コンフィギュレーション機能

復元のサポート

一部のアルテラ® FPGAデバイスは、コンフィギュレーション・メモリのスペースと時間を節減するコンフィギュレーション・データの復元をサポートします。この機能により、圧縮されたコンフィギュレーション・データをコンフィギュレーション・デバイスまたはその他のメモリに格納し、この圧縮されたビット・ストリームをデバイスに送信することができます。コンフィギュレーションの間、デバイスはリアルタイムでビット・ストリームを復元し、CRAM セルをコンフィギュレーションします。

詳しくは、コンフィギュレーション・ハンドブック のそれぞれのアルテラ FPGA のコンフィギュレーションの章を参照してください。

デザイン・セキュリティのサポート

いくつかのアルテラ・デバイスは、今日入手可能な最先端暗号化アルゴリズムである高度暗号化規格(AES)アルゴリズムを使用してコンフィギュレーション・ビットストリームを暗号化することができます。デザイン・セキュリティ機能を使用するとき、セキュリティ・キーは FPGA に格納されます。デザイン・セキュリティ機能がイネーブルされた FPGA のコンフィギュレーションを成功させるには、同じセキュリティ・キーで暗号化されたコンフィギュレーション・ファイルでデバイスをコンフィギュレーションする必要があります。セキュリティ・キーは、デバイスに内蔵された不揮発性メモリに格納することができます。この不揮発性メモリは、格納のためにバッテリ・バックアップなどの外部デバイスは必要としません。詳しくは、コンフィギュレーション・ハンドブック のそれぞれのアルテラ・デバイスのコンフィギュレーションの章を参照してください。


リモート・システム・アップグレードのサポート

一部のアルテラ・デバイスは専用のリモート・システム・アップグレード回路を備えています。 デバイスに実装されたソフト・ロジック(Nios® II エンベデッド・プロセッサまたはユーザ・ロジック)は、遠隔地から新しいコンフィギュレーション・イメージをダウンロードし、それをコンフィギュレーショ ン・メモリに格納し、さらに専用リモート・システム・アップグレード回路にリコンフィギュレーション・サイクルの開始を指示することができます。 この専用回路は、コンフィギュレーション・プロセス中およびプロセス後にエラー検出を実行し、安全なコンフィギュレーション・イメージに戻ることによって エラー状態から回復し、エラー・ステータス情報を提供します。 この専用リモート・システム・アップグレード回路は、システム・ダウンタイムを回避するのに役立ちます。詳しくは、コンフィギュレーション・ハンドブック のそれぞれのアルテラ・デバイスのコンフィギュレーションの章を参照してください。


各アルテラ FPGA ファミリでサポートされているコンフィギュレーション機能の概要については、表 1 を参照してください。

 

表 1. アルテラ FPGA でサポートされているコンフィギュレーション機能

デバイス 復元のサポート デザイン・セキュリティのサポート

リモート・システム・アップグレードのサポート

Stratix® V

Yes

Yes

Yes

Stratix IV Yes Yes Yes
Stratix III Yes Yes Yes
Stratix II and Stratix II GX Yes Yes Yes
Stratix and Stratix GX - - Yes
Arria® V SoC

Yes

Yes

Yes

Arria V

Yes

Yes

Yes

Arria II GX

Yes

Yes

Yes

Arria GX

Yes

-

Yes

Cyclone® V SoC

Yes

Yes

Yes

Cyclone V

Yes

Yes

Yes

Cyclone IV E

Yes

-

Yes

Cyclone IV GX

Yes

-

Yes

Cyclone III LS Yes Yes Yes
Cyclone III

Yes

-

Yes

Cyclone II Yes - -
Cyclone Yes - -