セキュリティー保護を強化する

インテルは、ハードウェア支援型のセキュリティーによって、複数の有機的な連携による ID やシステムの防御と保護を強力にサポートします。1

ハードウェアによる防御

サイバー攻撃の対象は、今やソフトウェアからハードウェアへとシフトし、コンピューター内の一時的なデータにまで広がっています。ビジネス関連だけでなく、家電や自動車、ネットワーク、クラウド内のデバイスまでも脅かしています。ソフトウェアによってソフトウェアを守るという従来のセキュリティー・モデルでは、ますます高度化する脅威に対して、デジタル・セキュリティーや安全性、プライバシーを保護し続けることができません。インテルは、プロセッサーチップに直接セキュリティー機能を組み込んだハードウェア支援型のセキュリティーによって、コンピューター内におけるあらゆるレイヤー (ハードウェア、ファームウェア、オペレーティング・システム、アプリケーション、ネットワーク、クラウド) の保護をサポートします。

有機的な連携による防御

インテルでは、ハードウェア上にセキュリティーにおける信頼性の基点を構築し、ハードウェアやソフトウェア、サービスの各プロバイダーが、オペレーティング・システム、アプリケーション、ワークロードの新たな導入や稼働をより安全に行えるようにしています。インテルはパートナー企業と連携して、無数の接続されたユーザーとデバイスに、リスクを低減し、ユーザー体験の向上やコスト削減に役立ち、完全性、信頼性、一貫性を保つことができるハードウェア支援型のセキュリティーを提供しています。

接続された世界を保護する

ID やデータの保護、さらにはサイバー攻撃のリスクを軽減し、企業における IT 運用と従業員の効率と生産性を向上させるパワフルなセキュリティー機能と脅威に対するマネジメントについて説明します。

インテル® Authenticate テクノロジーの詳細情報

インテル® データガードの詳細情報

進化するサイバー犯罪に対して、現在のデジタル化された生活における ID や個人データ、パスワード、オンラインでのショッピングやバンキングを保護するには、セキュリティーにおける信頼性の基点をソフトウェアではなく、ハードウェア上へ移す方が安心です。

デジタル化した生活におけるセキュリティー強化 (英語)

信頼できるインフラストラクチャーは、データセンター・セキュリティー・ソリューションの基盤であり、プロセッサーチップを基点として、コンピューター・スタック全体だけでなく、クラウド全体に渡ってデータとユーザーを保護します。

クラウドの稼働を支えるデータセンターのセキュリティー

エッジデバイスの強化、コミュニケーションの確立、セキュリティー管理プラットフォームからのコマンド実行や制御が可能なハードウェア支援型セキュリティー・ソリューションのポートフォリオをご紹介します。

マルチレイヤー化された IoT セキュリティーの詳細情報 (英語)

インテル® エンハンスト・プライバシー ID (インテル® EPID) の詳細情報 (英語)