定のワークロードに焦点を置いて、アクセラレーションを最適化し、ワークロード管理を改善します。

インテル® プログラマブル・アクセラレーション・カード (インテル® PAC)

インテル® プログラマブル・アクセラレーション・カード (インテル® PAC) なら、インテグレーテッド FPGA 搭載インテル® Xeon® スケーラブルプロセッサーに対応したインテル® アクセラレーション・スタックにより、汎用性と多機能性に優れたアクセラレーションを簡単に実現できます。

詳しくはこちら

インテル® ビジュアル・コンピュート・アクセラレーター (インテル® VCA)

インテル® ビジュアル・コンピュート・アクセラレーター (インテル® VCA) は、ビデオ制作および配信、データセンターやクラウド・グラフィックス、新しい没入型メディア体験の急速な普及に対応できるように設計されています。通信事業者、OTT コンテンツ・プロバイダー、IT 管理者向けに設計されたインテル® VCA は、インテル® Xeon® プロセッサー E5 ファミリー搭載のサーバーシステム向けに高度なワークロード・アクセラレーションを提供します。

詳しくはこちら

アプリケーション開発者向けインテル® アクセラレーション・ソリューション

インテルでは、データセンターの開発者基盤が充実しています。こうした開発者は、インテル® Xeon® プロセッサーやインテル® アーキテクチャーに関する知識を豊富に備え、グラフィックス、圧縮、暗号化、マルチファンクションなどの幅広いアクセラレーター製品を利用できます。

使いやすさと製品を市場に投入するまでにかかる時間は、アプリケーション開発者にとって重要な課題です。インテルでは、業界標準に基づいて作成したツールにより、インテル® アーキテクチャーのユーザー、OS 開発者、オープン系プログラミング言語の利用者、その他のエコシステム開発者をサポートしています。インテル® アクセラレーション製品を使用する開発者は、それ以外のソリューションとは異なり、新たな言語を学習せずに使い慣れたツール、SDK、OS を使用できます。

インテル® アクセラレーション関連ニュース

インテル® プログラマブル・アクセラレーション・カード (インテル® PAC) インテル® Stratix® 10 SX FPGA 搭載版

データセンター向けの高性能 PCI Express* (PCIe*) ベース FPGA アクセラレーション・カードは、インラインおよびルックアサイド・アクセラレーションの両方をサポートします。インテル® プログラマブル・アクセラレーション・カード (インテル® PAC) ポートフォリオで拡張することにより、ビデオ・トランスコードやストリーミング分析アプリケーションで最大 100 Gbps のインライン高速インターフェイスを実現します。FPGA アクセラレーションのパフォーマンスと汎用性を提供するこのカードは、インテル® アクセラレーション・スタック (インテル® Xeon® CPU & FPGA 対応) がサポートするプラットフォームの 1 つとなっています。このアクセラレーション・スタックにはドライバー、アプリケーション・プログラミング・インターフェイス (API)、FPGA インターフェイス・マネージャーが含まれ、アプリケーション開発者とアクセラレーター機能開発者に共通の開発環境を提供します。アクセラレーション・スタックをアクセラレーション・ライブラリーや開発ツールと併用することにより、開発者の時間が節約され、複数のインテル® FPGA プラットフォーム全体でコードの再利用が可能になります。インテル® プログラマブル・アクセラレーション・カード (インテル® PAC) インテル® Stratix® 10 SX FPGA 搭載版は汎用性に優れ、ストリーミング分析、ビデオ・トランスコーディング、金融、人工知能、ゲノム研究など、さまざまな市場セグメントに導入できます。 

詳しくはこちら ›

インテル® プロセッサーと FPGA – 組み合わせれば、さらに向上

統合型インテル® Arria® 10 Field Programmable Gate Array (FPGA) 搭載インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを、特別なお客様のためにご用意しました。整合性を持って FPGA を実装したインテル® Xeon® プロセッサーが、初めて製品としてリリースされたことになります。これは、インテルによるアルテラ買収がもたらした重要な成果の 1 つです。業界をリードする FGPA ソリューションと、インテルの世界屈指のプロセッサーを組み合わせた製品を活用することで、お客様は、ワークロードに最適化された柔軟なパフォーマンスと電力効率を誇る次世代型データセンター・システムを構築できます。インテルの主要なパートナーである富士通から、インテグレーテッド FPGA 搭載インテル® Xeon® プロセッサーとインテル OVS リファレンス・デザインに基づくシステムの提供が予定されています。このソリューションは、2018 年 5 月 17 ~ 18 日に東京で開催された富士通フォーラム 2018 にて紹介されました。

続きはこちら >

各市場に合わせたビッグデータ活用を促進するドロップイン・アクセラレーター機能

2017 年 10 月 17 日 (火)

全世界に広がるインテル® FPGA デザイン・ソリューション・ネットワーク (DSN) プログラムを通じて、各市場に合わせたアクセラレーター機能をご利用いただけるようになりました。DSN メンバーにより、新たなアクセラレーター機能 (複雑な演算処理を高速化できる個別のソフトウェア IP) が提供されています。こうした「ドロップイン」のアクセラレーター機能は、インテル® プログラマブル・アクセラレーション・カード (インテル® PAC) インテル® Arria® 10 GX FPGA 搭載版と連動して、独自のソリューションにより AI 推論、リアルタイムのデータ解析、サイバーセキュリティー、ゲノム研究などのビッグデータ活用を高速化します。お客様は、総保有コストを削減しながら、サーバーやデータセンターのパフォーマンスを向上させることができます。

続きはこちら >

データセンターの FPGA アクセラレーションを実現する新ソリューション

2017 年 10 月 2 日 (月)

インテルは、インテル® プログラマブル・アクセラレーション・カードの製品ファミリーでは初となる、インテル® Arria® 10 GX FPGA (A10GX) を搭載したインテル® プログラマブル・アクセラレーション・カード (インテル® PAC) を発表しました。これは、インテル® アクセラレーション・スタック (インテル® Xeon® CPU & FPGA 対応) をサポートする初の FPGA ベースのアクセラレーション・プラットフォームです。さらに、インテルは近い将来、高帯域幅、キャッシュ・コヒーレント、低レイテンシー・ソリューション向けのインテグレーテッド FPGA 搭載インテル® Xeon® プロセッサーの提供を開始する予定です。 

続きはこちら >

インテル® アクセラレーション・スタック (インテル® Xeon® CPU & FPGA 対応) – パフォーマンスを向上しながら簡素化

2017 年 9 月 4 日 (月)

インテルは、メインストリームの開発者が FPGA プログラミングを簡単に利用できるようにするための新たなソフトウェア・ツールセットを発表しました。インテル® アクセラレーション・スタック (インテル® Xeon® CPU & FPGA 対応) により、インテル® FPGA を容易に開発、導入し、データセンターのワークロードを最適化することができます。この発表の一環として、インテルは GitHub 上でオープン・プログラマブル・アクセラレーション・エンジン (OPAE) をリリースしました。これにより、オープン・エコシステムを拡大し、データセンターにおける FPGA アクセラレーションの使用を推進します。 

続きはこちら >

免責事項

1

OpenCL™ および OpenCL ロゴは、Apple Inc. の商標であり、Khronos の許諾を得て使用されています。