ハードウェア支援型のセキュリティー・テクノロジー

インテルは、ハードウェア支援型のセキュリティーによって防御を強化し、進化し続ける現代のサイバーセキュリティーの脅威からの保護に取り組むエコシステムを後押ししています。

中心部にセキュリティーを組み込むことでイノベーションを実現

セキュリティーとは適切にハードウェアに基づいたシステムであり、ソフトウェアからシリコンに至るあらゆるコンポーネントがデータの保護とデバイスの整合性の維持を支えています。インテルは、脅威検出、データやコンテンツの保護、メモリー保護など多岐にわたるソリューションにより、綿密な戦略で防御を構築および実行するため、一連のテクノロジーを提供しています。

インテルのセキュリティー・ソリューションは、3 つの主な優先事項を中心にして特定の課題に対応しています。

  • 基本的セキュリティー: デバイスとデータの信頼性検証をサポートする重要な保護
  • ワークロードとデータの保護: 信頼性の高い実行環境によるハードウェア分離型のデータ保護
  • ソフトウェアの信頼性: さまざまなサイバーセキュリティーの脅威から保護するプラットフォーム

これらのイノベーションを組み合わせることで、すべてのデータを暗号化して保護するというインテルのビジョン実現を支えます。

インフォグラフィック: インテルのセキュリティー・テクノロジー

基本的セキュリティー

アイデンティティーと整合性に注力してプロットフォーム全体を保護するセキュリティー基盤を確保。インテルは正常に起動し、期待通りに動作するプラットフォームの実現を支えるテクノロジーを提供してきた長い実績があります。インテルのセキュリティー・エンジンは世界中で 100 億回以上使用されており、インテルのプロセッサーには高速化されたパフォーマンスと世界の商取引のセキュリティー確保を支える、高度な暗号化機能が搭載されています。

ワークロードとデータ保護

正当なワークロードについては、その多様なサイズに応じて信頼性の高い実行環境をスケーリングして提供し、使用中のデータにハードウェア分離型の保護を実現します。

堅牢な基盤を構築した上で、各種セキュリティー・テクノロジーを活用して標的型攻撃からバーチャルマシンとオペレーティング・システムを守ります。

ソフトウェアの信頼性

インテルは、一般的および新たに登場したソフトウェア攻撃に対する保護機能を備えたハードウェア・プラットフォームを提供しており、効率の向上とパフォーマンスの維持に貢献しています。現在もソフトウェアを強化し、選ばれたセキュリティー機能をハードウェアに移行し続けており、より多層的な検証を追加しています。