Basic モード

多くのアプリケーションにおいて、主流プロトコルにはない独自の機能を要求する場合があります。これらのアプリケーションに対応するために、アルテラのトランシーバにはBasic モードが用意されています。Basicモードでは、トランシーバ内の標準ビルディング・ブロックを個別にコンフィギュレーションして、ユーザーの要件を満たすことができます。また、機能が不要な場合はブロックをバイパスすることができます。

表 1 は Basic モードをサポートするアルテラのトランシーバ内蔵デバイスと、このモードで使用できるトランシーバのフィジカル・コーディング・サブレイヤ(PCS)ブロックを示しています。

表 1. 3G/6G Basic モードおよび PCB ブロック

トランシーバ機能 Stratix V GT, GX, & GS FPGA Stratix IV GT & GX FPGA Stratix II GX FPGA Arria® II GX および GZ FPGA Arria V GX および GT FPGA Cyclone® IV GX FPGA
データ・レート (Gbps) 0.6 - 8.5 0.6 - 8.5 (Stratix IV GT, Stratix IV GX) 0.6 - 6.375 0.6 - 6.375 0.6 to 10.375 0.6 - 3.125
リンクのチャネル
対応する基準クロック (MHz) 50.0 - 622.08 50.0 - 622.08 50.0 - 622.08 50.0 - 622.08 27 - 710 5.0 - 472.5
FPGA バス幅(ビット) 8, 10, 16, 20, 32, 40 8, 10, 16, 20, 32, 40 8, 10, 16, 20, 32, 40 8, 10, 16, 20 8, 10, 16, 20, 32, 40, 80 8, 10, 16, 20
8B/10B エンコード/デコード Check Check Check Check Check
専用同期ステート・マシン Check Check Check Check Check Check
ワード・アライン Check Check Check Check Check Check
レート・マッチ Check Check Check Check Check Check
バイトのシリアル化/デシリアル化 Check Check Check Check Check Check
位相補償 FIFO Check Check Check Check Check Check
ダイナミック・リコンフィギュレーション Check Check Check Check Check Check
バイト・オーダリング Check Check - Check Check Check
シングル・ビット・スリップ Check Check Check Check Check Check

表 2. 10G Basic モードおよび PCB ブロック

トランシーバ機能 Stratix V GT, GX, & GS FPGA Stratix IV GT FPGA
データ・レート (Gbps) 9.9 - 12.5 9.9 - 11.3
Basic Mode チャネル結合
対応する基準クロック (MHz) 50.0 - 622.08 50.0 - 622.08
FPGA バス幅(ビット) 32, 40, 64 40
ワード・アライン Check Check
位相補償 FIFO Check Check
ダイナミック・リコンフィギュレーション Check Check
64B/66B エンコード/デコード Check -
ギアボックス(リダクション/エクスパンション) Check -
ブロック同期 Check -
受信ビット・スリップ Check -
送信ビット・スリップ Check -

ツール

Basic モードはQuartus® Prime 開発ソフトウェア内のトランシーバ・コンフィギュレーション・オプションとして使用できます。Basic モードを選択すると、使用可能な各ブロックのコンフィギュレーション・オプションが表示されます。トランシーバのBasic モードをサポートするための資料が用意されています。これには一般的な特性評価レポート、ユーザ・ガイド、トランシーバのシミュレーション・モデル、業界標準 PCB のデザイン・キット、およびレイアウト・シミュレーション・ツールが含まれます。