SATA と SAS

SATA(シリアルATA)と SAS (シリアルアタッチドSCSI) は、主にホストシステムと大容量ストレージデバイス (ハードディスク・ドライブ、光ディスクドライブ、SSD など) との間のデータ転送 (直接または間接) の主要機能を持った、データストレージ・プロトコルの標準規格です。これらのシリアル・ストレージ・プロトコルには、従来のパラレル・ストレージ・プロトコル (ATAおよびSCSI) インターフェースに比べて次のような利点があります。

  • より高速なデータ転送
  • 動作中のデバイスの活線挿抜 (ホットスワップ) が可能
    • ホットスワップはオペレーティング・システムでサポートされている場合にのみ可能です
  • ケーブルが薄いため、より効率的な空冷が可能
  • 動作信頼性が向上


インテル® FPGA SATA と SAS

インテルは、トランシーバー内蔵の最新の FPGA をベースに、SATA および SAS ソリューションを開発しました。Stratix® V GX FPGA、Stratix® IV GX FPGA、Arria® V、Arria® II GX FPGA、Arria® II GZ FPGA、Cyclone® V 、Cyclone® IV GX FPGA は、SATA と SAS の電気的および信号要件をサポートしています(表 1参照)。インテル® FPGA を SATA および SAS IP (Intellctual Property) と組み合わせることにより、シングルチップ上でストレージ用のインターフェースを開発するためのソリューションが実現します。

表 1. インテル® FPGA SATA および SAS サポート

デバイス SATA SAS
SATA 1.0
(1.5 Gbps)
SATA 2.0
(3.0 Gbps)
SATA 3.0
(6.0 Gbps)
SAS 1.0
(3.0 Gbps)
SAS 2.0
(6.0 Gbps)
SAS 3.0
(12.0 Gbps)
Stratix® V Check Check Check Check Check Check
Stratix® IV Check Check Check Check Check -
Arria® V Check Check Check Check Check -
Arria® II GX Check Check Check Check Check -
Cyclone® V Check Check

 

Check

 

-
Cyclone® IV GX Check Check

 

Check

 

-

SATA と SAS IP

インテル® FPGA のソリューションにおける IP は、SATA および SAS I/O 接続に重要な役割を果たします。FPGA は基礎を提供しますが、IP によってSATA および SAS I/O が可能になります。インテル® FPGA パートナーは、ホストおよびデバイス・インターフェイス向けの SATA/SAS IP を開発しました。図 1に示すように、IPコアは、SATA および SAS インターフェイスのすべての基本コンポーネント、すなわちインテル® FPGA デバイスの内蔵トランシーバーに接続する物理層インターフェイス、リンク層、およびトランスポート層を備えています。

図 1. IP コア

マーケット・アプリケーション

インテル® FPGA SATAおよびSASソリューションは、高いスループットのストレージ・アプリケーションに最適です。インテル® FPGAとIPコアを組み合わせることにより、ホストシステムとストレージを接続するストレージ・ソリューションを構築するための強力な基盤を提供します。デバイスコアとホストコアを別々に使用することも(図 2参照)、連結して使用することもできます(ブリッジとして使用)。

図 2. インテル® FPGA と IP コアの使用