プログラマブル・ロジック・コントローラーの概要

インテル製品は、ロボットと産業オートメーションのアプリケーションでよく使用される、従来型およびソフト・プログラマブル・ロジック・コントローラー (PLC) の両方に搭載されています。

PLC とは

従来型のプログラマブル・ロジック・コントローラー (PLC) は、主に産業分野でマシンや電子機械プロセスの運用を管理するために導入される、単一用途の電子コンピューティング・デバイスです。現在では、製造業者やそのほかの産業組織はソフト PLC を活用するようになりました。これは、広く入手可能な汎用 PC ハードウェアで実行できるソフトウェア・ベースのコントローラーです。単一のデバイスで複数のソフト PLC を稼働させることも可能です。従来型 PLC とソフト PLC の双方は、一般的に SCADA システムとヒューマンマシン・インターフェイス (HMI) と併せて利用されます。

PLC の仕組み

PLC ではラダー・ロジック・プログラミング言語が利用され、エンジニアは電子機械システムを制御する仮想回路を構築できます。過酷な環境や厳しい産業用アプリケーションに耐えられる、堅牢な設計となっています。PLC は時間的制約のあるアプリケーションで利用されることが多いため、入力のスキャンとプログラムの実行を非常に高速に行える性能を持ちます。PLC は、入出力 (I/O) 接続を通じて接続された装置から情報を受け取り、適切な命令を出力できます。

PLC プログラミング標準規格

PLC をプログラミングする際、開発者はさまざまなプログラミング標準規格を利用してパフォーマンスと結果を最適化します。これらの規格は、最新のソフトウェア原則を適用して、産業制御システムの設計と運用のプロセスを合理化、簡素化するのに役立ちます。IEC 61131 は長期にわたって業界主流の標準規格でしたが、多くの企業は、特に複数ベンダーのシナリオにおける IT/OT 統合を最大化するため IEC 61449 への移行またはその検討を行っています。

事例: 産業界のエッジで容易なデータ共有を実現

TTTech Industrial が、産業向けインテル® エッジ・コントロールをどのように利用して、既存の PLC および I/O インフラストラクチャーからのデータのリアルタイム・ゲートウェイ接続を実現したかについて説明します。

今すぐ読む ›

よくある質問

PLC とは、主に産業分野でマシンや電子機械プロセスの運用を管理するために導入される、単一用途の電子コンピューティング・デバイスです。

PLC は、多くの場合、製造設備を管理するための産業用アプリケーションに SCADA システムと併せて利用されます。また、交通信号やエレベーターなど非産業用の使用事例もあります。

従来型の PLC は、通常は工場で単一の特定の目的のために利用される、固定機能を持つアプライアンスです。ソフト PLC は、ソフトウェア・ベースの PLC で、汎用の商用ハードウェアで実行可能です。単一のデバイスで複数のソフト PLC を実行することもできます。