HiGig/HiGig+

Broadcom の HiGig および HiGig+ プロトコルは、エンハンスト XAUI 物理層を使用し、各パケットに 12バイト HiGig ヘッダーのタグを付加します。HiGig+ は、XAUI 物理層の範囲を3.75 Gbps まで拡張しています。これらのプロトコルの目的は、QoS(Quality of Service) やリンク・アグリゲーションなど、標準的な XAUI では利用できないスイッチング機能を追加することです。

以下に示すインテル® FPGA デバイスでは、HiGig および HiGig+ の要件に準拠します。

  • Arria®® 10 FPGA
  • Stratix® V GT FPGA (28.05 Gbps までサポートする最大 4 チャネル トランシーバ、および 12.5 Gbps までサポートする最大 32 チャネル トランシーバー)
  • Stratix® V GX FPGA (14.1 Gbps までサポートする最大 66 チャネル トランシーバー)
  • Stratix® V GS FPGA (14.1 Gbps までサポートする最大 48 チャネル トランシーバー)
  • Stratix® IV GX FPGA (8.5 Gbps までサポートする最大 32 チャネル トランシーバー、および 3.2 Gbps までサポートする最大 16 チャネル トランシーバー)
  • Stratix® IV GT FPGA (11.3 Gbps までサポートする最大 24 チャネル トランシーバー、および 6.375 Gbps までサポートする最大 24 チャネル トランシーバー)
  • Stratix® II GX FPGA (最大 6.375 Gbps レートで最大 20 チャネル)
  • Arria® II GX FPGA (最大 3.75 Gbps レートで最大 16 チャネル)

これらのデバイスを使用して、XAUI、HiGig、または HiGig+ に基づく任意のインターフェイスを実装できます。 

デバイス

ソリューション